かわいくなるダイエット恋愛

書くだけで痩せる?レコーディングダイエットのやり方と効果

レコーディングダイエットを成功させるためのコツ

image by iStockphoto

レコーディングダイエットを成功させるためには、今日の食事を書き出すのではなく、前日との変化をチェックすることがポイント。

ただ食事を書き出すだけでは、記録に残すことだけで終わってしまいます。
前日や先週の状況と比べていくことで、「一週間でこれだけ体重が減った」と気づくことも出来ますし、「この日は、食事量が多いから体重が増えたんだ」ということにも気づくことが出来るでしょう。

こういった気づきは、ダイエットの成功の鍵。
変化を知ることが出来れば、「こういった食事をすれば、痩せるんだ」ということも分かりますし、食べ過ぎた時にはどれだけ体重が増えることも知ることが出来るでしょう。

レコーディングダイエットの注意点

image by iStockphoto

「今まで、色々なダイエットに失敗してきたけれど、今度こそレコーディングダイエットでダイエットに成功してみせる」と意気込んでいる人もいるでしょう。
レコーディングダイエットであれば、辛い食事制限もしなくて良いですし、苦手な運動もせずに済みますから、「この方法であれば、ダイエットに成功出来る」と感じている人もたくさんいます。

しかし、レコーディングダイエットに成功するためには、注意も必要。
では、レコーディングダイエットの注意点をご紹介しましょう。

計測時間を決めること

image by iStockphoto

レコーディングダイエットに成功させるコツは、体重なども毎日チェックし、書きだすことですが、この体重チェックのタイミングは毎日同じであることが必要です。

体重の測定時間が毎日違ったり、状況が毎日違えば、正確な情報を残すことが出来ません。

例えば、朝測ると決めたのであれば、起きてすぐ体重計に乗ること。
夜測ると決めたのであれば、ベッドに入る前に体重計乗るなど測定を習慣づけましょう。

体重は食事前にチェック

image by iStockphoto

体重を測定する際には、測定タイミングを合わせることが大切ですが、更に環境も合せることが大切。

そのため、朝体重を測ると決めた人は、朝食前に体重計に乗りましょう。
食事を摂る前に測定することで、より正確な情報を得ることが出来るようになります。

体重を測る前にトイレに行こう

image by iStockphoto

体重を測る際には、トイレに行ってから測ることも忘れてはいけません。
体重は、その日の食事によっても大きく左右します。
お腹に残っている場合には、当然体重が多くなってしまい、体重にばらつきが出てしまうでしょう。

そうならないためには、体重を測る前にはトイレに行き、お腹を軽くしてから測ることがポイントです。

ダイエットに失敗し続けている人は、レコーディングダイエットにチャレンジ!

image by iStockphoto

「ダイエットをしても、辛くて途中で諦めてしまう」「様々なダイエットにチャレンジして、リバウンドしてしまった」と言う人は、ダイエットに自信を失っている人が多いでしょう。

そんな人も、レコーディングダイエットであれば無理をせずにダイエットを続けることが出来ます。
何よりも、レコーディングダイエットは食事制限も運動も必要ありませんから、苦しいと感じることはないでしょう。

レコーディングダイエットは、何よりも自分の普段の食事を書き出すことで、ダイエット意識を芽生えさせることが出来るダイエット方法。
そのため、今まで「食事制限なんて出来ない」と思っていた人も、「運動は辛いだけ」と思っていた人も、レコーディングダイエットをはじめたことで意識が変わり、「カロリーの低いメニューを選ぼう」「身体を動かそう」と行動が変わる人も少なくありません。
そうなれば、理想体重に落とすことが出来た人も、リバウンドを防ぐことが出来るでしょうし、体重維持がしやすくなるでしょう。
1 2
Share: