ギフト・プレゼント

秋冬コーデのポイントに♡おしゃれなハイブランドマフラー人気ランキング【贈る年代別15選】

肌寒くなってきたときに気になってくるおしゃれアイテムといえば、マフラー。コートやジャケットを羽織って無難なコーディネートになりがちな秋冬ファッションに、個性とアクセントをプラスしてくれるアイテムのひとつでもありますね。そこで今回は、プレゼントにも最適なハイブランドのマフラーをまとめてみました!ハイブランドマフラーの選び方のコツをはじめ、年代別の人気ランキングもありますので、ぜひプレゼントの参考にしてくださいね。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ハイブランドマフラーは冬のプレゼントに最適♡

image by iStockphoto

マフラーはユニセックスで使いやすいアイテムのため、カップルでお揃いにしたり、夫婦でシェア使いをしても良い、プレゼントにもぴったり!それでは、おすすめのハイブランドマフラーランキングを見ていく前に、大切な人へプレゼントする際のマフラー選びのコツなど、基礎知識を確認していきましょう。

マフラーはどんな相手へのプレゼントに最適?

それでは、まず、どんな相手へマフラーをプレゼントするのがぴったりなのでしょうか?マフラーがプレゼントに人気の理由としては大きく3つで、寒さ対策として秋冬に毎日使ってもらえること、ファッション小物のため比較的リーズナブルな価格で購入できること、そして、相手の寒さを気遣う優しさをアピールできることです。
特に最後の理由から、パートナーや友達など、近しい関係性の方にプレゼントするのにぴったりですね。

さらにハイブランドマフラーをおすすめする理由としては、なかなか自分では購入しづらいアイテムであるということ。
ハイブランドアイテムは、バッグやお財布などは自分で購入する人も多いですが、使用するシーズンが限定される小物であるマフラーは、予算の関係もあってなかなか手が出しづらいもの。
そんな時にプレゼントでもらえると、おしゃれに敏感な人ほど喜んでくれるはずです。

男女別、マフラーの使いやすい大きさって?

次に、マフラーの使いやすい大きさについてみていきましょう。
マフラーはワンサイズじゃないの?と思われる方も多いかと思いますが、比べてみると結構違いがあるものなんです。
一番平均的なのが、長さが150cmくらいのもの。
このくらいの長さがあれば、男性でも女性でもマフラーを首に二度巻きした時に両端がバストあたりに来る、ちょうど良いくらいの大きさです。

女性に贈るのにぴったりなのは、幅が広めのストールタイプのもの。
同じ長さでも幅広のものだとふんわりボリューム感を出して巻くことができ、おしゃれの幅も広がりますね。
さらに女性に嬉しい小顔効果も期待できます。
逆に男性には、幅が細めのものがおすすめ。
幅が細く、長さが170cmほどのものを選べば、スーツスタイルの際にもすっきりとスタイリッシュに着けることが可能です。
使うシーンや相手の好みをしっかりチェックして選んであげましょう。

ハイブランドマフラーのプレゼント価格相場って?

それでは、ハイブランドマフラーをプレゼントする際の価格はどのくらいを見ておけば良いのでしょうか?一般的に、ハイブランドのバッグをプレゼントしようとすると、10万円から、ものによっては100万円ほどかかってしまうものまで!クリスマスや誕生日など、特別な日のプレゼントとしても、なかなか手が届きづらい価格帯になってしまいます。

それと比べて、マフラーはファッション小物のため、ハイブランドの製品の中では比較的手に入れやすいのがポイント。
ブランドによっても異なりますが、大体2万円~7万円をみていれば、有名な憧れハイブランドのマフラーが手に入ります。
あなたの予算と相手の好みをすり合わせてよく吟味し、どのブランドのマフラーを選ぶか決めていきましょう。

マフラーは、素材にもこだわるのがポイント!

image by iStockphoto

マフラー選びの基礎知識をチェックしたら、マフラーの大きなポイントでもある素材についても確認しておきましょう。
大切な方を寒さから守ってくれる役割をするマフラーだからこそ、見た目はもちろん、保温性や肌ざわりなど、素材にもこだわって選びたいところですよね。
それでは、どんな素材のマフラーを選ぶのが正解なのでしょうか?

しなやかで美しい高級素材!「カシミヤ」

まずご紹介するのは、ハイブランドマフラーに一番多く使われている素材、「カシミヤ」。
高級素材の代名詞としても知られていますよね。
カシミヤは、カシミヤ山羊1頭からわずか150~200gしか取れない希少なうぶ毛の部分だけを使い織られているため、「繊維の宝石」とも呼ばれています。
しなやかで肌ざわりが良く、敏感な首の皮膚に触れても優しいのが嬉しいですね。
光沢感があり高級感も演出できます。

カシミヤマフラーを使う際に気を付けてほしいのが、細やかなお手入れ。
繊維が細くとっても柔らかな肌触りが特徴のカシミヤですが、その分デリケートな素材でもあります。
そのため、着用後は繊維についたホコリを天然獣毛の柔らかな洋服ブラシで撫でて、毛玉や汚れ付着の予防をしましょう。
水分に弱い素材なので、頻繁にクリーニングに出すことを控えれば、5~10年は愛用できるはずですよ。

あたたかでデイリー使いにぴったり!「ウール」

次に多く使われている素材は「ウール」。
マフラーの素材としてもっとも一般的、と言われているウールは、羊毛から作られている素材です。
その特徴は、耐久性に優れているところ。
比較的しっかりとした手触りの素材で、型崩れがしづらく、カシミヤよりハリのある感触です。
その分お手入れが楽で、毎日ガンガン使いたい!という方や、お手入れをなるべくしたくない、という方のデイリー使いにぴったりです。
保温性にも優れており、熱を溜め込まず蒸れにくいのも嬉しいポイントですね。

ウールはチクチクする肌ざわりが苦手で…という方におすすめなのが、「メリノウール素材」。
羊毛の最高級ランク、と言われるメリノ種の羊から取れる毛で作られています。
メリノウールの特徴は、ずばり極細の毛。
まるでカシミヤのような肌触りの良さで、しっとりした感触が魅力ですよ。
ウールの繊維の太さが気になる方や、首元が敏感な方にも使いやすく、特に女性におすすめの素材です。

ふわふわ質感と保温力が魅力!「アンゴラ」

ふわふわ、もふもふっとした肌触りが特徴の素材、「アンゴラ」。
その独特の質感から、特に女性に人気の高い素材です。
アンゴラうさぎの毛から作られた素材で、まさにウサギのようなふわふわ感は、モテ素材としても知られていますね。
単品の素材としては柔らかすぎるために、マフラーにする際にはウールなど他の素材と一緒に編み込まれることがほとんどです。

毛が軽く滑らかで、とにかく肌触りがいいのが魅力で、さらに高い保温力があるのも嬉しいポイント!なんとその保温力は、ウールの3倍ともいわれているんですよ。
極寒地域に住んでいる方や、寒がりの女性にはぴったりの素材とも言えますね。
1点デメリットがあるとすると、モヘアなどと同じく、ふわふわの毛で作られているため、少々抜けやすいところ。
プレゼントする際はアンゴラの配合量もチェックして、なるべく毛が抜けにくいものを選びましょう。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: