ギフト・プレゼント

小顔が叶うおしゃれアイテム、黒縁メガネ♡初心者さんにもおすすめのブランドランキング15選

男性・女性問わずすっかりおしゃれアイテムとして定着したメガネ。もともとは目が悪い方の必須アイテムではありましたが、最近はレンズに度が入っていない伊達メガネをファッションに合わせてかけて、こなれた雰囲気をプラスする人が増えていますよね。今回は、そんなメガネの中でも黒縁メガネにスポットを当てて、おすすめのメガネブランドをご紹介していきます!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

黒縁メガネは、誰にでも似合う万能アイテム!

image by iStockphoto

黒縁メガネというと、ちょっと個性的でおしゃれ上級者じゃないとかけこなせないんじゃないか…と心配な方、多いですよね。
実は、黒縁メガネは日本人の顔立ちに似合う、かける人を選ばない万能アイテムなんですよ。

黒の引き締め効果で顔を小さく見せられる

メイクなどによく使われているテクニック「目の錯覚」。
同じ大きさのものでも、色が濃くなっていくほどに目の錯覚で小さく、引き締まって見えますよね。
そんな目の錯覚は、もちろんこの黒縁メガネにも適用されます。
顔の中心である目元に黒いメガネフレームが来ることによって、顔が大きくて悩んでいる方の間延びしがちな印象を、キュッと引き締めて見せてくれるんですよ。

黒のインパクトでどんな顔立ちや顔色にもフィット

黒は、地球上にある色の中で一番の濃い色味。
そんなインパクトのある色ながらも、赤みや黄みなどに決して転ばない無彩色なので、肌の色がブルーベースであってもイエローベースであってもしっくりとハマるんです。
また、黒のカラーインパクトによって顔立ちの濃い人でもメガネのインパクトが負けず、顔立ちの薄い人は黒縁のインパクトでこなれた雰囲気に見せることが可能なんですよ。

素材によって雰囲気を変えることができる

一番ベーシックな黒縁メガネといえばプラスチックでできた「セルフレーム」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はべっこう、チタン、ガラスなど豊富な素材のメガネが発売されているんです。
ベーシックな色だけに多彩な素材で作られており、質感によって違った雰囲気に仕上げられるため、ファッションに合わせて選びがいがありますね。

黒縁メガネのおすすめフレーム型

image by iStockphoto

メガネにはさまざまな基本のフレーム型があります。
それぞれのフレーム型によって与える印象ががらっと変わるメガネ選びのポイントのひとつですが、黒縁の場合はフレームのインパクトが他のカラーよりも大きいので、より重要視すべきポイントになってくるんです。
そこで、黒縁メガネでの特におすすめのフレーム型をご紹介します。

おしゃれなウェリントン型

まずは、今一番の人気を誇っているトレンド感が満載のフレーム型である「ウェリントン型」。
ウェリントン型は上下の幅が広く、丸みを帯びた四角形のフレームのこと。
凛とした中にほのかに優しい印象もあり、大人の余裕を感じられるフレームですね。
大きめのフレーム型が多く、小顔効果も抜群!比較的どんな顔立ちにも似合いやすいフレーム型になっていますよ。

たれ目のようなボストン型

お次は、ボストン型。
ボストン型はウェリントン型よりもさらに丸みを帯びたフレーム型です。
やや下部が細くなっているため、若干逆三角形にも見えますが、その見た目から「たれ目のよう」と形容されることが多くあります。
クラシックな印象を与えつつも、ファッショナブルで都会的な印象を与える人気のフレーム型です。

知的なスクエア型

大人の男女にお似合いの、シャープでキリっとした印象を与えるスクエア型。
横に細長いフレーム型になっており、知的で頼りがいのある雰囲気に整えてくれるため、ビジネスシーンにぴったりですね。
黒縁にすることでモダンな印象もプラスされるので、真面目すぎたり無難な印象にはならず、おしゃれに決まりますよ。

自分に似合う黒縁メガネの選び方

image by iStockphoto

黒縁メガネは誰にでも似合いやすいメガネではありますが、その中でも、より自分にぴったりフィットするメガネを選びたいですよね。
そこで、誰でも簡単に分かる、自分に似合う黒縁メガネの上手な選び方をご紹介します。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: