ギフト・プレゼント

こだわりの贈り物ならこれ!エレガントなブランド「フォション」のギフト15選+気をつけたいこと3選

食品の贈り物をするときはやはり内容にこだわりたいもの。しかしどんなところからこだわっていいかは悩みますよね。そんな時には「ブランド」に注目して選んでみましょう。「食の都・パリ」が産んだ老舗店「フォション(FAUCHON)」のギフトを贈ってみませんか。こだわりの商品がそろっており、食べ物にうるさい方にも喜んでもらえるはず。食品ブランドにも詳しいDear編集部が選ぶ、とっておきのギフトをご提案いたします!

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

「フォション(FAUCHON)」ってどんなブランド?

image by iStockphoto

フランスはパリ、食の都やスイーツの聖地ともいわれる都市の一角に生まれた「フォション(FAUCHON)」という高級食料品店をご存知でしょうか。
世界中が注目する「美食のトップブランド」とも呼ばれています。
パリのマドレーヌ広場の本店から始まり、今では世界各国で扱われている高級店です。
ちょっとこだわった贈り物や、名声のあるものを選びたいときにぴったりではないでしょうか。
「フォション」にはどんな歴史があり、どんなアイテムがそろっているのかを紐解いてまいります。

「フォション」の歴史

1886年、パリのマドレーヌ広場の一角に誕生した「高級食料品店」です。
創業者は「オーギュスト・フォション」。
1世紀以上にわたって食に対しての真摯な姿勢は脈々と受け継がれています。
従来美味とされてきた味覚の美学を守ることと同時に、新たな時代に合わせた独創的なアイテムを作り続けてきました。
革新的で独特、しかし確固たるおいしさが世界中のグルメをうならせているのです。
この一貫した手法こそが「フォション」を老舗店へと育てたとも言えるでしょう。

日本との関係

1972年に日本上陸以来、日本でも大人気の「フォション」。
主に「高島屋」が取り扱っており、最近ではその他の百貨店でも扱われるようになりました。
約50年のつながりは日本においても人気を誇っていることを証明しており、知名度も高いです。

日本の食品メーカーとのつながりもあり「フォション」監修の下、メイン商品の「紅茶」を中心としたアレンジ商品や「調味料」などが手掛けられています。
その国にあった味わいを、その国とともに作り上げるというのも美食を広めるブランドの使命なのかもしれませんね。

「紅茶」と「ジャム」が有名

「フォション」の主食商品は「紅茶」と「ジャム」。
特に百貨店を中心に店舗で扱われているのはこの2種類が多いでしょう。
まず「紅茶」というとフランスよりもイギリスのイメージがあるかもしれません。
フランスは「香りの文化」ともいわれており、薫り高いアイテムがそろっています。

「ジャム」については世界中の美食を把握しているブランドだからこそのこだわりが。
素材の一番おいしい時を見極めて作られたジャムは絶品と言っても過言ではありません。
一切の妥協を許さない逸品が届けられているのです。

「フォション」のギフトを選ぶときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

「フォション」のギフトを選ぶときにはどのようなことに気を付けたらいいでしょうか。
注意点をまとめましたので、実際に選ぶときの参考にしてみてください。

クセの強いものには注意

フランスのブランド品ということもありますが、海外からの直輸入のアイテムであれば日本人の口に合わないこともあるかもしれません。
やはり「香りを楽しむ文化」が強いのもあり、多少クセのある商品も。
メイン商品の紅茶は特に好みがわかれやすい可能性があります。
もし心配な場合は、オーソドックスな紅茶や調味料などシンプルに選ぶほうが良いでしょう。
日本人向けにアレンジされたアイテムもあります。
それでも本格的なものに変わりありませんのでご安心を。

使ってもらえそうなものを選ぶ

食べ物関連のギフトを選ぶときに重要なのは召し上がっていただけるかどうか、使っていただけるかどうかです。
普段から調理をする人なら「スパイス」も良いかもしれませんが、自炊をしない一人暮らしの方には向かないでしょう。
「紅茶」を贈る場合でも缶に「茶葉」が入っているものか、ティーバッグにするかも迷うところ。
できれば手間のかからないものを贈るほうが喜んでもらえます。
逆に普段からティーポットで紅茶をたしなむ方には、本格的な茶葉タイプのギフトの方がうれしいです。
相手がどのように使ってくれるかを想像しながら選んでみましょう。

ちょっとしたものでもラッピングを

「フォション」のアイテムであればボックスに入った詰め合わせなどが人気です。
しかし、調味料や紅茶のティーバッグの少量セットなど、ちょっとした贈り物をしたいときには「ラッピング」をしてもらうようにしてください。
特に「フォション」のようにブランドのパワーや知名度がある場合には、ラッピング自体も価値のあるものです。
専門のお店であればラッピングサービスがあるでしょうし、輸入品店などで購入する場合には100円ショップなどで包装をそろえるのもいいかもしれませんね。

その1 【1,000円以内】料理好きに渡したい!こだわりスパイス

image by iStockphoto

フランスのガストロノミーを受け継ぐブランドである「フォション」。
調理の基本は調味料からです。
こだわりのスパイスをちょっとした贈り物に選んでみませんか。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: