恋の悩み恋心恋愛片思い

好きな人に抱く嫉妬心、どうして嫉妬が生まれるの?

好きな人が出来ると、片思いだろうが交際していようが、相手が他の異性と接している姿を見ると嫉妬心が沸く人が多いのではないでしょうか。「嫉妬なんてしたくない」と思いながらも、嫉妬心が沸き上がってしまう人もいるでしょう。では、この嫉妬はどうして生まれてしまうのか、その理由をご紹介します。

好きだからこそ嫉妬する

image by iStockphoto

好きな人が出来たり、恋人が出来ると、恋人に対する嫉妬心が芽生える人が多いでしょう。
嫉妬するたびに、「どうして、いつもこんな思いを抱いてしまうのだろう?」と感じる人もいます。

嫉妬心は、相手に愛情があれば当然とも言える感情。
愛情があるからこそ、芽生える感情と言えるでしょう。
嫉妬というと、あまり良いイメージが沸かない人が多いと思いますが、感情自体は悪いものでもなければ、おかしな感情ではありません。

しかし、相手に迷惑をかけたり、嫌な思いをする様になれば要注意。
嫉妬が原因で振られたり、別れたりすることもありますから、言動には注意が必要です。

恋人に浮気をされ、嫉妬心を抱いた場合には、まだあなたに愛情があるという証拠でもありますから、その気持ちを素直に受け止めた上で、これから先どうするのか冷静に判断することが、後悔しない決断へと導いてくれるでしょう。

独占欲が沸くため

image by iStockphoto

好きな人への嫉妬心を感じるたびに、「どうにか、この嫉妬から解放されたい」と思う人も多いでしょう。
嫉妬心が沸くと、自分自身も辛い思いをすることになりますから、「なんとかして、この気持ちをなくしたい」と戸惑う人も多いのではないでしょうか。

そもそも、どうして嫉妬心が沸いてしまうかというと、それは好きな人を自分だけのものにしたい、独占したいという思いが強くなるため。
独占欲が沸けば、相手が他の異性と接しているのを見る度に、「どうして、他の異性と接するのだろう?」という思いが沸いてしまいます。

こういった思いを抱かないためには、交際している相手であっても、相手はあなたの所有物ではないということを理解することが必要。
当然、相手も友達や同僚、先輩などがいる訳ですから、あなた以外の人間関係があって当然と思うことが出来れば、やきもち程度の気持ちで抑えることが出来るようになるでしょう。

自分に自信がない

image by iStockphoto

嫉妬に悩んでいる人の中には、自分に自信がない故に、嫉妬してしまう人も少なくありません。
自分に自信がない人は、「好きな人が、他の人と交際してしまうのでは?」「他の人に、気持ちが動いてしまうのでは?」といった不安を抱え、嫉妬を抱くようになります。

片思いの場合には、相手の気持ちも行動も自由ですから、相手にとって大切な人が現れれば、その人と交際するのは当然のこと。
それが嫌だと思うのであれば、ウジウジと悩む前に告白し、自分の気持ちを伝えることが必要です。
恋人の場合には、「今交際しているのは自分だ」と考え、もっと自分に自信を持つことが必要となるでしょう。

相手がモテる場合、自分に自信がないと前に進むことは出来なくなってしまいます。
「今の状況から打破したい」と思うのであれば、その自信のなさを無くし、勇気を持って行動することが必要です。

取られるかも…という恐怖心

image by iStockphoto

嫉妬心を抱く人の中には、常に「誰かに取られるかもしれない」という恐怖心を感じている人もいます。
片思いの場合には、取られるというのはおかしな表現ではありますが、片思いでありながらも「自分が一番相手のことを思っている」という気持ちが強く、「取られる」という恐怖心を感じています。
恋人の場合には、交際しているにも関わらず、恐怖心を抱いている人も少なくありません。

こういった恐怖心は、あなたにとっても相手にとっても意味がないこと。
単なる想像でしかありませんから、その想像で苦しむのは無駄な時間と言えるでしょう。

特に、相手が持てる場合にはこういった恐怖心が消えない人が多いですから、これを受け止めることが出来ないのであれば、交際はただ辛いものとなってしまいます。

ライバルと自分を比較してしまうため

image by iStockphoto

好きな人がいる人の中には、「ライバルがいる」と言う人もいるでしょう。
同じように相手のことを思い、同じ様に「交際したい」という思いを持っているライバルがいれば、誰だって「負けたくない」と思うでしょう。

しかし、相手と自分を比べ「相手の方が、自分よりも勝っている」と感じた時に嫉妬する人もいます。
「あの人の方が、美人だから」「あいつの方が、イケメンだから」と思い、嫉妬心をむき出しにしてしまうでしょう。

好意を持っている相手にとっては、全く関係のないことですから、この嫉妬を相手にぶつけるのは避ける必要があります。

相手へのネガティブな思いを抱えている

image by iStockphoto

恋人がいる人の中にも、嫉妬心が消えない人がいます。
そんな人の中には、恋人へのネガティブな思いを抱えていることが、嫉妬の原因となっていることもあるでしょう。

例えば、恋人がモテる場合には「モテる人だから、いつか自分は捨てられてしまう」「どうせ、自分に本気ではないのだろう」と勝手にネガティブな思いを抱き、恋人に嫉妬してしまいます。
これでは、恋人にとってはいい迷惑。
勝手に抱いた思いで嫉妬されてしまってば、相手もどう対応したら良いのか戸惑ってしまうでしょう。

どんなに素敵な恋人でも、モテる恋人でも、恋人に対してネガティブな思いは持たないことが、交際を長続きさせるコツでもあります。

負けず嫌いの性格

image by iStockphoto

嫉妬する人の中には、負けず嫌いの性格ゆえに嫉妬心が芽生えてしまう人もいます。
例えば、好きな人が他の異性と楽しそうに話しているところを見ると、「自分と一緒にいる方が、楽しいはず」と思い嫉妬心が芽生えるでしょうし、恋人が素敵な異性と接している姿を見ると、「自分の方が、似合っている」と嫉妬心が沸いてくるでしょう。

嫉妬する人の中には、「相手を失いたくない」という思いが強いことで嫉妬する人もいますが、性格から嫉妬心が沸き上がってくる人もいます。
次のページを読む
1 2
Share: