ギフト・プレゼント

おいしい料理を作ってね!料理人に喜ばれるプレゼント50選+気をつけたいこと3選

毎日、厨房で腕を振るう料理人へのプレゼントって案外難しいですよね。専門性の高い分野だから、調理器具や使う調味料にこだわりをもっているはず。プレゼントで失敗して、使わないものを贈っても迷惑を掛けてしまいますよね。今回は、料理人のプロ目線で選んだ調味料や調理器具を厳選してお届け。仕事柄、手荒れで悩む人も多いことからハンドクリームもあわせて紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

料理人にプレゼントをしよう!

image by iStockphoto

料理を作るプロの方への贈り物。
キッチングッズや調味料、選ぶ選択肢はたくさんありそうです。

料理人へのプレゼントのポイントは?

image by iStockphoto

プロの料理人は毎日調理場で腕をふるいます。
料理=生活ですから、プレゼントを選ぶ時は、プロ目線で考えて喜んでもらえる物を贈りたいです。
プレゼントを選ぶ時のポイントをしっかり抑えて、贈り物を選びをしましょう。

予算に気をつける

調理グッズは数百円から数万円まで、ピンからキリまであるんです。
友人や家族以外の人へプレゼントする場合は、あまりに高額すぎると相手に気を遣わせてしまいます。
プレゼントをもらった方もお返しを考えたときに、高い金額だと負担になってしまいますよね。
手土産や誕生日プレゼントは5,000円程度、結婚祝いなどは30,000円程度までと考えましょう。
シーンに合わせた予算を組み立てて選んでくださいね。

需要に合わせて選ぶ

料理人へのプレゼントで重要なのが事前の調査です。
お鍋やキッチンツールは買い替え時期でないと、かえって邪魔になるケースもあります。
贈りたい人がどんな調理器具を持っているのか、欲しいキッチンツールがあるのかを調べてからプレゼントすると喜ばれますね。
もし調査ができないような方なら、消耗品や調味料などの消えものがおすすめ。
ちょっぴり変わった高価なものを選ぶと喜んでもらえるでしょう。

よくわからないものは選ばない

目新しいものを選びたいからと言って、どんなふうに使ったらいいのかわからないアイテムをプレゼントするのは考えモノです。
相手に頼まれた品ならまだしも、相手の人もどうやって使っていいかわからないかもしれませんよ。
喜んでもらうのと見栄を張るのは別の物です。
相手に驚いてもらうことも大切かもしれませんが、喜んでもらえることが一番必要なこと。
もしどうしてもわからない時は、何が欲しいか本人に聞いてしまうのもオススメですよ。

その1 料理に活躍させやすい「こだわりの油」

image by iStockphoto

焼いたり炒めたり、調味料や香りづけなどオイルは様々場面で使うことができます。
需要の多いアイテムはプレゼントとしても喜んでもらえますよ。

#1 自社農園で育った「エキストラヴァージンのオリーブオイル」

自社農園”メラ”で、10月初めの早い時期に収穫されたアルベキーナ種オリーブを使ったギフトセットです。
オリーブオイルは、3種類からお好きなものを2本選んでギフトセットにできます。

エキストラヴァージン・オリーブオイルは、とてもフルーティで甘みがあり、バナナやトマトなどの香り豊かなオイル。
まるでフルーツカクテルを飲んでいるような甘みがあり、最後はドライフルーツのようなほのかな苦みを感じます。
香料や添加物を一切使わない自然の味を楽しめるプレゼントです。

#2 伝統を引き継いで「エキストラヴァージンオリーブ4品種」

バエサの歴史と風土を守る「クララムント家」によってつくられたオリーブオイル。
歴史があり家族経営でオリーブ栽培を続けています。
各地域のオリーブを使ったこだわりのオリーブオイルのセット。
オリーブらしさを詰め込んだ「アルベキーナ」、「フラントイオ」はビターアーモンドのような豊かな香りがします。
フルーティな香りの「ピクアル」、フローラルな香りを感じる「コロネイキ」の4種類がセットになっているんです。
抽象画風のパッケージも素敵ですよ。

#3 デザートにも合わせられる「レモンオリーブオイル」

オリーブオイルはフルーティーな香りや味わいから様々な料理に活躍してくれます。
こちらのオリーブオイルは、「高品質ブランドレモン」を攪拌してオリーブと一緒に潰して作られた一味違う一品です。
フレッシュな柑橘系の豊かな香りで、とても甘くまろやかな味がします。
コクがあり、柑橘類の味が特徴的です。
チョコレートやアイスクリームなどのデザート類と相性が良いですよ。
フルーツサラダやスモークした魚など本格派の料理にも活躍してくれます。

#4 分かりやすい使い分け「オーズクシー エキストラバージンオリーブオイル」

オーズクシー エキストラバージンオリーブオイル 18-0504-038

photo license by Amazon.co.jp

オリーブオイルは様々な種類があり、使い分けをしている料理人の人も多いはず。
オリーブの種類も多様な中、どういった使い分けをするのかわかりやすく作られたオリーブオイルのセットです。
小豆島の会社が目利きし、イタリア産のエキストラバージンオリーブオイルを使っています。
漢字一文字で名前が付けられており、「爽」ならさっぱりした料理に合いますし、「深」なら濃い味の素材との相性が良いです。
印象的な名前でわかりやすいセットですね。
IMAGE

オーズクシー エキストラバージンオリーブオイル 18-0504-038

Amazonで見る
価格・情報の取得:2021-11-18Amazonで詳しく見る

#5 安心して使える「有機栽培エキストラバージンオリーブオイルプレミアム」

「日本オリーブ」社のこだわりのオリーブオイル。
スペインのムルシア州にある「アルマサラ・デオルテガス」社の農園で採取されたオリーブを使っています。
フレッシュなグリーンフルーティの風味で、口の中で甘みが広がりますよ。
パンや野菜、果物との相性もばっちりで、アイスクリームや豆腐などの和の食材などどんな食材にも合わせやすいんです。
万能なオリーブオイルならプレゼントにもしやすいかもしれませんね。

#6 健康づくりに「アルドイーノ エキストラヴァージンオリーブオイル」

オリーブオイルは様々な料理と相性の良い万能オイル。
さらに健康にも良いとされています。
「オレイン酸」は悪玉コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防に。
細胞の老化を防いでくれる抗酸化作用がある「ビタミンE」や「ポリフェノール」には特に注目されています。
アンチエイジング効果にはもちろん、基礎疾患をお持ちの方の食事に使っているという家庭も。
おいしいだけではなく人々の健康も守ってくれますよ。

#7 よく使われているからこそ「ボスコ オリーブオイルギフト」

スーパーなどでもよく見かける「BOSCO(ボスコ)」のオリーブオイル。
知名度が高いからこそ、たとえ料理人であっても家で使うときには気楽なものがいいということもあるかもしれません。
「早摘みグリーンオリーブ」を使ったオリーブオイルで、その純度も高いものです。
さっぱりとした口当たりの「ピュア&マイルド」とフルーティーで濃厚な味わいの「エキストラバージンオイル」のセット。
軽い食感で普段使いにもってこいの一品です。

#8 オリーブオイルを主役に「オリーブオイル&ドレッシングギフト」

オリーブオイルを使えば簡単にドレッシングも作ることができます。
ドレッシングとの相性も良い食用油であるオリーブオイルを主役にしたドレッシングをセットにしました。
オリーブオイルは採取してすぐに搾油した新鮮なものを詰めています。
フレッシュな香りとまろやかな口当たりの高級品です。
そんなオリーブオイルと相性も良い「小豆島バジル」と「瀬戸内かんきつ」のドレッシングがセットになっています。
オリーブオイルの可能性を感じるドレッシングはサラダや料理にも大活躍ですよ。

#9 主食とセットに「EVオリーブオイルバラエティセット(彩りパスタ)」

パスタを使うときに絡まないようにするために欠かせないのが油ですよね。
料理をすることをしっかり考えたセットはいかがでしょうか。
オリーブオイルとライスオイルにカラフルなパスタを組み合わせました。
見た目にもかわいらしい「コンキリエ」と「ファルファーレ」の2種類のショートパスタはカラフルで、シンプルなパスタ料理にしてみたくなりますね。
パスタには是非オリーブオイルかライスオイルでアレンジをしてみてください。

#10 使い道に合わせて「オメガセレクト クッキングオイル」

料理の内容によって食用油を変えることは料理人の常識。
食品との相性はもちろんですが、最近では健康ブームも手伝って様々な食用油に注目が集まっています。
熱にも強く使い道の多い「エキストラヴァージンオリーブオイル」や健康志向の方には「えごま油」「アマニ油」などが人気です。
他にも「ひまわり油」「胡麻香味油」「大豆油」「なたね油」など7種類の油がセットになっています。
使い分けてお家料理も本格派にしてみたいですね。

#11 素材にこだわった「純生搾り クッキングオイルセレクション」

こちらも7種類の油のセット。
「オリーブオイル」や揚げ物にぴったりの「米油」、香り豊かな「純正胡麻油」など定番の物から、「葡萄種子油」「ひまわり油」「綿花油」「紅花油」などの少し聞きなれないものまでそろっています。
料理によっての使い分けができるのはもちろんのこと、油自体の効果や味わいを楽しむこともできますよ。
素材にこだわって搾油した逸品です。
香りや味わいを楽しんで料理に活かしたいですね。

#12 カロリー注意「日清&味の素 ヘルシーオイルギフト」

油というとカロリーが気になるところ。
健康に良いとされる油もたくさんありますし、適量の油は身体にもいいのですが取り過ぎは禁物です。
ダイエット中の方や最近体重が気になるという方にはヘルシーな油を贈ってみませんか。
3種類の油がセットになっていますが、どの油も「コレステロール0」です。
使い過ぎはもちろんいけませんが、普段と同じ量でもカロリーは違ってきます。
これで安心して油を使うことができますね。

その2 プロの料理人も納得する「こだわりの調味料」

image by iStockphoto

料理人の方たちは味覚が敏感です。
普段から本物の味を知っている料理人には素材にこだわった調味料をプレゼントしましょう。
お店でも家庭でも役立つ調味料は、贈る人に適した種類を選ぶと喜ばれますよ。
こだわりのある調味料を集めてみました。

#13 水産会社が作る本格的な「おだしパウダー」

静岡県沼津市にあるmizunotoの天然おだし。
沼津節を70年間作る歴史ある水産会社です。
だしをもっと手軽に楽しめるように開発された商品。
厳選した原材料を粉砕せずに優しく挽いた削り粉です。

素材の旨みをダイレクトに味わえる水冷臼式製法で仕上げた香り豊かなパウダー。
瓶の中には乾燥材の代わりに竹炭を使うこだわりようです。
パスタや納豆など、普段の料理にふりかけるだけで、リッチな味わいが楽しめます。

#14 新メニューの味付けに「穀醤と魚醤のセット」

普段あまり使う事の無い穀醤は、聞きなれない調味料です。
大豆、米、小麦などを塩を加えて漬け込んだもので、醤油の原型と言われています。
鎌倉時代には一般的な調味料でしたが、現在は醤油の方が多く使われ、あまり見なくなりました。
みそでも醤油でもない不思議な調味料は、とても美味しく幅広いメニューに使えます。

もうひとつの魚醤も、佐賀漁港で獲れたカタクチイワシを使って3年間発酵させたもの。
旨みと栄養成分が凝縮された万能調味料です。
この調味料を贈って新メニューの開発に役立ててもらいましょう。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: