彼女のこと彼氏のこと恋愛

結婚前に同棲は本当に必要?同棲するときのメリットと注意点7選

大好きな彼氏・彼女とのデートの終わり、このまま離れるのは寂しい…だったら、同棲しちゃおう!そう思って一緒に暮らし始めるカップルは少なくないでしょう。でもちょっと待って!安易に同棲を始めてしまうと、後から後悔することになるかもしれません。今回は、同棲の良いところと注意点をご紹介しますので、これから同棲しようと考えている人たちに参考にしてもらえればと思います。

結婚前に同棲は必要なの?

image by iStockphoto

今では多くの恋人たちが結婚前に同棲をしていますが、中には同棲することに反対の人もいます。
特に女性に多いのですが、大きな理由は婚期が遅くなるといわれているからです。
彼氏がいる女性にとって将来その人との結婚を考えることは自然なことでしょう。
しかも子供を産むとなると、出来るだけ若いうちに…と思う人が多いので、婚期が遅れると言われている同棲は嬉しい反面恐怖もあるのです。

ですが同棲にはいい点もあります。
結婚してから知るよりも早くにお互いの性格や生活習慣を知ることで、結婚後もこの相手でやっていけるかどうか見極められていいというところです。
他にもいい点や注意の必要な点がいくつかあるので、ご紹介しましょう。

同棲のメリット

まず同棲をするメリットはどんなものがあるのかご紹介します。
同棲したいと思っていても相手になかなか賛成してもらえないという人はこの部分を主張してみるもの良いですよ。

その1 いつでも一緒にいられる

image by iStockphoto

同棲をしたいと思う理由のほとんどがこれです。
デートで帰りの時間が近くなっても寂しい思いをしなくても良くなり、夜一緒に寝て朝を一緒に迎えられることができ、食材の買い物も二人分、お揃いのスリッパや部屋着、タオルなど、生活のあちこちに恋人の存在を感じられるので、とても幸せな気持ちになります。
冷蔵庫や洗濯機などの生活家電を二人で買いに行くと、大体店員さんに「ご主人」や「奥様」と呼ばれることも、新婚を味わえているようで楽しいですよ。

その2 お互いの短所に早めに気づける

image by iStockphoto

別々に暮らしていると分からないようなことも、同棲すると次々に分かってきます。
最初は気を使って生活していても時間が経つうちに気が緩んでくるので、パートナーの知らない本当の性格というのが見えるようになるのです。
恋人が最後に入ったトイレのトイレットペーパーが無くなったのに補充していない、食器棚やクローゼットなどの扉や引き出しがいつも閉まり切らず半端に開いた状態、面倒くさがりで掃除が苦手、几帳面で細かいところへのこだわりが強いなど、他人の気になる点というのは意外と多くあります。

たいした気にならないようなこともあれば、これから先結婚するとなった時に一生我慢するのはつらいと思うようなこともあるでしょう。
そういった気になる点は、結婚前にお互い見せ合いしっかり話し合った方がいいので、その点でも同棲は良いのです。

その3 ケンカしてもすぐに仲直り出来る

image by iStockphoto

同棲していると喧嘩したときに顔を合わせずに生活するのは無理があります。
一晩くらい喧嘩して口も利かず、片方がベッド、もう片方がソファーで寝るということもあるでしょう。
ですが同棲中の喧嘩は長くてもせいぜい2日くらいで終わるのです。
同じ屋根の下にいるので話し合う機会が取りやすく、険悪な雰囲気で過ごすのも嫌なので自然とどちらかが仲直りしようとアクションを起こすようになります。
こういった時のために、借りる部屋の間取りはワンルームか1LDKにするのがおすすめです。
それぞれに逃げ込めるような部屋を作ってしまうと、仲直りしにくくなります。

その4 家賃負担が半分で済む

image by iStockphoto

費用面を理由に同棲を始めるカップルも多く、二人で半分ずつの負担にすると少し広めのいい部屋が借りられることもあるので、経済的にもとてもいいです。
家賃だけではなく、水道・電気などの公共料金なども二人で使用するとはいえ一人暮らしの時よりは負担が少なくなります。
不動産でお部屋探しをするときは、できるだけ結婚生活も継続できるような部屋で探した方が後々の経済的・精神的負担も軽くなります。

子供が出来るとアパートやマンションでの生活はとても気を使います。
夜泣きして外に連れ出すときは下の方の階に住んでいると移動中に気まずい思いをしなくて済みますし、ある程度防音されている部屋だと子供が歩くようになってからも安心です。

同棲するときの注意点

では次に同棲する際の注意点、デメリットなどをご紹介します。
先に知っておいた方が心構えが出来て同棲がうまくいくこともあるので、参考にしてみて下さい。
次のページを読む
1 2
Share:
trmyayrm62