恋愛

【手放したくない彼女とは】彼氏が喜ぶ彼女の行動

彼氏に喜んでほしい!、そう思うことは付き合っていれば当然のことですよね。大好きな相手だからこそ、あの手この手でなんとかして喜んでもらおうと、一生懸命尽くしている女性も多いはず。でも、女性と男性の心理というのは全く違うから、喜んでもらえるかもと思ってした行動に対して大した反応がなくて期待外れになってしまったなんてこともあるのではないでしょうか?男性が女性にしてもらってうれしいことってなんなのでしょうか?今回は、男性が手放したくない彼女になるための、彼氏が喜ぶ彼女の行動について記事にしていきたいと思います。

愛される彼女は相手が喜ぶことを理解している

愛される彼女は相手が喜ぶことを理解している

image by iStockphoto

彼氏に大事に大事にされている女性って、どうしてそんなに大事にされるのでしょうか?相手が情熱的だから?それとも女性が四六時中相手に尽くしているから?

その答えはどちらでもありません。
愛される女性というのは、基本的に器用。
相手が何を求めて、何に対して喜ぶか熟知して適切な愛情を注ぐ。
男性慣れしているとか、男好きとかそういのではなく、好きになった相手とちゃんと向き合い、相手を理解していくことで相手の求めることやそうでないことを知っていくのです。
だから、愛され上手な彼女は自然と相手に愛されるというわけ。

尽くし上手でもあるけど離れ上手

でも、愛され上手な彼女が常日頃から相手のことを考えて行動しているかといえばそうではありません。
時と場合に分けて自分のことを優先し決して自分自身の努力を怠らない。

たとえば、大事な仕事や大切な友達とをおろそかにして恋愛だけに集中したり、相手に依存して嫉妬したり、そんな行動はしないのです。
尽くすときはとことん尽くす、だけど自分も大切にすることを忘れない。
これができるから、尽くし上手であり、うまく相手と距離がとれているというわけ。

男性は、どんなに好きな女性に対しても常に一緒で離れたくない!という気持ちにはあまりならない。
特に、学生ならまだしも社会人として責任ある仕事をしていれば、恋愛よりも仕事が優先になることがほとんどです。
それは女性にとってちょっと寂しいかもしれないけれど、男性は仕事での成功を目標にしているし、将来的に家族を養わなければならないから。
先立つものがなければそんなこともできないですよね。

一緒にいる時間が少ないことを不満に思わずに、見守って陰で支える、むしろ男性と同じくらいバリバリ働いたり、趣味に時間を費やすことができる自立した女性の方が実際のところ恋愛は上手だし、男性にもモテる。
男がいなきゃダメなんて甘いこと言ってたらいつまでたっても良い恋愛はできないのかもしれませんね。

彼氏が喜ぶ彼女の行動ランキング!

さて、では本題に入りましょう。
彼女がとる行動で彼氏が喜ぶのはいったいどんな行動?今回は、その行動をランキング形式でご紹介していきます。

10. デートでおしゃれする

10. デートでおしゃれする

image by iStockphoto

お付き合いを始めた当初はメイクも気合が入るし服装だっておしゃれになる、それは当然のこと。
でも、徐々に関係に慣れてきてお互い一緒にいることが当たり前のようになると、どうしても気が抜けてきてしまいます。
デニムばっかりだったり動きやすい服装だったり、前のデートと同じ服装だったり…もちろん、こうやって自然体でいることというのも大切なことではありますが、たまには女子らしい格好でギャップを見せると、ドキっとしてしまいます。
変化をつけるというのも男性が喜ぶツボ。

9. たまに甘えてみる

いつも甘えるというわけではありません。
普段は自立していてしっかりしているのに、二人きりになると急に話し方が変わる。
抱きついてみたりスキンシップをとって彼にだけ見せる顔を作る、このギャップが大切なのです。
しっかりした彼女がたまに甘える姿に男性はキュンとするもの。
でも、甘えすぎはうんざりされるので禁物。

8. 手料理をふるまう

8. 手料理をふるまう

image by iStockphoto

これは王道でしょう。
なんといっても料理、胃袋を掴む女性は愛される!特に、一人暮らしだったりすると、男性は料理をあまりしないので手料理を食べる機会はなかなかないから、手料理のありがたみもしみるはず。
家庭的な姿を見せると男子は大喜び。
やはり、料理とか家事全般ができる女性というのは強いのです。

また、手料理に限らず彼の体調が悪い時など弱っているときに看病したり、励ましてあげることも効果的。

7. 話を聞いてあげる

いつもなら女性の方が話をすることが多いのではないでしょうか。
仕事から友達、趣味の話まで女性は話題につきることがないはず。
だけど、男性が話さないと思ったら大間違い。
男性だって本当は話したいのです。
同じように話を聞いてほしいという瞬間だってある。
そんな時、大したアドバイスができなくても話に耳を傾けてあげるだけで、男性は嬉しいと思うものなのです。

これが男性にとっての甘え。
いつもは弱音を吐かないカレも、疲れていたり落ち込むことだってある。
そんなとき、膝枕をしてあげて甘える場所を与えてあげることで安心して心を開いてくれるのです。

6. 適度に放っておく

6. 適度に放っておく

image by iStockphoto

いつでも一緒に過ごしたいと思うのはほとんどが女性のはず。
男性は、仕事にプライベートにきっちり線を引くタイプが多いのが特徴。
だから、忙しくてあなたの存在を忘れてしまうことだってあるんです。

そんな時に怒ったり文句を言ったりせずにそっとしておく。
できたら向こうの気がすむまで放っておく。
これくらいの方が男性は関係を心地よく思うのです。
確かに女性にとっては不安になることもあるけれど、大丈夫。
信頼関係が築けているならば絶対に彼は自分から戻ってきます。

5. 彼を立てる

実際のところ、ほとんどの女性が男性よりも気が強いと思います。
現実的だし男性のダメなところをズバリ指摘する人もたくさんいるのでは?でも、それは彼と二人きりの時だけ。
友人や知人の前ではしっかり彼を立てる。

それこそ、3歩下がって歩くぐらいの距離感。
してるフリだけでいいんです。
実際はあなたが強くたっていい、男性は世間体を気にしやすいし、自分が前に立ちたいと思っているから、他人の前では立ててあげましょう。

4. 彼をほめてあげる

どんな小さなことでもいいんです。
すごいね、とかやったね!とか彼をほめてあげる。
子ども扱いしろというわけではありませんが、男は褒めて伸ばすという言葉があるくらい単純なんです。
褒めることで自信もつくし、もちろん喜ぶし、なによりもっとあなたのために頑張ろうって気持ちになるから効果テキメン!

何かをお願いするときも、ただお願いするのではなく甘えてお願いする。
そして、きちんとやってくれたら「ありがとう」と伝えて褒める。
これだけで、男性はまたやってあげようという気持ちになるのです。

3. さりげない気配り

3. さりげない気配り

image by iStockphoto

男性は、女性らしい小さな気配りに弱い。
手料理もそうだけど、家事全般がこなせる女性は評価が高いし、家事ができる女性というのは小さなことにも気を配ることができます。
お疲れさま、という声をかけるだけでもいい。
彼が帰ってくる時間に合わせてお風呂を沸かしたり、洗濯物を片付けておいたり、そんな日常のことでいいからできる気配りをしてみて。
彼もあなたの存在に感謝することだし、自分を思ってやってくれているんだって気持ちに。
でも、やりすぎるとそのありがたみが減って当たり前になってしまうから注意して。
次のページを読む
1 2