別れる恋愛

「別れ時」を見極める方法は?意外と難しい恋人との引き際

二人の将来が見えなくなった

image by iStockphoto

社会人の恋愛は、将来のことも考える人が多いでしょう。
「このまま交際が続けば、結婚したい」と思う人も増えるのではないでしょうか。

交際した頃、「この人と結婚したい」と思っていた人の中には、交際したことで相手のことを知り、「この人は、結婚相手としては相応しくない」と感じている人もいます。
そんな人は、当然ですがこのまま交際し続けるのは互いにとって無駄な時間を過ごすことになるでしょう。

結婚したいという気持ちがあるのであれば、ここで勇気を出して別れるという選択をすることも必要。
嫌いになった訳ではありませんから、別れるという選択をするのは辛いことだとは思いますが、二人の将来が見えないのであれば、早めに決断した方が互いのためです。

我慢が増えた

image by iStockphoto

どんなに好きな人と交際出来ても、全てが自分の思い通りにいくとは限りません。
それは、お互い様。
どちらも、「ここが気に食わない」「どうしても、これだけは直してほしい」と思うことはあるでしょう。
これらをどれだけ我慢出来るか、許せるかによって、二人の関係は変わってきます。

交際当初は、「ずっと一緒にいたい」という思いが強いですから、ある程度のことは我慢出来るでしょう。
しかし、交際期間が長くなればなるほど、この我慢が苦痛に変わってきます。
もちろん、愛情があれば我慢出来ることが多いですが、交際が長くなることで愛情が冷めてくれば、我慢出来ていたことも出来なくなってしまいます。

「最近、かなり我慢していることが増えた」と感じる人は、そろそろ別れどきが迫っているかもしれません。

我慢出来ていたことが出来なくなったということは、あなたの相手への気持ちが少し変わってきているということですから、別れが近づいている可能性が高いでしょう。

一緒にいる意味が見いだせなくなった

image by iStockphoto

好きな人と一緒にいる時間は、とても大切で素敵なものです。
しかし、一緒に様々な経験をすれば、似ていたはずの価値観などもずれてくることがあります。
そうなれば、どんなに好きだった相手でも、一緒にいることが難しくなるでしょう。

特に、結婚を考えていた相手であればあるほど、ライフスタイルの違いや価値観の違いは致命的です。
結婚は、生活の繰り返しですから、これらが異なっていれば一緒に生きていくことは難しいと言えるでしょう。

互いにとって、「この人と一緒にいると、プラスになる」と感じることがなければ、結婚相手としては難しいのではないでしょうか。

情で一緒にいるのは、どちらにとっても不幸せ

image by iStockphoto

恋人と別れたいと思いながらも別れられずにいる人の中には、情に引きずられている人も少なくありません。

「別れ話をしたら、相手がかわいそう」「振ったら、相手が傷つく」と感じ、別れ話が出来ない人もいます。
また、「別れたら、後悔するかもしれない」という恐怖心から、別れられずにいる人もいるでしょう。

しかし、愛情がなくなり、一緒にいても幸せを感じられないのであれば、互いにとって一緒にいる時間はムダになってしまいます。
本当に幸せになりたい、相手にも幸せになってもらいたいと思うのであれば、情に引きずられず、きっぱりと別れ話をすることも大切。

あなたと別れるということは、新しい恋愛の可能性を広げることにもなりますから、その可能性をいつまでもあなたが潰してしまわないようにしましょう。

中には、交際当初に交わした約束を気にして、別れ話が出来ない人もいます。
「ずっと一緒にいよう」「結婚しよう」と発言したことが、別れられない原因となっている人もいますが、人の気持ちは変わるものです。
それは、相手だって分かっているはずですから、今の自分の気持ちを正直に伝えて、互いに前に進めるようにしましょう。

情に縛られていると、いつまで経っても互いに幸せになることは出来ません。
情だけで一緒にいるのは、あなただけではなく、相手にとっても不幸なことですから、愛情ある恋愛が出来るように、前に進む一歩を踏みだしましょう。
1 2
Share: