かわいくなるモテたい女子力恋愛

モテたい女子必見!男性受けのいいメイクで、モテ女を目指そう!

「モテたい」と思っている女性の中には、「何をしたらモテるのか、分からない」と思っている人も多いでしょう。そんな人は、改めて自分のメイクを見直してみませんか。メイク方法は、意外と自己流の人が多いもの。この機会に、改めてメイク方法を学ぶというのは大切なことです。男性受けいいメイクであれば、男性に与える印象も変わり、モテ女になれるかもしれませんよ。

ナチュラルメイクが基本

image by iStockphoto

「モテたい」「彼氏が欲しい」と思っている女性が合コンなどに参加する際、メイクに力を入れる人が多いでしょう。
「少しでも綺麗に見せたい」「可愛らしさを演出したい」と、メイクに力が入る人が多いのではないでしょうか。
そのため、いつも以上にメイクが濃くなってしまう人が少なくありません。

しかし、男性受け良いメイクは、何よりもナチュラルメイク。
素肌に近いメイクの方が、男性にとっては可愛らしく映りますし、魅力的に感じる様。
そのため、男性受けを狙うのであれば、ナチュラルメイクを目指す必要があります。

ファンデーションをたっぷりつけて、肌を綺麗に見せるのではなく、いかに素肌に見せるかが重要。
アイメイクは、アイラインをさっとひき、そこにほんのりのアイシャドウを乗せるくらいで充分です。

合コンに参加する際には、つけまつ毛やカラーコンタクトなどは避けた方が良いでしょう。
つけまつ毛やカラーコンタクトは、ナチュラルメイクには不向きと考えた方が無難です。

透明感あるベビースキンを目指そう

image by iStockphoto

「ナチュラルメイクって、どうすれば良いのだろう?」と思う人も多いでしょう。
ナチュラルメイクは、あくまでもナチュラルに見せるテクニックであり、メイクをしない訳ではありません。

メイクの印象はファンデーションで変わってきます。
ナチュラルに仕上げるためには、透明感あるベビースキンを作ること。
肌を綺麗に見せようとすると、「ニキビを隠したい」「シミを隠そう」と考え、ついついファンデーションを厚塗りしたくなりますが、ファンデーションはうす付が基本。
他のメイクをどれだけ薄くしても、ファンデーションをたっぷりと付ければ、ナチュラルメイクにはなりませんから注意が必要。

リキッドファンデーションであれば、薄付きでもカバーし、ツヤ感を出してくれるでしょう。

ベビースキンの作り方

image by iStockphoto

ベビースキンを作りたいと思っても、「どうすれば、ツヤ感ある赤ちゃん肌になるのだろう?」と思っている女性も多いでしょう。
中には、ベビースキンを目指そうとして、厚塗りになってしまう人もいるため、注意が必要。

ベビースキンを作るためには、まずはファンデーション選びが重要。
ツヤ感のある、薄付きのリキッドファンデーションを選ぶことがポイント。
薄付であれば、リキッドファンデーション初心者でも、ムラなく綺麗に就けることが出来るはず。

リキッドファンデーションを付けたら、お粉で軽く抑えることもポイント。
「もっとツヤ感を出したい」「ツヤ感が物足りない」と感じる人は、ハイライトをプラスすると良いでしょう。

こうして仕上げた肌に、ピンクのチークを入れれば、よりふんわりと女の子らしい仕上がりにすることが出来ます。

アイシャドウはブラウン系がおすすめ

image by iStockphoto

メイクをする際、アイメイクにポイントをおく人も多いでしょう。
中には、濃い目のアイシャドウを選び、目元の印象を強くしている人もいます。

しかし、男性受けを狙うのであれば、アイシャドウはブラウン系がおすすめ。
特に、ブラン系でパールなどが入った物は、男性には人気が高いです。
ブラウン系であれば、落ち着いた印象に仕上がりますし、ナチュラルメイクとの相性の抜群。
どんなファッションにも合わせやすいですから、仕事に行く時でも合コンに行く時でも使いやすいはずです。

口元はグロスでプルプルに

image by iStockphoto

メイク時、唇にはどんなアイテムを使っていますか。
口紅を使っている人もいれば、リップを使っている人もいるでしょう。

男性受けを狙うのであれば、グロスが断然おすすめ。
グロスは、唇に付けただけでプルプルに仕上げてくれますし、ナチュラルに仕上げることが出来ます。
男性にとっては、グロスを塗ったプルプルの唇にドキッとする人も多い様ですから、合コンなどではグロスは欠かせないアイテムと言えるでしょう。

チークで可愛らしさを出す

image by iStockphoto

メイク時、チークを使わない人も多いですが、男性受けを考えるのであれば、やはりチークは取り入れた方が良いでしょう。

チークは、頬をほんのりと明るくさせることで、表情を明るく見せてくれます。
そして、女性らしい可愛らしさを出すことも出来ますから、合コンなどではマストアイテム。

ただし、チークを付ける位置、色、付け方によってはおてもやんになってしまいますから、注意が必要です。

「チークをどこに乗せれば良いのか、分からない」と言う女性が意外と多いですが、チークは笑った時に高くなる部分に丸くふわっと乗せるだけで充分。
正しい位置でも、濃くしてしまえば印象は大きく変わってしまいますから、うっすらと付けることがチークの基本。
丸顔を気にしている人やシャープな印象をつくりたい人は、チークを丸く入れるのではなく、サッと外側にブラシを動かすと良いでしょう。

時と場合に合せて、ギャップ作りも

image by iStockphoto

毎日、同じメイクをしている女性も多いと思いますが、せっかくメイクをするのであれば、ファッションに合せたり、出かける場所に合せて変えることも大切です。

男性は、メイクのギャップにドキッとすることもありますから、TPOに合せたメイクが出来れば、よりモテ女に近づくことが出来るでしょう。

例えば、昼間のデートの場合にはナチュラルメイクで出かけ、夜のデートでは少し濃い目に大人っぽく、色気あるメイクをすれば、男性はギャップにドキドキするはずです。

こういったメイクの使い分けも出来れば、メイクはもっと楽しくなるでしょう。
次のページを読む
1 2
Share: