恋の悩み恋愛

人見知りをする人の特徴と、オフ会での人見知り克服方法

人と接することが苦手と感じている人の中には、人見知りと感じている人も多いでしょう。学生の頃は、人見知りでも友達を通してなんとか乗り越えることが出来ますが、社会人となればそうはいきません。そのため、「人見知りを克服したい」と思っている人も多いのではないでしょうか。では、人見知りをする人にはどんな特徴があるのか、オフ会での人見知り克服法についてご紹介しましょう。

人見知りをする人の特徴とは

image by iStockphoto

人見知りで悩んでいる人は、「小さい頃から、人見知りだった」と言う人も多いでしょう。
小さい頃からとなれば、「直すことは出来ない」と諦めている人が多いのではないでしょうか。

しかし、人見知りの特徴を知れば、努力次第で克服することが出来ます。
では、人見知りの人にはどういった特徴があるのか、ご紹介しましょう。

初対面の人が苦手

image by iStockphoto

人見知りをする多くの人は、初対面の人が苦手と感じています。
初対面となると、「何を話したら良いのだろう?」「どう接したら良いのだろう?」と考えてしまい、何も出来なくなってしまいます。
「この場を、どうにかしなければ」と思えば思う程、焦ってしまう人が多いのではないでしょうか。

誰だって初対面の人と接するのは緊張するものです。
「自分だけが、ちゃんと対応出来ない」「自分だけが緊張してしまう」と思うのはやめましょう。
上手に対応出来る人でも、初対面となれば誰だって緊張するものですし、構えてしまいます。

初対面の人が苦手というのは、まずは「初対面だから」という思いを捨てるようにしましょう。
初対面ということにこだわらなければ、それほど緊張もしないはずですし、堅苦しく考える必要がなくなるはずです。

コミュニケーションスキルが低い

image by iStockphoto

人見知りと感じている人の中には、「自分は、コミュニケーションスキルが低い」と感じている人が多いのではないでしょうか。

仕事をしていると、様々な人と接することになります。
社会に出れば、様々なタイプの人がいますから、臨機応変な対応が必要です。
しかし、コミュニケーションスキルが低ければ、うまく対応することが出来ないため、どんどん人と接することを避けようとしてしまいます。
そうなれば、人と接する機会がどんどん減ることになり、更にコミュニケーションスキルは下がってしまいますし、スキルを上げることは出来なくなるでしょう。

コミュニケーションスキルを上げるためには、積極的に人と関わること。
失敗しても良いですから、積極的に人と接する場を設けましょう。

性格が暗い

image by iStockphoto

人見知りの人の多くは、一人でいることが多いため、性格が暗め。
周りから見ても、「暗そう」という印象を持たれてしまいますし、自分自身も「どうせ、自分は暗い性格だから」と感じているでしょう。

性格が暗くなってしまうのは、人と接することを避けているから。
自分に自信がなく、誰とも接しなくなってしまえば、楽しいと感じることも少ないですし、誰かを喜ばせよう、楽しませようという気持ちも沸きません。
笑顔もなくなってしまうでしょう。

笑顔が多く、明るい人の周りには人が自然と人が寄ってきます。
「人見知りを直したい」と思うのであれば、まずは笑顔を心がけ、人と楽しく接することが出来るように努力しましょう。
自分に自信を持ち、人と接していくことも忘れてはいけません。

他人に警戒心を感じている

image by iStockphoto

人見知りをする人の中には、過去の経験やトラウマから、他人に対して警戒心を感じている人もいます。
警戒心があるため、人に心を開くことが出来ず、結果人見知りを起こしてしまうでしょう。

確かに、他人は何を考えているのか分かりませんし、騙されることもあるでしょうから、「怖い」と感じることはあります。
しかし、だからといってこのまま心を開かなければ、誰とも仲良くなることが出来ません。

「人見知りを直したい」と思うのであれば、過剰な警戒心はなくすこと。
相手を信じ、心を開くことも必要です。

自己主張が苦手

image by iStockphoto

社会人になると、自分の意見を言わなければいけないこともあります。
そんな時、あなたはちゃんと意見を伝えられているでしょうか。

人見知りという人の中には、「自己主張が出来ない」と言う人が少なくありません。
自己主張をすることで、「相手にどう思われるだろう?」「場の雰囲気を壊すのでは?」と心配になってしまう人もいるでしょう。

しかし、社会に出て仕事をするためには、自己主張が必要な時もあります。
人前に出ると、緊張する、人の心理をついつい読んでしまうという人もいますが、自己主張出来なければ自分だけが我慢する状況を作りだしてしまうことになりますから、時にはしっかりと事故主張をすることも必要です。

常にマイナス思考

image by iStockphoto

人見知りをする人の中には、マイナス思考の人が多くいます。
何に対しても、悪い方向へと考えてしまうため、人付き合いに関しても良い方向い考えることが出来ません。

「この人と仲良くなりたい」と思っても、「でも、自分が声を書けたら迷惑では?」「相手は、自分のことが嫌いかもしれない」と考え、どんどん消極的になってしまいます。
これでは、友人すら作ることが出来なくなるでしょう。

人見知りと感じている人は、まずはこのマイナス思考を変えていくことが必要。
「嫌われても良い」「失敗しても良い」と考え、勇気を持って人と接する様になれば、周りの環境も大きく変わってくるはずです。
次のページを読む
1 2 3
Share: