ギフト・プレゼント

パーティーにもおすすめ!ハロウィンにぴったりのチョコレート15選+気をつけたいこと3選

「ハロウィン」という行事が日本でも楽しまれるようになって日も浅くなくなってきた昨今。「ハロウィン」イコール「トリックオアトリート」の連想から、お菓子のプレゼントをする機会も増えてきました。お菓子と一言で言っても様々なものがあります。迷ったときには大人から子どもまでおいしく召し上がれる「チョコレート」を選んでみませんか。チョコレートギフトに詳しいDear編集部が選んだ15点のチョコレートをお届けします!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

日本でも人気の「ハロウィン」

日本でも人気の「ハロウィン」

image by iStockphoto

9月の末頃から10月末日の当日にかけて、日本は「ハロウィン」カラー一色になります。
一昔前まではそこまで騒がれるものではありませんでしたが、今ではクリスマス並に行われる年中行事の一つになりつつありますよね。
大都会の交差点では仮装した大人たちが練り歩き、地方では「ハロウィンパーティー」や「肝試し」などの催しが行われたりすることも。
私たちの生活に根付きつつあるハロウィンについて、本来はどんなものなのかなどを中心に紐解いていきましょう。

そもそも「ハロウィン」って?

「ハロウィン」の元になっているのは「古代ケルト人」の「サウィン祭」と言われています。
秋の収穫のお祝いと悪霊を追い払うお祭りで、宗教的な意味合いの強い行事でした。

現代での「ハロウィン」はアメリカでのやり方が主流となりつつあります。
中心になるのは子どもたち。
魔女やフランケンシュタイン、ガイコツなどのおばけに仮装して、夜にはお菓子をもらいに近隣の家々を訪問するのです。
また、かぼちゃをくりぬいて作る「ジャック・オー・ランターン」を飾るのも定番ですよね。
これは日本でいうところの「鬼火」のような存在と言われています。

仮装は何のためにするのか?

「ハロウィンは日本のお盆の様なもの」という解釈もあるようです。
というのも、ハロウィンになると先祖の霊も帰ってくると言われているからなんですよ。
しかし同時に悪霊もやってきてしまいます。
悪霊たちは人間に悪運をもたらしたりいたずらをする存在。
その悪霊を退けるための行為が「仮装」なのです。
仮装のないようは怪物や怖いものが中心。
悪霊を怖がらせて追い出したり、悪霊と同化して悪霊のもたらす悪いことを遠ざける意味もあるそうです。

ハロウィンのお菓子の予算

「ハロウィン」のお菓子を用意するときの金額はシーンに合わせて設定するほうが良いでしょう。
アメリカのようにお子さまたちが練り歩いてお菓子を求めるのであれば、小分けのお菓子やたくさん用意できるよう大容量パックを購入したほうがお得です。
また、大人同士でパーティーとして楽しむ場合はきちんとしたプレゼントになるように良いものを選んでみてはいかがでしょうか。
ただしクリスマスやバレンタインなど特定の人に贈るような行事ではないので、そこまで高額なものにこだわる必要はないかもしれません。

「ハロウィンのチョコレートギフト」を選ぶときに気をつけたいこと

「ハロウィンのチョコレートギフト」を選ぶときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

「ハロウィン」でチョコレートのプレゼントを選ぶときに気をつけてほしいポイントをまとめてみました。
是非チェックして、選ぶときの参考にしてくださいね。

食品アレルギーに注意

「ハロウィン」では近所を練り歩く子どもたちにお菓子を配ったり、パーティーでお配り用のプチギフトを用意することも多いです。
食べ物をプレゼントする場合は食品アレルギーに注意したいところではありますが、不特定多数の人に配る可能性も高く相手の自己責任になる可能性も高いかもしれません。
チョコレートのお菓子に限ってしまえば、アレルギー物質も限られてくるのでプレゼントにもしやすいです。

リアルすぎる表現はほどほどに

「チョコレート」は変幻自在に表現ができる製菓素材の一つです。
人によっては「樹脂で造形をするような自由さがある」とか。
ホワイトチョコレートであれば食品用色素で自由な色にすることもできますし、手作りのチョコレートやアレンジでホラー感を増すこともできるでしょう。
しかしあまりにリアルな表現を追求してしまうと、怖くて食べづらくなってしまうことも考えられます。
小さなお子さまは怖くて泣いてしまうかもしれません。
何事もほどほどが大切ですね。

包装だけで選ばない

「ハロウィン」の季節は様々なアイテムがハロウィン仕様に変身します。
チョコレートのプレゼントなら何でもいいやと、中身も確認せず外装だけで選ぶのはナンセンスです。
せっかくなら中のチョコレートもかわいいものを選んだり、素材や原材料にこだわったものを選ぶようにしましょう。
大量のお配り用ならまだいいかもしれませんが、きちんとした贈り物にしたいときは中身の確認は必須。
プレミアムなプレゼントで相手を喜ばせてみてはいかがでしょうか。

その1 お配り用にぴったり!【500円以下】のチョコレート

その1 お配り用にぴったり!【500円以下】のチョコレート

image by iStockphoto

「トリックオアトリート」の言葉に対応するためのお菓子を選びましょう。
たくさんのお子さまたちに配れるような価格帯のチョコレートをご紹介します。
次のページを読む
1 2 3 4