別れる彼女のこと彼氏のこと恋愛

もういいかな…でも悩む!彼氏と別れようか考えてしまうきっかけとは

付き合っていくなかで、すれ違いやちょっとしたことの積み重ねで訪れてしまう「別れ」。できれば回避したいですよね。ですが、彼女の気持ちが分からない、この間の喧嘩で何がいけなかったのか分からないなど、彼女が何を考えているのか分からない状態はかなり危険!彼女は別れを考えているかもしれません。いつ別れのスイッチが入るのか、きっかけを教えます。

別れを考えるきっかけとは?

image by iStockphoto

1.体調不良の時に心配されない

せっかく付き合っているなら、他の人と同じようなことをしていては、彼からの愛情が感じられないと思うこともあります。

たとえば、彼女が体調を悪くしたときにはどう声をかけていますか?

「大丈夫?」「お見舞い行こうか?」「仕事でお見舞いにいけないけど、どうにか時間作っていくね」などと、気遣いのあるメッセージを伝えていますでしょうか?

もし伝えていないという場合は要注意!体調が悪い彼女に対して、

「今は仕事で忙しいから、お大事にとしか言えない」「体調は自分で管理しないとね」「あらら…」などと、彼女の体調を気遣うどころか、「ちゃんとしなよ」と責められているようにも感じられる内容を送っている男性もいます。

何気なく言っているので、今思い返せば心当たりが…という場合はかなり危険。

体調が悪い時は、普段冗談で返せている言葉でもずっしりと悪い方向に聞こえてしまうことがあります。

ささいなことですが、このようなことから別れを意識するようにもなりますので、ぜひ気を付けましょう。

2.連絡がいつも彼女から

男性の中には連絡が苦手という場合や、スマホや携帯をあまり見ないという男性もいます。

そのため、いつも連絡が彼女からになっているなんてことはありませんか?

「うちの彼女は文句を言わないから…」と思っていると、思わぬタイミングで別れを告げられることもあります。

女性は連絡をコミュニケーションツールとして考えていますので、どうしても連絡が自分よがりになってしまうことを嫌うのです。

それでも「連絡をたくさんするのは苦手」という意識が払拭できないこともありますよね。

そんなときは、しっかりと彼女に愛情表現をしてあげてください。
連絡の頻度が少なかったり、自分から連絡できない場合でも、しっかりと愛情表現ができていれば、不満の溜まり具合が低くてすみます。

ですが、愛情表現もしない・連絡もしないでは、彼女がしびれをきらしてしまうこともあります。
しびれを切らす前にしっかり対処しましょう。

3.愛情表現をしてくれない

image by iStockphoto

先ほど、愛情表現をしてあげるようにとお伝えしましたが、「愛情表現って、どうすればいいんだろう:と頭を抱えてしまったそこのあなた。
難しく考えなくて大丈夫。
恥ずかしいこともあるかもしれませんが、好きであればできるはずのことばかり!明日から実践できることを伝授します。

その愛情表現とはいくつかありますが、たとえば、「会ったときに自分から手をつなぐ」「忙しくて予定が合わないときでも他の日程を提示する」「キスをする」など。
スキンシップ関係のこともあれば、前向きな様子を見せることも愛情表現の1つ。
特にこの中では「予定が合わなくても他の日程を提示する」という部分に関しては、愛情表現としては特に重要。

自分に置き換えて考えてみてください。
気持ちのある相手や、興味のあることに対しては、「この日はだめだけど、どうにかしよう」と考えませんか?それの女性は求めています。
だめでも次の提案をしてくれる…それだけで愛情を感じることができるんですよ。

4.自分のしたいことを相手に強要する

これは夜の生活のお話。
男性がしたいことや興味のあることが、女性に取ったら苦痛でしかないときがあります。

それを気にせず、自分の思うようにことを勧めようするようなことが続くと、「相手のわがままについていけない」と別れを考えるようになります。

女性は心のつながりを強く求めていますので、男性が憧れているところとはかけ離れてることはあります。

彼女が嫌がっているような素振りや表情を見せたら、そのまま続行するのではなく、「嫌だったら言ってね」と言ってあげることを心掛けてみてください。

実はこの心がけも愛情表現の1つ。
男性からしたらとっても些細なことかもしれませんが、女性にとってはとっても大きな問題です。

これはお互いに我慢しないでコミュニケーションを取ることで解決できる問題ですので、諦めず頑張りましょう。

5.忙しいを理由にする

image by iStockphoto

これ、実は別れに繋がる理由の上位にあがるものなんです。

男性はもともと1つのことに集中するとそのことにキリがつくまでは、他のことに目が向けられない性質があります。

これは、遺伝子レベルで組み込まれているものなので、どうにもならないとかんじている男性もいると思います。

ですが、どんなに忙しくても大好きな彼女にかける時間は作れるものです。

心がけ1つで時間は作れます。

「どんなに頑張っても時間が作れないときはどうしたらいいの?」と困ってしまった時の対処法もあります。

それは、先ほどお伝えした「他の日を提案する」ことに加えて「いつまでこのよう状態が続くのか」をしっかり伝えてあげる事。

彼が忙しい時の彼女の気持ちは、「いつまでこの状況が続くの?」という不安しかありません。

いつまでなのか出口を教えてあげることで安心しますし、それまでなら頑張ろう!と思うことができます。

6.プライベートを話してくれない

付き合っているなら、普段何をしているのか気にしてほしいし、話してほしいと思うのが女心。

ですが、自分で自分のことをしっかりこなしてしまう男性や、あまり自分のことを話さない男性は、彼女であろうとなかろうとプライベートの話を自分からしませんよね。

ですが、この行動が彼女に不安を与えています。

「なんで私に話してくれないんだろう」「もしかして浮気をしているんじゃないか」などと、かなりマイナスな方向に考えてしまいます。

もちろんそんなことはないのは分かっています。

ですが、彼女である以上共有したい部分もあるんです。

ですので、プライベートのすべてを話す必要はありませんが、少しはコミュニケーションの一環として、話してみるように心がけてみてください。
次のページを読む
1 2
Share: