モテたい恋愛

私がモテないのはなぜ?その理由と改善法10選

自分がモテないのは、努力と工夫をしていないからですね。どうせモテないからと何も対策しないのではそのまま。異性から見て、ドキドキする何かが足りないんです。でも、元々顔に自信がないとか、スタイルに自信がないという理由でやっても仕方がないと思う人も多いもの。 なら、どうやったら私がモテるようになるのか、10コの方法をご紹介しましょう。

1 人生なんてどうでもいい気持ちがあるから

image by iStockphoto

人生なんてどうでもいいという気持ちが顔に出てしまっているからです。
どこか面白いことがないと、人は顔にそんな気持ちが出てしまう。
モテる女は上手くコントロール出来るのですが、モテない女はそれが上手く出来ません。
「どうせ頑張ったって良い事なんてないし」だの「どうせモテないし」という気持ちがみえみえ。
そんな女にモテるイケイケの男が声を掛け、人生を一緒に楽しくやっていこうとは思いませんね。

モテないから何もしなくてもいいとか、モテても面倒だしなんて思っていれば、そんな気持ちが男性に伝わってしまいます。
私がモテないのは、夢も希望も持てないのも原因。
モテたいのなら、何か夢を持つべき。
何でもいいのです。
資格でもいいですし、10kg痩せたいなどでもいいんですよ。
何かを目標としていれば、顔がイキイキ。
「みんなが驚くほどのイケメンの男を見つけたい」と思っていれば、自然と自分の顔も明るくなりますし、前向きな行動になります。
これが、モテる女になる秘訣。

2 ダサいから

ダサい女はモテないですね。
眼鏡もファッションも一昔前のようなデザインでは、男が声を掛けてみたいとは思いません。
田舎から今出てきましたというような服を着ていたら、素敵なデートって出来るかな?と思っちゃいますよね。
三つ編みやストレートヘアもいいですが、なんだか個性がないんです。
これもモテない原因。
どこか無難で真面目な感じがいいんですが、面白みがない。
なんかガードしちゃっているというか、垢抜けた男が近づけないオーラがあるんです。

それで無表情で立っていたら、男はまず寄らないですね。
お堅いイメージがあるところがもうアウト。
モテたいのなら、毛先を遊びましょう。
カールを巻いたり、リボンなんて付けてもいいですね。
ファッションは白のタイトスカートにピンクのブラウスなんて着れば、男が声を掛けたくなります。
白のキャミソールに赤のフリルスカートをコーデしても可愛い。
歩いている男が振り向くようなキュートなデザインの服を着ることがモテる秘訣なのです。

3 前髪が微妙

image by iStockphoto

女性の前髪って、形によってかなりイメージが変わりますね。
この前髪、男が意外とチェックしている部分なんです。
カールを巻いたロングヘアーの女がいて、「うわ、いいな」と思って声を掛けたら、振り向いた女の前髪が見事なパッツンヘアーだったらどう思うでしょうか?「付き合いたい」と多くの男が思うものでしょうか。
残念ながら、ごく一握りの男しか思わないのです。
その前髪がなく、おでこがむき出しになっている女もちょっとドキドキしないですね。

できれば前髪を横に色っぽく流しているとか、眉毛の少し下あたりの長さで、毛先を遊んでいる感じの前髪なら、女性らしくて男はドキドキ。
「付き合いたいな」と思うのです。
風に靡いた感じのナチュラルさのある前髪もドキドキさせますね。
その前髪を男の前でサラッとかき上げたなら、もう男のハートを掴みます。
ちょっとしたことで男心をくすぐれる女はモテるのです。

4 ベラベラと喋る

ベラベラと喋る女はモテません。
どうも女というものは、すぐに思ったことを口にしてしまうところがあります。
これって、女同士ならハッキリしていて人気がでますが、異性から見ると「うわ、煩せえな」と感じるのです。
もう少し控えてもらいたいのに、興奮すると機関銃のようにベラベラ喋ってしまう。
これも男が引いてしまうところ。

モテたいのなら、考えて喋りましょう。
おしとやかに、少しゆっくりと喋ることがポイント。
男の目を見ながら喋ることもポイントですね。
あちこちチラチラと見て喋るのではなく、きちんと前を向き、男性の目を見つめて喋れたなら、ドキドキさせますよ。
時折、ニコニコっと笑うのもモテるテクですね。
そしてまた男性の目を見つめたら、「ねえ、俺と付き合って」なんて言われるモテ女になれますよ。

5 軽そうに見えるから

image by iStockphoto

軽そうに見える女もモテませんね。
口がどうも軽そうで秘密にしておけないという女は、男性は遠慮したいなと思うところ。
付き合ったらお互いの秘密にしたいところを友達に話してしまいそう。
プライバシーを守ることが出来そうにないところが、どうも真剣に愛してあげたい、付き合いたいと思えないのです。
また、どんな男にも声を掛けられたらフラフラと着いて行ってしまいそうなタイプも駄目。
男性は、意外と真面目なところがあるから、付き合う女は軽いタイプは苦手。

モテたいのなら、こういった軽さのある部分を隠すことが大事。
見た目にも軽さが出てしまうので、なるべく派手過ぎないファッションやヘアスタイルにしないこと。
髪の色を赤や黄色なんてしないこと。
肩が大胆に開き過ぎた服を着るのも控えた方がいいですね。
ルージュの色が真っ赤、ネイルも真っ赤だなんて、付き合ってもすぐに他の男と遊びそうです。
なるべくピンク系、オレンジ系のワントーン控えた色を選びましょう。

6 自分のことしか考えられない

自分のことしか考えられない女はモテません。
団体行動をしなければならないというのに、自分だけが楽しいと思う行動ばかり見せてしまうのです。
集合時間は守らないし、行ってはいけない所に行っては帰ってこないなんて、ほんと自己中心。
みんなを心配させる女は、付き合っても心配させてしまうでしょう。
モテない女は、考えもやはり自己中心。
自分さえ良ければいいだろうと思うところが、行動にも表情にも表れてしまっているのです。

こんな女が素敵なはずもありませんね。
モテたいのなら、自己中心的な考えは控えましょう。
もっと大人になり、一歩下がった行動が出来るように努力するべきです。
「自分は後からでいいよ」という気持ちをもつようにすれば、そんなに自己中心な行動や言動をしなくなる。
こういった控えめな女はとてもモテます。
見た目が派手な女がこんな感じであれば、そのギャップが男を妙にドキドキさせ、モテるようになります。

7 中身がないから

image by iStockphoto

私がモテないのは、中身がないから。
話していても、どうも中身がないから、聞いている男性はつまらないのです。
「朝、おかゆを食べてきたの」だの「散歩が好きでよく歩いています」という話では、まったく聞いていても興味がもてません。
自分の好きなことばかりを淡々と話す女って、いくらお洒落であっても惚れませんね。
また、話がズレている女もモテません。
「俺、海好きでさ。
サーフィンやるんだ」と言っているというのに「ああ、海を泳ぐんですよね」と言ってしまう。
「パラグライダーをやるだ」と言えば「ああ、壁を上がるやつ」と何を話してもがっかり。

モテたいのなら、「私、料理が好きだから色々作って写真に撮り、ブログにアップして楽しんでいるんですよ」と男性が聞いてワクワクするような話し方をしましょう。
話が分からない場合には、「サーフィンってやってみたいんですよね。
今度教えてもらいたいなあ」とやはり男性がワクワクするように話してみるのがポイントです。
次のページを読む
1 2
Share: