恋愛片思い

大好きな人と両思いになれる可能性がある告白の仕方

恋愛と言えば様々な形がありますが、恋が実れば良いのですが、恋が実る前の片思い状態はドキドキして、相手の顔を見るだけでも胸が痛くなるほど、相手の事が好きでたまりませんよね。しかし、それで終わらせないで、せっかくならその恋が叶えば良いですよね。今回はそんな大好きな人と両思いになる方法を伝授したいと思います。

恋とは

image by iStockphoto

まず、当たり前の事ですが、恋についてきちんと知っておかなければいけません。
そして、本当に自分が相手の事が好きなのかを確かめる為にも、しっかりと恋愛に関しての知識を入れておかなければ、本当は好きではなく、ただ憧れていたなんていうケースも中には存在する為、もう一度確認する事が必要だと思います。

一緒にいると、胸が締め付けられる程痛くて、相手の事ばかり考えてしまう、というケース。
相手の事ばかり考えてほかのモノに集中する事が出来ないというケース、一緒にいるとただただ落ち着くというケース。
実はどれも「恋」と同じという事になります。
一人一人恋愛に対して感じるものが違います。
ただ一緒にいるのが好きだと認識する人もいれば、価値観が合うから好きという人もいます。
どれも同じ恋です。

相手に恋人がいるかを確認

image by iStockphoto

相手の事が好きだからこそ、相手の事をよく知りたいと言うのは当然ではありますが、相手の事を好きになってしまった場合、相手と恋人同士になりたいと言う場合はまず相手に恋人がいるのかを確認をしなければいけません。
確認方法はとても多くありますが、直接言える人と、第三者に頼って代理で聞いてもらうなんていうケースもあります。
万が一、相手に恋人がいると知った場合は諦めるのか、それとも相手の事を好きなのは負けないとライバル意識を持って、勝負を挑むのか決めます。

恋人がいる相手を好きになってしまったとしてもそれは全くおかしい事ではありません。
好きになってしまったのですから、仕方がありません。
しかし、相手がどう思っているのかも確認しなければいけないので、大変です。

告白の手段を確認しよう

#1 手紙を出す方法

image by iStockphoto

告白の仕方は沢山ありますが、最も多くの人が好んでいる手段としては手紙を出す方法です。
相手と直接話すのが恥ずかしかったり、直接話して気まずくなってしまったり、フラれてしまうのが怖いという人には手紙を出す方法をオススメします。
その場合、どこに出すのかが問題になります。
学生ならば学校の下駄箱に入れて置くという方法もありますが、社会人だったり、相手が学生ではない場合、下駄箱に入れるわけにはいきません。

相手の住所を知っていれば、わざわざ相手の郵便受けに入れたり、相手に直接渡さなくても、手紙を送る事が可能となっている為、手紙を出すという方法は良い手段です。

#2 電話で伝える方法

image by iStockphoto

手紙を書くのが面倒だと人や、自分の字を見られてしまうのが恥ずかしいという人には手紙ではなく、電話で伝えるという方法があります。
そういう場合には相手の電話番号を知らなければいけません。
近年ですと、LINEやSkypeと言った連絡手段も数多くある為、まずは相手の連絡先を入手しなければ何も始まらないので、自分で直接相手に聞くか、代理で誰かに相手の連絡先を聞いてもらうかして、大好きな相手の連絡先をゲットしなければいけません。

電話の場合、実際の声と違って聞こえている為、少し恥ずかしいという思いだったり、相手の声を聴くため、恥ずかしくてなかなか話かけずらかったり、会話がストップしてしまうなんてアクシデントもありますが、それ以上に大好きな相手の声を聴けるというだけでとても嬉しいことです。

#3 直接相手と話す方法

image by iStockphoto

手紙でもなく、電話でもなく、堂々と相手の顔を見て直接告白をすると言う人も実は多くいます。
直接相手の反応を知りたかったり、自分の思いがハッキリと大好きな相手に伝える事が出来る為、直接相手と話したいという人が多くいますが、その為には相手の時間と自分の時間を確保しなければ始まりません。
学生だったら、休憩時間や放課後に告白をする事もできますが、社会人の場合、休憩時間だったり休みの日に告白をするという人が多いかと思われます。

しっかりと自分の気持ちを伝えなければいけない為、恥ずかしくてひとりでは行けなくて、友人と一緒に相手と告白するなんてケースも近年話題になっています。
どんな方法でも、相手と直接話せる事はとても嬉しい事で、ほかの選択肢より一番緊張してしまう可能性が高いです。

#4 第三者に言ってもらう方法

image by iStockphoto

手紙も電話も直接相手と話す事が出来ないという人は第三者に代理で言ってもらうという方法があります。
この方法はあまりオススメは出来ません。
理由は「嬉しさが半減する」可能性がある為、直接本人に言ってもらった方がやはり告白される側としては気持ちが真っ直ぐに伝わり、嬉しいという気持ちを素直に全面的に出せると言う理由と、第三者に代理に言ってもらうという行為は相手にとっては疑心暗鬼になってしまう可能性が高く、本当に自分の事を好きになってくれているのか、冗談でからかっているのではないのかという疑問を持たれる可能性が高い為、オススメは出来ません。

しかし、第三者に言ってもらう方法は決していけない行為ではありません。
成功確率がちゃんとある為、不安に思わずに、恥ずかしい人は第三者に頼ってみる事も良い事なのです。
次のページを読む
1 2
Share: