LINE彼女のこと彼氏のこと恋の悩み恋心恋愛遠距離

遠距離恋愛中の人必見!意外と知らないLINEとメールの上手な使い方

最近ではスマホが普及しはじめ、恋人との連絡手段もメールからLINEへと変わってきましたね。ほとんどの人がLINEで連絡をとっている時代です。メールといえば企業相手などの業務連絡やネットの登録に使うくらいで、今を生きる人たちはあまりメールを活用しない人が多いように思えます。しかしLINEにはLINEの良さ、メールにはメールの良さがあるのです。その上手な使い分けを紹介します。

LINEのメリット・デメリット

image by iStockphoto

当たり前のように全国的にたくさんの人がLINEを使っていますよね。
やはりなんといってもチャットのようにリアルタイムで会話ができるとこいうところが大きなメリットとなります。
遠距離恋愛中、寂しくて声を聴きたいと思って電話をかけると、通話料がかなりかかってしまいますよね。
メールと違ってLINEはすぐそこにいるかのように会って話をしている感覚で会話が出来ます。
さらに読んだか読まないかの既読機能までついているという優れもの。
最近ではLINE電話というものも出来て、通信環境さえ整っていれば無料で通話も出来る。
テレビ電話も動画も送れる、昔なら考えられないほど遠距離恋愛中の人にはとても助かる機能が満載ですね。

そんな便利なLINEでもデメリットはあります。
スタンプや文字だけの世界なので、誤解を招くことがあります。
言葉の使い方で相手のとらえ方が違ったり、喧嘩の原因になることもあるので注意が必要です。
さらに既読機能ですが、既読がなかなかつかなかったり、既読がついたのに返事が来ない、いわゆる既読無視なんていうことも喧嘩の原因になります。
便利だからこそのデメリットがあるので、気を付けながら使いましょう。

メールのメリット・デメリット

image by iStockphoto

メール機能を使う人は減ってきていますね。
特に若者にはLINEのほうが定番になってきています。
LINEはとても使いやすいのですが、一人一人の管理が大変な上に保存機能がありません。
メールは保存・保護機能があるので、大事な文章や間違って削除しないために、保護しておくことができます。
遠距離恋愛中では誕生日や付き合った日などの記念日にLINEではなく、愛情を込めたメールを送ると相手も喜びますし、そのメールだけを保存して残しておけます。
LINEは日常会話なので保存向きではありません。

ただデメリットとしては、やはり読んだか読まないかがわからないということです。
さらにサイトからの業務メールなどが多い為、たまに送るメールはそこへ紛れてしまうと見てもらえない可能性があります。
メールで大事な内容を送ったときは、LINEを同時活用するとLINEとメールの機能の良さをフル活用できます。
ぜひ上手に使い分けてみてください。

返信しやすい内容にしましょう

image by iStockphoto

前にも述べたように、LINEは日常会話として使います。
なので相手が返事しやすいような内容にして送ることがポイントです。
会えない分相手の行動が気になったりしますよね。
「おはよう」の挨拶から「仕事終わった?」などリアルタイムな状況報告、「体調どう?」など体調を心配した健康チェック、「電話してもいい?」「今度いつ会える?」などの質問形式、夜には「会えなくて寂しい」なとど自分の今置かれている心境などを話すといいでしょう。
相手の仕事などの時間帯も配慮してLINEを送ることをお勧めします。
朝から重い内容のLINEを送られても困りますよね。
もし話したいことがあっても朝は軽く「夜話がしたい」と伝えるだけの内容を送り、時間の取れる夜などにたくさん話を聞いてもらうようにしましょう。

その点メールは時間帯を気にしなくてもいいですが、LINEと違って手紙を書く感覚で送り、返事が来ることには期待せず、一方通行でもいいという気持ちで送ったほうがいいでしょう。
返事をするにしても、その日のうちにすればいいだろうという感覚なので、いろいろが落ち着いたら返事をすると思っていた方がいいです。
すぐに返事が欲しいときはメールではなくLINEで連絡を取りましょう。

LINEのNGなやり取り

image by iStockphoto

LINEは読めば既読がつくということはみなさん承知ですよね。
LINEを送ればすぐに返事が来るというイメージがありますが、実際は仕事や何かの事情ですぐには返事が出来ない状況のときもあります。
ですが既読がつくがために返事が来ない、なんで見ているはずなのに返事が来ないの?と不安に思ってしまうことがあるのです。
逆にいつまでも未読のままだと、何かあったんじゃないか?と心配になってしまいます。

そんな風に思ってしまっても、相手を問い詰めるようなLINEを送るのはNG。
相手にも生活リズムがあるので、お互いの事情を考えて返事を待ちましょう。
もしかしたらマナーモードになっていて気付かなかっただけかも知れないし、見るだけ見たけど忙しいから後で返事しよう、と思っているのかもしれません。
長文もNGです。
LINEで長文だと何かあったのかな?と逆に心配されてしまうので、LINEでは短い文章を送るようにしましょう。

遠距離恋愛だからこそ使いこなそう

image by iStockphoto

遠距離恋愛だからこそ連絡の取れるLINEやメール、スマホそのものが必須アイテムとなりますね。
せっかくたくさんの機能がついているのだから、遠距離恋愛にとって便利なものを上手に使いましょう。
二人で共有が出来るカレンダーを作ってみたり、LINEとメールの良さを生かして、日常生活のことはLINEで、相談など長文になるようなものはメールで送るなど、機能を使い分けることによってもっと便利なものとなります。

遠距離恋愛では会うことにお金がかかってしまうので、会えない時間を共有するためにLINEで日常の連絡をまめに取り合い、少しでもお互いの気持ちの距離が縮むといいですよね。
そばにいる、近くにいると感じられるLINE、相談事も電話よりメールで長文を書いた方が読み直すことも出来るし相手にも伝わりやすい、そうゆうメリットを生かして、二人の仲が深くなるような付き合いをしていきたいですね。
Share:
yukachi777