LINE両想い告白恋の悩み恋愛片思い結婚

【職場の彼を好きになり…】片思いが成就した女性に聞く!出会いや告白のアドバイス

きっと誰しもが経験する「片思い」。悲しい想い出で終わる人もいれば、片思いを成就させた人もいます!この記事では、片思いからカップルになれた女性にインタビューし、恋愛遍歴から出会い・アプローチ、告白までを聞きました。最後には、片思いに悩む女性へのアドバイスも。あなたの恋の役に立つかも。最後まで読んでくださいね。インタビュアー/DEAR編集部 インタビュー/ami(既婚・女性)

この片思いエピソードはいつの話?また、その頃の恋愛経験は?

成就した片思いの想い出、ということで、このエピソードがいつの話か教えてください。また読者も「恋愛経験のあるひとなのか、無いひとなのか」で参考にする部分が代わってくると思いますので、恋愛経験などもご回答お願いします。
私は、すぐに人を好きになるタイプでした。
ですが、告白をする勇気もなく実際には喋ることすら難しいぐらい・・。
ネイリストをしていました。仕事後は練習で、なかなか遊ぶ時間もありませんでした。

片思いの相手との出会いや、アプローチ

片思いの相手とはどのような出会いで、どのようにアプローチしていきましたか?
彼とは、同じ会社で出会いました。
私の働いているサロンは、ネイルだけでなく美容室も経営しています。
同じお店で、美容師として働いている彼を好きになりました。
きっかけは、私は閉店後にネイルの練習をしているときに声をかけてくれたことです。
彼もカットの練習をしていたようで「お疲れ様」と・・。
何度も同じような事があり、話していくうちにどんどん惹かれていきました。
笑顔がとても素敵で、面白い話をたくさんしてくれました。
勇気を出して「今度、帰りにご飯行きましょう」と誘いました。
「ここで話しているなら、ご飯食べながら・・」なんて理由をつけて。
そして連絡先を交換して、帰りにご飯を食べにいくことが週に2回程ありました。

片思い相手への告白や、その後の付き合い

告白はどちらからしましたか?どのように告白しましたか?付き合うことになったキッカケを教えてください。
ご飯を食べて、さよなら。という変わりのない日が続きました。
寂しいな・・と毎回思っていましたが、次の日もお店があるし誘うのは悪いと思っていました。
こちらから誘わず、「今度はもっとお話ししたいね」「ばいばいするとさみしいね」などLINEで送っていました。
ある日、さよならした後に彼からLINEが来ました。
「○曜日にご飯食べたら話したいことがある」と言われました。
私は、期待してもいいかも!と思ってしまいました。
そして、当日にご飯を食べた後に「付き合ってほしい」と言ってくれたのです。
駆け引きができたのかは、わかりませんがお互い両想いになっていたのでとても嬉しかったです。

この恋愛の結末。片思いから婚約は?

この恋愛はどのような付き合いになり、結局どうなりましたか?いま片思いに悩み、また想いを募らせる人にとっては現実的な話かもしれませんが…その後結ばれていく運命もあれば、または悲しい結末があったとしても、エピソードにしてくれているということは記憶に残る恋愛だったはず。ぜひ正直に答えてください。
彼と付き合い、そのまま結婚をしました。
お互い接客業で、お休みも一緒だったので時間をつくることができました。
そして全く同じ場所、というわけでもなかったのである程度距離を取ることもできました。
接客業なので、お客さんにやきもちを焼いてしまうこともあって喧嘩をしたこともあります。
ですが、同じ職種なので理解することもできました。
そして、今では2人の子供と一緒に幸せに暮らしています。

恋愛・片思いに悩む女性へのアドバイス

ぜひ片思い成就の経験から、いま片思いに悩む女性へのアドバイスをお願いします。
いい女だな!と思わせる3つのコツがあります。
1、仕事を理解してあげる
2、距離感を大切にする
3、休みの日はゆっくりと

同じ職種でなくても、理解してあげようとすればできますよね。
仕事で忙しい、女の子を接する時が多くても我慢しましょう。
我慢している!と見せるよりは、余裕を持っている方が男の人はかえってきてくれるのではないでしょうか。
そして、距離感は大切です。いつも一緒、いつでも連絡を!というのは大人の男性からしたら負担になります。
休みの日は、一緒に出掛けたいのはわかりますが毎回お出かけでは疲れてしまいます。
たまには、ゆっくり過ごして一緒にいても疲れないのを感じさせてあげることが大切だと思います!
ありがとうございました。

片思いをがんばろう!

インタビューでは片思いから告白・付き合いまでのお話と、その後の結末、アドバイスまでをいただきました。ぜひあなたの恋の参考になれば幸いです。
Share: