恋愛

同棲したい!費用は?家賃は?気になるポイント7選!

大好きな人と同棲するには、愛だけでは乗り越えられないこともたくさんあります。気になるのはまず費用!何にいくらかかるのか分からない、そしてどんな部屋にしたらいいのか全く分からないなど、疑問はたくさん出てきます。 そんな時にヒントになる情報がたっぷりつまっています。これを読めば楽しい同棲ライフ間違いなし!

1.同棲にかかる費用をチェック!

水道・電機などの光熱費

生活をしていていく中でどうしても避けられないのが光熱費。
水道・電機・ガス・通信費などがあります。
今まで別に暮らしてきたからわからない部分ですが、自分にとっても当たり前が相手にとって非常識であったり、反対に自分が節約していて相手が遠慮なく使ったり、生活の差が見えてくる部分でもあります。

費用をどう折半するのか、使った分だけ払うのか、項目ごとに支払う人を決めるのか、しっかり話し合う必要があります。
光熱費は月ごとに変化するものなので、生活を始める時にしかり話し合っておく必要があります。

2人分の食費

image by iStockphoto

2人で生活するには、食費を考えなくてはなりません。
「外食すれば大丈夫」と思っていると、あっという間にお金が底を尽きてしまいます。
料理が苦手な女性も多いと思いますが、毎日の料理を作るだけで、大きな節約につながります。
もし自分で作るのが嫌な時は、彼と一緒に作るなど、工夫してみるといいですよ。

外食の頻度は、週に1回などしっかりルールを決めておくと、後々2人の生活で何か行き詰まったときに振り返ることができますので、こちらもしっかりルールを決めておきましょう。

絶対に避けられない!家賃はどうする?

image by iStockphoto

家賃は住んでいる限り払い続けなければなりません。
その家賃についてはどちらがどう払うのか、半分で払うのか、どちらかが払うのか、様々な払い方があります。
例えば自分が家賃を全額払うならば、相手に料理をお願いする、半分で払うなら友人を呼ぶ時には必ず相手の了承を得るなど、こちらもしっかりとしたルールを決めておく必要があります。

2人のお金が辛くなってくると、どうしても負担に感じやすいのは家賃なんですよ。
トラブルが起きてからでは冷静に話し合うことが難しくなってくるので、もしもの時を考えてしっかり2人で話し合っておきましょう。

2.部屋を借りる時に必要な費用とは?

敷金(家賃の1~2ヶ月分)

敷金という言葉を知っていても、実際にどんなお金なのか気になる方もいると思います。
敷金とは、退去時のクリーニング代や、修繕費用に充てられる費用の事で、入居時に払うことで、退去の時の費用を安く済ませられるコツにも繋がります。
「これから同棲するのに退去なんて…」と思った方もいますよね。

残念なことばかりではなく、もし結婚した時にマイホームを建てたから退去するケースなどもあるので、前向きに考えましょうね。

初期費用を抑えるコツで敷金ゼロという方法がありますが、敷金がないということは、退去時にどっとお金が必要になるということを頭に入れておきましょう。

礼金(家賃の1ヶ月分)

礼金とはいったい何者なのかというと、大家さんに「この物件を紹介してくれてありがとうございます」というお礼を支払うお金のこと。
敷金は未来の自分への投資と考えれば出費は我慢できますが、礼金に関しては避けたいと思っている方が多い項目でもあります。
私もできれば礼金は避けたい項目です。

これは大家さんや不動産会社によるのですが、この礼金をなくせる方法もあります。
例えばどこかの部屋で迷っていて、そちらに礼金がない場合、「礼金がないからその物件を借りようか迷っている」と話すと、大家さんや不動産会社次第ではありますが、免除になる可能性がありますので、やってみる価値はありますよ。

仲介手数料(家賃の1ヶ月分)

こちらはその物件を紹介してくれた不動産会社に対して支払うお金です。
だいたいは家賃の1か月分が相場になっていて、キャンペーンなどがあると家賃の0.5か月分になることもありますので、キャンペーンをしている時はお得に引っ越しができるチャンス!

前家賃(入居後1〜2ヶ月分)

これは、入居する日から1か月から2か月分の家賃を前払いする必要があります。
家賃を前払いするので、一見一気に予算が跳ね上がるように見えますが、これからの家賃を先に払っておくということなので、長い目で見たら先が少し楽になれるんです。

月の途中で入居するときは、半月分とその次の月の家賃(1.5か月分)をいうことになりますので、この入居の仕方は初期費用を少し抑えるためのポイントになります。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: