ギフト・プレゼント

【金婚式のプレゼント】両親に贈るおすすめの時計15選

両親が年をとり、自分も40代になると「あれ?お父さんたち結婚して何年だろう?」と考えますよね。50年という長い年月を連れ添ってきたご両親の金婚式は、家族みんなで盛大に、そして楽しく過ごしてみるのはいかがですか? 今回はそんなご両親の金婚式に贈るオススメの時計をご紹介しますので、是非参考になさってくださいね。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

金婚式って何?

image by iStockphoto

金婚式とは結婚してから50年目の結婚記念日のことです。
毎年お祝いしているご夫婦も多いとは思いますが、特に25年目の銀婚式や50年目の金婚式は特別ですよね。

結婚記念日は、「結婚式を挙げた日」と「婚姻届を提出した日」とご夫婦によってそれぞれ違うようですが、お二人が夫婦として添え遂げることを誓った日のことなので、どちらでも問題ありません。

金婚式の由来

image by iStockphoto

結婚記念日自体をお祝いする風習は、イギリスから日本へ明治時代の頃に伝わったと言われています。
イギリスでは結婚してから15年目までは毎年お祝いし、それ以降は5年ごとにお祝するという風習が古くからあり、日本でも近年それに倣ったお祝いをする夫婦も増えているようです。
しかし、広く浸透しているのはやはり「金婚式」と「銀婚式」ですよね。

金婚式の意味

image by iStockphoto

イギリスでは1年目の結婚記念日には「紙婚式」という名前がついています。
「紙婚式」は「白い紙のようにまっさらな夫婦の幸せを願う」という意味で、2年目は「綿婚式」、3年目は「革婚式」というように、それぞれの結婚記念日に名前と意味があります。
50年目の「金婚式」は「金色の輝きを得た豊かさ」という意味があります。

金婚式のお祝い

image by iStockphoto

金婚式は参加する機会が多くはないので、お祝いの方法もわからないですよね。

近年では家族みんなで集まって食事をしたり、旅行に行ったりして、子供や孫も一緒にお祝いをします。
ご両親が夫婦になってくれたからこそ、今のみなさんやみなさんのお子さんがいるという幸せを、みんなで分かち合うことができますよね。

金婚式のプレゼント

image by iStockphoto

金婚式という名前にちなんで、日本では名前を彫刻した金杯を贈るというのが古くからありますが、最近では「めおと箸」や「めおと茶碗」、「お酒」など夫婦にちなんだものや、ご両親が好きなものを贈ることが増えています。
また、「長い時を刻んできた」ということから時計をプレゼントに選ぶ方も多いようです。

また、金婚式のプレゼントに相場というのはないので、家族でよく相談して無理のない範囲でお祝いしましょう。

一日に何度も見る壁掛け時計

image by iStockphoto

朝起きた時、出かける前、一息つく時、寝る前、など一日に何度も見るのは壁にかけてある大きな時計ですよね。
時計は毎日、時を刻んできました。
そしてこれからも刻んでいきます。
夫婦の始まりは家族の始まり。
時計がチクタク進むたびに家族の歴史もまた進んでいくと考えるととてもロマンチックですね。

#1 家族の思い出の写真を飾る

文字盤の後ろに家族の思い出の写真を入れることができます。
ご両親の結婚式の写真や、還暦祝いの写真、家族写真など、何度見てもうれしくなるような写真を入れて、オリジナルの時計を作ってプレゼントするのはいかがですか?

フレームをメタリックゴールドにすれば、金婚式にぴったりの金の時計になりますよ。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: