ギフト・プレゼント

【赤ちゃんに健康と幸せを贈る】ベビーリングの人気ブランド15選

「ベビーリング」とは、赤ちゃんのために作られる指輪のこと。赤ちゃんの指に合わせたリングに誕生石や刻印などを組み合わせ「一生食べ物に困らないように」という願いを込めて贈られます。赤ちゃんが成長しても、リング自体は最高の宝物になるからとプレゼントとしても人気のあるジュエリー。ただ、どのようなリングが良いかという情報はあまり知られていません。今回は赤ちゃんの誕生の祝いに贈られるベビーリングの気になる選び方やおすすめのリングをご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ベビーリングの選び方とは?

image by iStockphoto

赤ちゃんのためのプレゼントとは言え、ご家族に気に入ってもらい成長後も大切にしたもらいたいですよね。
そのために考慮したい選び方は、素材で選ぶ・デザインで選ぶ・オリジナルにする、の3つでしょう。

素材で選ぶなら銀以上の貴金属、銀、金、プラチナなどがおすすめ。
一時でも赤ちゃんが身につけることを考え、アレルギー対策も考えると良いですよ。
デザインで選ぶ場合には、お母さんの好みや赤ちゃんの性別を参考にお選びください。
オリジナルのリングも喜ばれます。
名前や誕生日などを刻印して世界に一つのプレゼントを贈ってくださいね。

ベビーリングの予算相場

image by iStockphoto

ベビーリングは1,000円台から10万円以上と価格の幅が広いようです。
価格的にお手頃なものは多いですが、低価格になるとメッキやシルバーであることが多いため、贈り物の場合には1万円以上のリングを選ぶことをおススメします。
1万円〜2万円の価格帯ならば、シルバーだけでなく、10Kや18Kのものが増え選択肢も広がる傾向に。
2万円〜4万円ならば、使用する金属が幅広く、ものによってはプラチナも使用されています。
4万円以上になるとアレルギー対応ができる高品位の金属を使用しているケースが多いです。
金額が上がるとともに、素材の品質は相応に上がる場合が多いと言えるでしょう。

その1 予算2万円未満のベビーリング

image by iStockphoto

プラチナは多くないですが10Kや18Kが多い価格帯です。
比較的お手頃な価格のため、使用金属の高品位なものから、気に入ったデザインを選ぶと良いでしょう。
赤ちゃんの誕生石も選んであげてくださいね。

#1 家族をつなぐ証 アクセサリーショップ ジーラブの誕生石リング

指輪の内側にお子さんの誕生石をセットできるシークレットダイヤリング。
夫婦で着けられるようサイズの幅も広めに設定されています。
幅も3ミリと男性・女性ともに身に着けやすいデザイン。
お子様の大切な記念日におすすめのギフトです。
素材は医療用器具にも使用されているサ-ジカルステンレスを使用。
肌に優しく金属アレルギ-の方でも安心してお使い頂けますよ。

#2 上品なパール付き!絆を深める応援団のパールリング

可愛い赤ちゃんサイズの指輪の先に上品なパールをあしらったベビーリング。
止め具にはネームタグが付いており、お名前やイニシャル、誕生日を刻印してプレゼントすることができますよ。
真珠は6月の誕生石ですから、6月生まれの子にはぴったりですね。
大人の親指ほどの小さなリングを宝石箱のようなケースに入れて贈りましょう。

#3 細部までこだわったデザイン プレゼントジュエリー UNのK18リング

可愛い赤ちゃんのお守りがわりになりそうなアクセサリー。
素材はK18を使用し、細部までこだわったおしゃれなデザインとなっています。
小さなリングの先が人気のティファニー爪となっているのが可愛いですね。
シルバーチェーン付きのため、成長してからネックレスとして着用も可能。
お名前や生年月日を入れてオリジナルリングにしてくださいね。

#4 赤ちゃんの成長を願って! プレゼントジュエリー UNの銀のスプーンリング

リングに銀のスプーンが付いたベビーリングです。
ベビーリングは、ヨーロッパで出産祝いで銀のスプーンを贈る習慣に由来しています。
それをイメージしたモチーフが素敵。
ゆるやかなフォルムのスプーンの先端に誕生石をあしらっており、 縁起の良さそうな印象のあるギフトです。
ネックレスにできるシルバーチェーン付で、宝石箱がセットなのも嬉しいポイントですね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: