彼女彼氏恋愛

彼女を怒らせてしまった時に、彼氏がするべきこと

いつも仲良くしているカップルなのに、うっかり言ってしまった彼氏の心無い一言や、ついやってしまった行動。彼女は信じている彼氏に裏切られて本当にショックを受けているはずです。顔にはださなくても態度にでているかもしれません。心当たりのあるそこの彼氏さん、彼女の気持ちになって考えてあげてください。彼女に許してもらいたければ黙っていてはだめですよ。しっかりとあなたの気持ちを伝えて下さいね。 あ、でも、もし納得いかないと思うのでしたらその時の対応も紹介します。お互いに納得して、理解し合って仲良くしていって下さい。

うっかり彼女を怒らせてしまった場合、どうしたらいい?

image by iStockphoto

うっかりした一言や動作によって彼女を怒らせてしまったなーと思った時はありませんか?あなたは彼女と仲良くしていたはずなのにあなたのうっかりした一言や態度で、彼女を怒らせてしまいました。
そんな時はごめんなさいと心からの謝罪?まさか放置はないですよね?それだけはダメです。
あなたの誠実な気持ちをきちんと言葉で伝えて仲直りして下さい。

仲直りの方法、謝り方など、出来る限りのサポートしますので、早くピンチを脱出して下さいね。
らせてしまいました。
そんな時、あなたは仲直りしたいですか?もちろんしたいですよね。
そうしたらあなたは何をしたら良いのでしょうか?プレゼントで許してもらう?相手を褒めまくってご機嫌とりをしますか?いろいろ考えはあると思いますが早いうちに解決してください。
そのためのお手伝いをします。

#1 その1 原因を確認する

image by iStockphoto

原因を究明しましょう。
まずは彼女が怒っている理由をしっかり確認してください。
あなたがなんとも思っていないようなことでも彼女にとってはとても気になる言動だったりするものなのです。
彼女の言い分を最期まで聞いてあげることが大切。
彼女が気にしていることなら馬鹿にしたりしないでしっかり受け止めてあげてください。
反論するのはあまり賛成できません。
怒っている彼女に対して火に油対応ですから。
彼女の気持ちを察してあげて素直に聞いて下さいね。
もしあなたが約束を破ったり彼女の体型など、彼女のコンプレックスについて言及してしまったことが原因だとしたら、もちろんあなたが悪いですね。
心から謝罪して下さい。

#2 その2 ごめんなさいの気持ちを本気で伝える

image by iStockphoto

彼女に怒っている理由を確認した結果、自分が悪いと納得できた場合は誠心誠意謝ることが必要です。
格好つけたりしてはいけません。
謝る時はむしろ格好つけるなんてマイナスイメージです。
しっかりと彼女の目を見て反省の気持ちを伝えて下さい。
中途半端にすることは一番よくありません。
態度で分かってもらおうなんて思ってはいけませんよ。
気持ちなんてものは、黙っていても伝わるなんて思っている勘違いさんがいるようですが、実は全然伝わりません。
逆に悪い方向に話が進んでいってしまうかもしれないのでやめた方がいいです。
きちんと言葉で伝えることが大切。
簡単なことですが、言葉のない人は絶対に損をしてしまうはず。
頭でどんなに考えていたとしても相手には悪い印象しかのこらなかったりするものですから。
自分が悪いと感じた場合は相手に許してもらえるように精神誠意のごめんなさいを伝えて下さい。

#3 その3 機嫌が直らなければプレゼント

image by iStockphoto

本当はプレゼントで彼女の気を引くなんていうのは好きではありません。
でも、きちんと謝って許してもらう予定がうまくいかなかった場合、あなたが途方に暮れてしまった場合は、気分転換をしてもらうための何かをしなければなりません。
なかなか手ごわい彼女、謝っているのになかなか機嫌を直してくれない。
どうしたら良いものか途方に暮れてしまいそうですが、そんな時は、プレゼントを贈ることも一つの手だと思います。
甘いものが好きな彼女であれば、ケーキを買って帰るのもありかもしれません。
アイスクリームやスイーツでもOK!

もちろん高級なものである必要はありません。
彼女にディズニーランドの一日券をプレゼントするのもありですよ。
しかも一人は可哀想。
あなたの分も一緒に渡してあげて下さい。
彼女がうけとってくれた時はあなたと一緒に行くことが前提なことを受け止めているはずなので、仲直りのキッカケになるはずです。
仲直りできると良いですね。

食べ物でなくても、彼女が日ごろから欲しいと言っていたバッグやアクセサリーでも、もちろんOKです。
彼女が喜ぶ顔を想像しながらプレゼントを選んであげて下さい!

#4 その4 デートに誘う

image by iStockphoto

この作戦を使うとしたら、普段から彼女の好みや好きな場所、場面を把握しておくことは大切です。
こういう時にも役に立ちますので。
今一番彼女が行きたい場所をしっかりとチェックしてあげて、デートに誘ってあげて下さい。
そしてその時、お詫びの気持ちを込めてという気持ちを伝えた方が良いでしょう。
いつも以上に優しくしてあげて、しっかりコミュニケーションやスキンシップをとって、彼女に機嫌を直してあげて下さいね。

#5 その5 もし、納得いかなかったら

image by iStockphoto

これは前述までの状態とは違って、もし彼女が怒っている原因を確認しても、あなたが納得いかなかったとしたらという場合。
もちろんそういう展開になることはあります。
あって当然です。
それは放置しておいてはいけません。
今度はあなたの方にわだかまりが残る可能性ができ、また喧嘩をするきっかけになってしまうかもしれないから。

きつく問い詰めるような反論は賛成できません。
彼女は自分の意見が正しいと思っているわけなのですから。
お互いの考えが合わないというころは、とことん話し合うことができれば最高です。
それができてこそ長く付き合っていける秘訣なのではないでしょうか?そういうカップルになれたらいいですね。
話し合う時は、絶対にキレてはいけません。
そんなことをしたら彼女はトラウマのような感覚を覚えてしまいますから。
話し合いはいつも穏やかに。
片方が熱くなってしまったとしてももう片方が落ち着いていたらあまり悪い方にはいきません。
お互い納得できる結末になってほしいと思います。

仲直りしたら、同じことを繰り返さないようにお幸せに!

image by iStockphoto

嫌なこと、してほしくないことは明確にしておくのはよいことだと思います。
お互いの意見を言い合える状態であることが大事。
そういう環境にしておくと自分の意見も言いやすいし、自分の居場所ができてくるはずなので。
喧嘩して、仲直りできたのであれば、相手には二度と同じことをしないように釘をさしておいてください!彼女の嫌がることをする彼なんていない方がましです。
せっかくの恋人ですから、1分でも1秒でも幸せに過ごしていける努力をしてほしいと思います。
Share: