占い恋愛診断

こんな人と出会いたい!運命の人を見極めるための7つのリスト

あなたは、「運命」を信じていますか?運命の人との出会いをしたことがありますか? 運命の人との出会いってどんなものなのでしょうか。出会った瞬間、それが運命の出会いだとわかるものなのでしょうか。経験がない人にとってはとても不思議な感覚ですよね。今回は、運命の出会いとはどんなものなのか、その出会いを見極めるための7つのチェックリストを作成しました。最近新しい出会いがあったという人も、まだこれからの人も、運命の人というのはどういう人なのか、このリストでぜひ診断してみましょう。

運命の出会いってどんなもの?出会った瞬間にわかるの?

image by iStockphoto

「運命」の出会いとはどんなものなのでしょうか?「運命!」と思えるような出会いがないと、なかなかわからないものですよね。
もしかするとそんな出会いがあったとしても、すぐに運命だとは気が付かないことだってあるかもしれません。

人それぞれ、出会いの形には様々なものがありますが、運命の出会いをすると瞬間的に直感で感じる人と、あとからもしかしてこれが…と気が付くパターンがあるよう。
瞬間的に直感で感じる場合、それはプラスにもマイナスにも作用し、必ずしも好印象だからといってそれが運命の出会いとつながるわけでもないのがむずかしいところ。
たとえば、最初出会ったときに一目惚れして、この人だ!って夢中になったとしても、運命ではなかったというケースもあるし、逆に第一印象があまりにも悪すぎて全く意識もしなかった男性が、徐々に打ち解けていって距離が近づくにつれて気持ちが変化していく、ということも。
運命の人というのは、知らないどこかでソウルメイトになっているんでしょうね。

なので、一概に運命の出会いというのは瞬間にわかるものでもないのです。
出会った瞬間にその存在や特徴がわかればいいのに、それがわからないからこそひとつひとつの出会いを大切にするべきなのですね。

出会いには様々なパターンとそれに対する気持ちがありますが、どんな出会いが運命なのか、運命の人の見分け方についてみていきます。

7つのリスト、当てはまったらその人が運命の人かも?

image by iStockphoto

1. 出会ったタイミングが良い

image by iStockphoto

運命の人との出会いには、タイミングも大切なんです。

たとえば、付き合っていた恋人と別れた、長年の片思いが終わってしまったなど、恋愛にまつわる何かが一区切りし、そしてその気持ちの整理がついたとき。
何事にも前向きになっているとき。
そんなとき、新しい出会いはやってきます。
つまり、いつまでも過去を引きずっていては、新しいものは入ってこない。
だから、過去ときちんと向き合って整理できたときに運命の出会いをしやすいのです。

他にも、恋愛だけではなく職場を転職したり、引っ越しをしたりとプライベートともども環境に変化があった直後にも出会いやすいもの。
環境の変化というのは、出会いに大きく影響しています。
いずれにしても、心身ともに自分に余裕があって前向きになっているときや運気が上がっているときに新しい出会いに恵まれる。
余裕があるときやプラス思考のときに出会いがあるので、その出会いを大切にすることができたり、じっくりと見極めることができるということも運命の出会いにつながる、というわけ。

2. 共通点が多い上、フィーリング、価値観が合う

image by iStockphoto

「共通点」の多い人と出会うと、なんだか無駄に意識してしまうことはありませんか?たとえば、趣味が同じだったり、性格や好きなものが似ていいたり。
はたまた嫌いな食べ物が同じだったリ。
休みの日の過ごし方や旅行したことのある場所、行きたいと思っている場所、などなど。
まさに、意気投合というかんじ。
でも、こういう共通点というのは、運命の出会いじゃなくともふつうにありそうなものですよね。

運命の人というのは、共通点が多いだけではなく、さらに「価値観」が似ているのです。
価値観は、物事の考え方、優先順位のつけ方などのこと。
ライフスタイルや金銭感覚、恋愛関連などに至るまで、これまで育った環境や過去の経験から価値観は形成されていきます。
育った環境は誰ひとりとして同じではないからこそ、価値観が似ているというのは親近感も沸きますし、なかなかそんな人が見つからないものなので運命だと感じやすい、そしてそれが運命の人との出会いだと言えるわけです。

3. 今までの出会いとは違う何かがあると感じる

image by iStockphoto

これは神秘的、スピリチュアルな感じに思うかもしれませんが、第六感とでもいうのでしょうか。
運命の人と出会うと、直感的に「何か違う!」と感じるようです。
それが何なのか、どうしてそう感じるのか、はっきりした理由や根拠というのはなく、ただそう感じる、それが運命の出会い。

一目惚れの出会いであれば、ビビッときてこの人かも!なんて感じることもあるかもしれませんが、運命の人とは、必ずしも見た目が自分の好みではないのです。
だから、出会った瞬間にこういう不思議な感覚に陥るわけ。
タイプでもないのになんでなんだろう、何が違うのだろうという印象を抱き、それがだんだんと興味へと変わっていくのです。
そして、この不思議な感覚というのは出会った瞬間に感じることがほとんど。

だから、もし誰かに出会ったとき、なにか不思議な感覚を覚えたら、どんなに見た目がタイプじゃなくても、自分の理想の条件に合わないという人でも、もしかしたらその人が運命の人である確率は高くあるので、違う!と真っ向から思わないようにしましょう。

4. 初対面なのに一緒に居て落ち着く、安心できる

image by iStockphoto

長年一緒にいる家族でも、仲良しの友人でもないのに、なぜかその人たちと一緒にいるときと同じような温かい感覚になる。
運命の人との出会いに、この感覚はとても大事。
会って間もない人に、親しみや温かさを感じることができるというのは、ほとんど運命の出会いといってもいいのかもしれません。
つまり、そんな風に感じるということ落ち着く、安心できるということ、そして安心できるということは、その人を心から信頼できているということなのではないでしょうか。

関係を築く上で、信頼関係は最も重要なものになるからこそ、信頼できる相手というのは貴重であり、滅多に出会えるものではないのです。
逆に、居心地の悪さを感じるならば、その人を心のどこかで疑ってしまっているということでもある。
どんなに好きでも、運命だ!と思えたとしても、相手を信頼できなければ二人の関係は絶対にうまくいきません。
信頼関係が成り立ってない関係ほど、疲れて辛いものはない。
もし、この人が運命の人なの?と悩んでいる人がいたら、一緒にいて落ち着くか、安心できるのか、そして何より信頼することができるか、一度考えてみるとよいでしょう。

5. 自分が自然体でいられる

image by iStockphoto

好きな人の前だと、オシャレもしたくなるしバッチリ化粧して、キレイ、カワイイって思われたいものですよね。
外見だけじゃなく、ちょっと気取ってしまったり、その場の雰囲気を読んで言いたいことややりたいことを我慢してみたり、奥手になりがち。
出会ったばかりのころというのは、何かと気を遣うし自然体でいるのはなかなか難しいものです。
相手を好きになればなるほど、ドキドキして緊張するし。

でも、運命の人と出会うと多少のドキドキや緊張はあるものの、不思議なほど自然に行動できるのです。
なんでもいいとか、オシャレをしなくなるとかそういうことではなくて。
一生懸命背伸びしてよく見せようと努力する、というよりも自分らしさを存分に発揮できるのです。
もちろん、自分が相手を信頼しているからそうできるというのもありますが、きっと相手もあなたのことを信頼しているからこそこういう関係が成り立つもの。
次のページを読む
1 2
Share: