恋愛

職場に気になる男性が!職場の恋愛、どのようにアプローチするのが効果的?

職場での恋愛ってとても気を使いますよね?交際中のカップルはもちろんのこと、交際に至るまでのアプローチがまず難しい、そんな声をよく聞きます。周囲の人たちに好意を気づかれたら気まずい、相手にとって自分の気持ちが迷惑だったらどうしよう、アプローチしてうまくいかなかったら仕事がやりづらくなるのでは…などなど悩みは尽きません。職場で一番人気のあった男性にアプローチしてうまくいった経験をもとに、職場での恋愛アプローチ方法をご紹介していきます!

まず手始めに、相手をよく見てリサーチすることから始めてみましょう

image by iStockphoto

職場に気になる男性がいる場合、どのようにアプローチしていきましょう?色々な方法が考えられますが、まず手始めに相手をよく見てリサーチすることから始めることをお勧めします。
相手は既婚?未婚?彼女はいるのか?などの基本的なことはもちろんのこと、どのような女性がタイプなのか、趣味は何か…などなどです。

リサーチする方法ですが、私は職場の飲み会などで周囲の人たちにさりげなく聞いていました。
でも、好きな男性のみに絞って聞くと周囲にバレバレですよね。
ここでポイントなのが、好きな男性だけでなくその周辺の同期男性など複数の人に関する質問にすることです。
「○○さん(好きな男性)って彼女いるんですかね?」ではなく、「○○さんたちの代の男性○人って皆さん彼女いたりするんですかね?」というように。

あとは共通の話題を見つけるために重要になってくるのが相手の趣味や好みを把握することです。

これは私の場合は人に聞くよりは相手を良く観察して把握しました。
観察というとちょっとストーカーのようですが(笑)、ストーカーにならない程度に相手のことを良く見てみましょう。
会社のデスクに置いてあるものや持ち物、昼休みのランチ後に何をしているか、などで相手の好みを把握することも可能ですよ。

リサーチが済んだら相手とのコンタクトをとってみましょう!

image by iStockphoto

ある程度のリサーチが済んだら相手と仕事以外のコンタクトを取ってみましょう。

なかなか勇気が要りますよね。
でも、思い切ってコンタクトを取らないことには何も始まりません。

まずは公の場(職場での飲み会など)でコンタクトを取ってみましょう。
ここでもあからさまに1対1で話そうとしたりせず、自然な形で近くに座り、複数の人を交えての会話から入ると警戒されませんし、周囲にも気付かれる心配がありません。

ここでリサーチ内容を活かしましょう。
相手の趣味、好みを把握したらそれに関する話題を事前に準備しておきます。
私の場合は相手がかなりの読書好きということが分かっていたので、読書に関する話題を振ったところかなり食いついてきてくれました。
もともと私も読書好きだったということもありますが、相手がデスクに置いていた本なども通りすがりにチェックしていたのでかなりピンポイントで相手の好みの話題になったようです。
後々彼に言われたのは「こんなにピンポイントでマニアックな話題に付いてきてくれる女性に初めて出会った」でした。
もちろん相手の趣味が自分の全く知らない分野というケースもあると思います。
そのような場合は無理して知ったかぶりはせず、興味があるので教えてもらえますか?といった話題の振り方でもいいですね。

気になる男性と個人的な連絡先を交換するには?不自然にならないようにする方法

image by iStockphoto

次のハードルは個人的な連絡先の交換をどうするか?です。
LINEの連絡先や携帯電話の番号をどのように交換するのか、なかなか迷うこともありますよね。

私の場合は、職場の少人数の飲み会があった際にうまく交換することができました。
気になる男性が「仕事で遅れそうだから先に始めててね。
お店の場所がわからなくて迷う可能性もあるからわからなかったら携帯に連絡させて」と運よく言ってもらえました。
そこで私はすかさず自分の携帯番号を渡し、「念のためLINEのIDも交換しておきましょうか?」と言って交換することができました。

そこでふと気付いたのですが、相手の連絡先を知りたいときにこの手は使えるかも!でした。
今回はたまたま気になる男性が、遅れるから連絡先教えてと言ってきましたが、自分が遅れそうだから連絡先教えておいてもらえますか?ということもできるな、と気付いたのです。
良かったらこの方法、使ってみてくださいね!ただし仕事がすごく暇なのに不自然に遅れたりすると怪しまれますが…(笑)。

職場の人たちに気付かれないようにうまく会話をするには?

image by iStockphoto

職場のほかの人たちに好意を気付かれずに気になる男性と会話をするのってなかなか気を使いますよね?私も、職場の人たちに気付かれないように、気になる男性とオフィス内でうまく会話をすることに頭を悩ませていました。
連絡先を交換したものの、頻繁にLINEをやり取りするほどの仲にはまだなれていない頃のことです。
時には職場で少し会話をしないと私の存在など忘れられてしまうのではと思い、仕事の邪魔にならない程度には相手と会話をするよう心がけていました。

そこで、周囲の人たちに気付かれないようにするために私が取った方法は、気になる男性と職場で話すときは手ぶらではなく書類を手にして落ち着いたトーンで話しかける、でした。
かなり多くの女性社員が彼のことを狙っていて、彼のデスクにはちょくちょくそういった女性社員が話しかけにきていました。
でもはたから見ていて彼女たちは手ぶらできゃっきゃっと笑いながら話しているので、仕事の話ではないのがバレバレ。
気にしすぎかもしれませんが、書類を手にして落ち着いたトーンで話しかけると、彼も周囲を気にしないでいいのか、とても感じ良く接してくれました。

ここからが難所!相手と職場の外で2人で会うにはどうしたらいい?

image by iStockphoto

さて、ここからが少し難所です。
気になる男性と職場の外で2人で会うにはどうしたらいいでしょう?これも、自分から誘うのはなかなか勇気がいりますよね。
でもあと一歩、踏み出してみましょう!連絡先の交換と一緒で、何かしらの理由づけがあると誘いやすいですよ。
心理学の本で読んだのですが、ただ単に「一緒に食事に行きましょう」と誘われるよりは、「気になるお店を見つけたので一緒に行ってもらえますか?」という方が人はYESと言いやすいそうです。
確かに、いきなり「映画見に行きましょう!」と言われるよりは、「チケットを2枚もらったので映画に行きませんか?」と言われる方がなんとなくOKしやすい気がしませんか?

私の場合ですが、気になる男性がかなりの万年筆マニアだったので(これも相手の持ち物を良く見ていて気付いたのですが)、自分も万年筆を買いたいのですが、詳しくないので教えてもらえますか?といったら喜んで色々と教えてくれました。
お薦めのお店なども教えてくれたので、そこで思い切って「一緒にお店に選びに行ってもらえますか?」と言ってみたところあっさりOKでした。
ただ、会社帰りにちょっとお店に寄った程度なので、まだまだ休日に会うほどの仲にはなれませんでした。

アプローチ中にうまくいかなくなってきたらどうする?

image by iStockphoto

さてさて、ここまでスムーズに進む話ばかりをしてきてしまいましたが、うまくいくケースばかりではありません。
アプローチの途中ではつまづくこともしばしばありますよね。
そんなときどうするか?についても考えてみたいと思います。
アプローチしていて、例えば2人で会いたいと言ったときに断られたとします。
そんな時、やはりへこみますよね。

実は私の場合も一度目の万年筆選びには一緒に行ってもらえたものの、その後2人での休日の食事に誘ったら断られてしまいました。
「ちょっとしばらく仕事が忙しいので難しいかも…」という返事でした。
これは完全に脈なし、とかなりへこみました。
でも、そこで私が取った態度はあっさり引き下がる、でした。
あまり残念がったりへこんだりしている様子を見せられると男性にとって重いかな?と思ったからです。
職場でも何事もなかったように今まで通り接していました。
するとしばらくたって、相手から休日の食事に誘ってくれたのです!あとから彼に聞いたのですが、あまりに私があっさりと引き下がったのでなんだか逆に気になるようになった、とのことでした。
うまくいかない時には引いてみるのも大事かな、と実感しました。

職場の男性と2人で会うようになってきたら気をつけることは?

image by iStockphoto

気になる職場の男性と2人で会えるようになったら、嬉しくて有頂天になりそうですよね。
でもここで注意しないといけないのが職場の周囲の人たちの目です。
付き合う前の微妙な段階ならなおさら、周囲の目が気になってきますよね。
このときに気をつけることですが、基本的なこととしてはデートするときに職場の人に会いやすい場所を避けましょう。
あと、以前私は歩いていてカフェのテラス席で社内カップル(周囲には秘密にしていた)を見かけてしまい、付き合っていることに気がついたことがありました。
職場にばれてもかまわない、という2人でなければ、あまりにも目立つ席などは避けた方が無難かもしれません。

そしてめでたく付き合えることになった場合、職場では相手との距離感を今までと急に変えたりしないことです。
特に女性は勘が鋭い人、多いですよね。
今まで相手とそこそこ会話をしていたのに、急に全く話さなくなったりすると、それはそれで気付かれてしまったり、怪しまれたりします。
あくまでも、今までと同じトーンで接してみましょう。
次のページを読む
1 2
Share: