ギフト・プレゼント

入園祝いのお返しはどうすればいい?知っておきたいマナー&おすすめアイテム15選

子どもにとって、幼稚園入園というのはひとつの成長の節目となり、社会生活に旅立つ大切な第一歩のタイミングでもありますね。そんな門出を祝って、実家や義父母、親戚から入園祝いをもらうことも多いのではないでしょうか?そんな時、入園祝いのお返しはどんな風にするのが良いのか、悩んでしまいますよね。そこで今回は、入園祝いのお返しのマナーや適切な価格帯、おすすめのアイテムについてご紹介していきます!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

入園祝いのお返しの基礎知識

入園祝いのお返しの基礎知識

image by iStockphoto

それではまず、入園祝いのお返しについての基礎知識をご紹介します。
入園祝いは、地域によって考え方は違うものの、祖父母や叔父・叔母から孫や甥・姪へと、身内でお祝いするのが普通。
一般的に友人間では不要とされています。
それでは、入園祝いについてお返しは必要なのか?どんなものを贈れば良いのか?など、さらに詳しく見ていきましょう。

入園祝いのお返しは必須?

入園祝いのお返しについてですが、正式なマナーとして基本的にはお返しをしなくても失礼にはあたりません。
入園祝いというものは、経済力のない子どもに向けて贈られるお祝いなので、それに対するお返しは不要という考え方に基づいています。
特に自分の両親や義父母については、可愛い孫のために贈ったもので、それに対してのお返しをされると逆に水臭いと思われることも多いようです。

身内の方から祝ってもらった場合、内祝いという意味合いで家に招いて食事などをご招待する、などで感謝の気持ちを伝えましょう。
とはいえ、家が遠かったり、諸事情で直接会うことが叶わない場合は、品物を贈って感謝の気持ちを伝えるのもOKです。
その際は、「本来ならばお招きしてお礼をしなければならないところ…」という一言を添えるのがおすすめですよ。

入園祝いのお返しを贈る際のタイミングは?

入園祝いのお返しを贈る、となった場合は、どのくらいのタイミングで贈るのがベストなのでしょうか?正解は、入園祝いをいただいてから「1か月後ぐらい」が一番良いタイミングになります。
良かれと思い、入園祝いをいただいたらにすぐにお返しをしたくなるものですが、お返しが早すぎると、贈り主に「贈ることでかえって気を遣わせてしまったかな」と気まずい思いをさせてしまうことがありますので注意してくださいね。

ただ、お返しをするにしても、しないにしても、入園祝いを受け取ったら、すぐに感謝の気持ちを伝えることは必須。
目安としては、受け取ってから3日以内にするようにしましょう。
一番良いのは、直接会ったり電話などで、子ども本人から「ありがとう」とお伝えすること。
さらに、親からお礼の手紙を書くと丁寧ですね。
最近ではメールやメッセージアプリで連絡をすることが多いかと思いますが、しょっちゅう連絡を取っている間柄であれば、そちらで連絡をすることも問題はありません。

入園祝いのお返しの相場金額はどのくらい?

入園祝いのお返しをする際、どのくらいを予算として考えると良いでしょうか?まず、入園祝いの金額の相場としては、祖父母からの場合は「10,000円〜20,000円」、祖父母以外の親戚からは「5,000円〜10,000円」というのが一般的。
お返しについては、大体、いただいた金額の1/2~1/3を目安にすると間違いがないと言われています。

ただ、初孫などで大切にされている場合は、10万円以上の高額な入学祝いをもらうこともありますよね。
そんな時には、あまり高額なお返しをしてしまってもかえって恐縮させてしまうので、大体1/3程度の価格帯のお返しで問題ありません。
品物に決まりはないため、相手の気持ちの負担にならず、感謝の気持ちが伝わるものを選びましょう。
好みが分からない場合は、保存の効く食品やお菓子など、いわゆる「消え物」が無難ですよ。

入園祝いのお返しを贈る際の注意事項は?

入園祝いのお返しを贈る際、気を付けるべきマナーはあるのでしょうか?基本的に品物については、相手が喜ぶものであればNGなものはありません。
贈る際のマナーとしては、きちんとのしをつけるようにしましょう。
水引は、「蝶結び」や、関西では「あわび結び」を選びます。
幼稚園入園に限らず小学校入学祝いや進学など、何度あっても良いおめでたいことについては、ほどくことができる「蝶結び」を選ぶのが良いですよ。

表書きについては、上の段の右側に小さく「入学」、真ん中には大きく「内祝」と書きましょう。
続けて書いても問題ないのですが、4文字というのを嫌う方もいらっしゃるので、改行する方がベターです。
下の段は子どもの名前を書きます。
この際、贈られた側である子どもに対して、贈る相手は目上に当たるため、子どもの名前はフルネームである必要はありません。
下の名前だけを書けば大丈夫ですよ。
また、こちらは必須ではありませんが、「おかげさまで無事入園しました」というひとことを添えて、入園式の写真を付けたりするのもGOOD!贈って良かったな、とさらに喜んでもらえるはずですよ。

その1【予算1,000~5,000円】親戚への入園祝いのお返しにおすすめ!TOP10

その1【予算1,000~5,000円】親戚への入園祝いのお返しにおすすめ!TOP10

image by iStockphoto

まずは、親戚や、仲の良い友達から貰った場合の気軽な入園祝いのお返しを探している方におすすめのアイテムをランキング形式でご紹介します。
リーズナブルな価格帯な分、どんなものを選んだら良いか悩んでしまうものですが、見た目がおしゃれなものや、相手に楽しんでもらえることを念頭にチョイスすればOK!高見えするおしゃれな内祝いを選んでみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

第10位:お祝い事にぴったり!バウムクーヘン

治一郎のバウムクーヘン お歳暮 ギフト (高さ約8cm)

photo license by Amazon.co.jp

幼稚園入園というお祝い事のお返しとしてぴったりなのが、バウムクーヘンのプレゼント。
結婚式のお返しとしてもよく贈られる品物ですよね。
その理由は、バームクーヘンが「長寿」や「繁栄」といった縁起のいいことをイメージさせるお菓子だからだといわれています。
焼いては何度も記事を重ねてだんだん大きくなっていく、という工程が、これから成長するという意味や、幸せを重ねるという意味を持っているんですね。
見た目にも豪華で、比較的軽いため、直接手持ちで贈る際にも便利です。

こちらは、静岡県浜松市の会社、治一郎が作っている人気のバウムクーヘン。
治一郎は、創業の2002年当時にバウムクーヘン=ぱさぱさしている、というイメージを払拭すべく、年月を費やしてしっとりと口どけのよいバウムクーヘンを作ることに力を注いだメーカーです。
卵黄とバターを贅沢に使った濃厚でありながらも上品な甘さは、一口食べたらクセになりそう!しつこくない優しい甘さで、お子様や女性はもちろん、男性にもウケの良いギフトですよ。
IMAGE

治一郎のバウムクーヘン お歳暮 ギフト (高さ約8cm)

Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-02-02Amazonで詳しく見る
次のページを読む
1 2 3 4
Share: