ギフト・プレゼント

彼女への贈り物は「バングル」がおすすめ!本当に喜ばれるブランドバングル15選+気をつけたいこと3選

彼女へのプレゼントといえば「アクセサリー」ですよね。でもペアリングはすでに持っているし、ただ素敵なだけのアクセサリーでは物足りない。そんな時におすすめなのが「バングル」です。腕に付けるアクセサリーの一つですがブレスレットとは一味違います。アクセサリーに詳しいDear編集部が選んだおすすめ「ブランド」のバングルをお届けいたしますね!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

「バングル」と「ブレスレット」の違い

「バングル」と「ブレスレット」の違い

image by iStockphoto

同じ手首に付けるアクセサリーである「バングル」と「ブレスレット」。
大きな違いとしては「留め具の有無」です。
留め具がないもののことを「バングル」と呼んでいます。
少し幅のある腕輪のことをバングルと考えがちですが、留め具の有無がバングルの定義になるのです。

語源は古代インドで使われていたサンスクリット語「bangri(バングリ)」からきており、「腕を飾る」という意味を持ちます。
歴史上でも古代より使われていた証拠が多数残っており、ブレスレットよりも歴史を重ねた原初の腕飾りともいえるでしょう。

「O型」と「C型」

バングルには大きく分けて「O型」と「C型」の2種類があるんです。
「O型」は文字通り丸い円形をしており、手首にそのまま通して身に着けます。
サイズによっては手首に入らないことがあるかもしれませんので、その場合はサイズ違いを選んでください。
デザインを崩すことなく身に着けられるのが魅力です。
「C型」は開口部のある円の形で、隙間から手首を通して身に着けます。
中央部に「中折れ」ができる便利なタイプもありますよ。
よく見かけるバングルの形の一つで、物によってはサイズ調整も可能です。

着ける場所によっても意味がある

バングルはチェーンタイプのブレスレットなどでよくみられるカニカンなどの細かな作業のいる留め具がないので、利き手に関わらずどちらの腕にもつけやすいです。
右手と左手のどちらに付けるかで込められる意味合いが変わってきますよ。
「右手」は力を放出する手と言われており、現実的な部分や計算などをつかさどります。
仕事を頑張りたい方や、金運をアップさせたい方におススメです。
「左手」は精神的な部分に力を発揮するとされ、パワーストーンを使ったものも左手の方が効果が高いと言われています。
恋愛運や健康運アップのお守りにいかがですか。

バングルを選ぶときに気をつけたいこと

バングルを選ぶときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

バングルをプレゼントに選ぶときには、どんなポイントに気をつけたらいいでしょうか。
選ぶときには是非参考にしてみてくださいね。

価格帯に気をつける

彼女へのプレゼントはやはり特別なものを贈りたいですよね。
誕生日やクリスマスなど、特別な場面での贈り物なのにあまりにもチープなものだと味気ないです。
逆に何でもない時なのにブランド物の高価なアクセサリーを贈られたら引いてしまうかもしれません。
金銭感覚の違いはある程度はあるかもしれませんが、一緒に過ごしてきてある程度はわかるはずです。
お互いの金銭感覚やシーンに合わせた金額で予算を設定しましょう。

好みに合わせたものを選ぶ

せっかくの彼女へのプレゼント。
より喜んでもらえるには「相手の好みに合わせたもの」を選ぶことが鉄則です。
自分が好きだからといって相手の好みからずれたアイテムを贈るのは、相手も困ってしまうかも。
自分はお礼を言われてうれしい想いをしているのに、もらった方は内心戸惑いを禁じ得ないかもしれませんよ。
普段使っているアクセサリーや服装、バッグなどからも情報は得られます。
彼女さんが好きそうなデザインのアイテムを選んでください。

素材に要注意

アクセサリーを購入するときに気をつけたいのが「金属アレルギー」です。
特にブランド物は金属製のアイテムが多いので注意が必要。
ハイブランドなどで純度の高い金属であればアレルギーが出にくいものもありますが、逆に素材によっては強くアレルギーの反応を起こしてしまうかも知れません。
アレルギーが少ないと言われている「サージカルステンレス」や「樹脂」製の物などを選んでみましょう。

樹脂やレザーなど金属に比べると柔らかい素材のものを選ぶときは、強度にも注意が必要です。
せっかくもらったのに壊れてしまっては元も子もありません。
場合によっては彼女のアクセサリーの扱いも素材選びの要素に加えてもいいですね。

その1 普段使いにもうれしい!【~15,000円】のバングル

その1 普段使いにもうれしい!【~15,000円】のバングル

image by iStockphoto

普段から気軽に使えるなら1万円前後の価格帯がおススメです。
少し大人な彼女には1万5千円くらいまでのバングルが使いやすいですよ。
学生さんにも手が出しやすい価格帯ですね。

#1 ポップで華やかな「ヴィヴィアンウエストウッド バングル」

「Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)」のO型タイプのバングルです。
太めのボディにカラフルな暖色でカラーリングされています。
ブランド名とブランドモチーフである「オーブ」が描かれたポップなデザイン。
若い女性にも人気のあるブランドの一つなので、華やかなファッションが好きな女性への贈り物にもおススメです。
デザイン的にもかなり元気な印象のアイテム。
既存のブレスレットとの重ね付けをしても映えそうですね。

#2 細やかな模様が美しい「メローフェロー ハワイアンジュエリー」

魅せる男のリゾートファッションをテーマにした「MELLOW FELLOW(メローフェロー)」。
ハワイアンジュエリーとのコラボレーションで生み出された華やかなバングルです。
ゴールドとシルバーがあるので色違いや同じ色でおそろいにするのもいいですね。
やや太めのバングルにはハワイアンジュエリーらしい細やかな模様が彫り込まれています。
模様の美しさは女性でも身に着けられるデザインです。
フラットな部分がプレートモチーフのようでスマートな印象に仕上げられていますよ。
次のページを読む
1 2 3 4