ケンカ恋愛浮気

性格は?行動は?二股をかける女を徹底解説!13選

恋愛をしていると、パートナーとの間にケンカや浮気などの問題が起こることがありますよね。その中でも今回は「二股」に注目して、二股をかける女性の性格・行動・心理などを、女性目線で徹底解説していきたいと思います。現在恋人がいる方は、彼女が二股をかけるような女性かどうかチェックしてみてください。フリーの男性も、将来二股をかけられることがないように、参考にしてくださいね!

◆浮気とは違う?二股とは

「二股って浮気とは違うの?」と疑問に思われた方もいるかもしれませんね。
そこでまず始めに、二股の定義について考えてみたいと思います。
「二股」とは、同時に二人の異性と交際することを言います。
どちらか片方が本命ではなく、両方が本命です。
一方で「浮気」とは、本命の恋人がいるのにもかかわらず、別の異性と肉体関係を持ってしまうこと。
相手が既婚者であれば不倫と呼ばれます。
本命と遊びの線引きがしっかりしていて、恋人は一人だけです。

このように、男女間で「恋人は一人と考えていれば浮気」「恋人が二人と考えていれば二股」ということになります。
個人差はあると思いますが、浮気よりも二股をかけられていた方が、知った時のショックは大きいのではないでしょうか。
信頼していた恋人に裏切られるというのは本当に辛いもの。
できればそんな経験はしたくありませんね。

◆外見で判断するのは危険!二股をかける女性の外見とは

二股をかける女性と聞くと、派手なファッションや大胆に肌を露出した服装の女性をイメージされるかもしれませんね。
もちろん、そういうわかり易い女性もいますが、実際はそういう女性ばかりではありません。

私の知る限り、どこにでもいる普通の女性や、純粋でまじめそうな女性でも二股をかけていることがあるからです。
「えっ?あなたが二股?」と驚かされた経験があります。

みなさんも「僕の彼女は見た目が地味だから大丈夫!」「僕の彼女に限って二股なんて」と思って油断していませんか?人は見かけだけでは判断できません。
安心していると、痛い目にあってしまうかもしれませんよ!

◆二股をかける女性の性格とは

image by iStockphoto

ここからは、二股をかける女性の性格についてご紹介していきます。
みなさんは二股をかける女性はどんな性格だと思いますか?男好き?それとも、男性を魅了する魔性の女でしょうか?もしかしたら、みなさんの想像とは少し違うかもしれません。
それでは一緒に見ていきましょう!

#1 男性からモテたい願望が強い

「男性からモテたい」「男性からちやほやされたい」という願望の強い女性には、注意が必要です。
例えば、昔は地味で目立たない存在だったけれど、「大学デビュー」や「社会人デビュー」を果たした女性。

彼女達は「モテる女性」に憧れてきたので、「男性にちやほやされている自分」が嬉しくてたまりません。
そういう女性は、もっとモテたいという気持ちに歯止めがきかず、二股三股と複数の男性と交際してしまうことがあります。

#2 押しの強い男性に弱い

日常的に相手の意見に合わせてしまい、あまり自己主張しないタイプの女性。
良く言えば控え目でおしとやか、悪く言うと「NO」と言えないタイプの女性も、二股をかけてしまうことがあります。

それは、押しの強い男性が現れた時!「彼氏が居てもいいよ」「二番目でもいいから付き合って」と、強く迫られると断り切れない場合があります。
その結果、悪い事とわかっていても二股の状態になってしまいます。

みなさんの彼女は、店員さんに進められた商品を断れずに購入していませんか?思い当たることがあれば、注意が必要かもしれませんよ。

#3 日常生活がだらしない

image by iStockphoto

みなさんの周りには、待ち合わせ時間に度々遅刻してくるような「時間にルーズな女性」や、バッグの中身がごちゃごちゃしていて、「いつも探し物をしている女性」はいませんか?本質的な「だらしなさ」は、無意識のうちに行動に反映されてしまうもの。
日常生活がだらしない人は、恋愛にもルーズです。

過去の男性との付き合いがズルズルと続いていたり、浮気や二股などを繰り返してしまう傾向にあります。
片づけられない女性には、気を付けてくださいね!

#4 何に対しても飽きっぽい

「趣味や習い事などを始めても、いつも三日坊主で終わってしまう」「転職を繰り返し、一つの会社に長くいられない」このような飽きっぽい性格の女性は、一つのことにじっくり向き合うことが苦手です。

これは恋愛にも言えることで、誰かと交際してもすぐに飽きてしまい、一人の人と長く交際することができません。
みなさんも恋人との関係にマンネリを感じることもあると思いますが、彼女達はそのマンネリを感じるのが人より早いのです。
次のページを読む
1 2 3
Share:
2017haru