ギフト・プレゼント

とっておきのギフトならこれ!女性に喜ばれるハイブランドアイテム15選+気をつけたいこと3選

誕生日や記念日、クリスマスなどのイベントに欠かせないのはプレゼント。特に彼女や奥様といった特別な関係の方への贈り物には特別なものを選びたいですよね。ここぞという時に選びたい「ハイブランド」のアイテムをプレゼントを選んでみるのはいかがでしょうか。高級感もあり、特別な贈り物にぴったりです。様々なブランドアイテムについて研究を重ねたDear編集部がお送りする素敵なアイテムをご紹介いたします。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ハイブランドをプレゼント!

image by iStockphoto

女性憧れのハイブランドアイテム。
一度は持ってみたいアイテムの一つですし、大人になったと実感できる方も多いのではないでしょうか。
街先でハイブランドのアイテムを持っている人を見ると、大人としての品格の高さや気品を感じることも。
世の中には数多くのブランドがありますが、その中でも選ばれたブランドに冠される「ハイブランド」という称号。
自分へのご褒美にするのもいいですが、特別な贈り物としてプレゼントされたらうれしいですよね。

「ハイブランド」の基準

いわゆるハイブランドと言われるものと普通のブランドの違いとは何でしょうか?まずは、ファッションブランドとして「伝統」や「歴史」があるということです。
長い間、時代を経ても愛され続けるもの。
もちろんブランドの高級感も守られ続けなければなりません。

次に、独創的なデザインも必要です。
ブランド独自のデザイン性や特徴はどんなブランドにもあるかもしれません。
しかしハイブランドの多くは変わらない特徴があるのにもかかわらず、飽きることなく長く愛されています。
もちろん自制とともにデザインに変化はあるかもしれませんが、根本となるコンセプトがぶれることはないのです。

ハイブランドが生まれるまで

ファッションブランドの起源はヨーロッパで生まれ、100年以上の歴史を持ちます。
当時は「オートクチュール」といった高級オーダーメイド服を作っているものを「ファッションブランド」と呼んでおり、庶民には手の届かない存在でした。
1960年代以降は大量生産が盛んになり、特定のサイズを生産する「プレタポルテ(高級既製服)」が主流に。
ある程度手が届くものにもなったため、ブランドの後押しになったのでしょう。
現在では不況のあおりでハイブランドにはなかなか手が出せないこともありますが、「憧れの存在」「特別なもの」といったポジションとなったといえます。

ハイブランドアイテムをプレゼントするときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

ハイブランドのアイテムを選ぶときに気をつけたいことをまとめました。
選ぶときの参考にしてください。

予算に合わせて

プレゼントを選ぶときには、まずは予算設定をしましょう。
自分が支払える金額にしておくというのはもちろんですが、無理のある予算設定は相手にも心配をかけてしまいます。
ハイブランドだけあって金額のことを気にしなければ青天井に上り続けてしまいますよ。
「自分の身の丈」という言葉は失礼かもしれませんが、高額になりすぎないように気をつけましょう。

また、シーンやプレゼントする相手のとの間柄も大切。
付き合ってすぐの彼女に気に入られたいからといっていきなりハイブランドのアイテムをプレゼントするのはナンセンスです。
喜んでくれるかもしれませんが、場合によっては相手もドン引きしてしまいますよ。

ショッパーを忘れずに

ハイブランドには専用のボックスや「ショッパー(袋)」が付いています。
専用の包装が施されている方が価値も高まるんです。
サプライズで渡したいので別の袋に入れるのもいいかもしれませんが、ショッパーに入っていた方がブランド力もアップします。
たかがパッケージと言わずに、アイテム以外の付属品も大切にしてください。

ブランド用の包装が施されているだけでも価値は高いですが、選ぶのはプレゼントです。
きちんとプレゼント用のラッピングも忘れないでくださいね。

好みに合わせたものを

高価なブランドなら何でもいい、高ければ喜んでくれるだろうなんて考えは良くありません。
プレゼントはあくまで品物であり、そこには美しさや品格などが込められています。
高い金額だけで良いなら現金で良いとは思いませんか。
使う物の価値を大切にし、デザインをおざなりにしない選び方をしてください。

もちろんブランドの「名前」だけでなく、相手が好きなカラーやフォルムなども考えて選びましょう。
使ってもらう物なのですから、普段のファッションに合わせやすいものやパーティーシーンなどに使いやすいアイテムを選んだほうが喜んでもらえますよ。

その1 上質な香りをまとって【1万円~5万円】の香水

image by iStockphoto

ハイブランドの香水は一味違います。
一流の調香師が生み出した至高の香りをお楽しみ下さい。

#1 禁断の香り「GIVENCHY 香水」

フランスのファッションブランドである「GIVENCHY(ジバンシィ)」。
お洋服やバッグなどのファッションアイテムはもちろん、コスメなどのビューティーアイテムなどもそろっていますよ。
こちらの香水はブランドの中でも珍しい香り。
フェミニンなフラワーな香りなのに、ダークな雰囲気を醸し出してくれる他にはないものです。
ホワイトフラワーとアンダーグラウンドアコードをブレンドしました。
トップやミドルのように香りの段階的な変化がないのも特徴的で珍しいです。

#2 シリーズのひとつ「シャネル チャンス」

ブランドに詳しくない方も良く知っているブランド「CHANEL(シャネル)」。
人気の香水シリーズの「チャンス」の3作目です。
フレッシュな「グリーンノート」をベースに「グレープフルーツ」「マルメロ」が薫ります。
「ヒヤシンス」をはじめとしたフローラルが香りから、ホワイトムスクの落ち着いた香りに着地するのです。
この香水はトップ・ミドル・ラストと段階的に変化する香りを楽しむアイテム。
女性らしい華やかな香りをお楽しみ下さい。

#3 モノグラムで有名なブランド「ルイヴィトン 香水」

「LOUISVUITTON(ルイヴィトン)」といえばモノグラムの模様の財布などが有名なハイブランドです。
そんなブランドの香水というのも珍しいですね「アポジェ」と呼ばれる香水は「スズラン」を主役にしています。
「ジャスミン」や「マグノリア」を加え、「バラ」と調和させた大自然を感じさせるようです。
安らぎを感じさせる香りは、日常を忘れてリラックスさせてくれるかのよう。
ほっとしたいときに特別な香水をまとってみてはいかがでしょうか。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: