恋愛浮気

断り方に気をつけて!セックスレスが浮気を呼ぶ!?

7.浮気をされたから

浮気をされてしまうと、男性女性共にセックスレスになってしまうきっかけになります。
どうしても浮気相手と身体を重ねたと分かると、「この人とは一緒にいたくない」と考えてしまいます。
中には、家に帰ったら浮気相手とパートナーがベッドに入っていた…なんてことも。
その状況を目の前で見てしまっては、拒否したくなる気持ちもわかります。

見知らぬ相手が入っていたベッドになんて入りたくないですし、肌と肌が触れ合っている状況の中で今度は自分が身体の関係を持たないといけないなんて、そんな屈辱的なことはありません。
セックスの間に何をしたんだろう…と想像ばかりが先行してしまって、二度と身体の関係を持ちたくないというのが正直な気持ちですよね。

8.単純に相性が合わないと感じたから

image by iStockphoto

何回か身体を重ねているうちに、「この人とは身体の相性が合わないかも」と考えることがあります。
それは相手のテクニックだったり雰囲気だったり、信頼関係であったり、さまざまな要因が査覧できます。
何をどうしても身体の関係が合わないと感じて、「この人と身体を重ねるメリットが感じられない」と思ってしまいます。

そうなると、相手がどんなに求めてきても身体ア拒否してしまう状況になりますので、相手にもうっすら気持ちが伝わります。
そのため「自分じゃなにかいけないのか」と考えるようになってしまって、結果的にお互いがお互いを求めないという結果にいたります。
大人の恋愛や夫婦関係には、身体の相性が大切ということが分かりますね。

9.相手に触れることが嫌になったから

どんな理由であれ、相手に触れることが嫌になったことがセックスレスのきっかけになることは十分あります。
先ほどお話しした浮気をされて相手と触れ合いたくなくなったということもありますし、日常生活の中で心ない一言をかけられて傷ついたことがきっかけで相手と一緒にいたくないと思うことも十分なきっかけになります。

相手に触れることが嫌になっても好きという感情が残っている場合もありますので、一概に別れに繋がるとは言えませんが、愛情が失われ始めている可能性もありますので、相手に触れることが嫌になって時点でパートナーと一緒にいる意味があるのかをじっくり考えなくてはいけないことになります。

セックスレスにならないためにはどうしたらいいか

image by iStockphoto

1.言葉はやんわりとかける

断るにしても、一緒に試したいことがあっても、相手がいてこそ成り立つのが身体の関係。
もし断るときにはやんわりと、そして次にできる日の提案をする。
これだけで相手への思いやりを感じられますし、「本当に嫌なわけではないんだな」と判断することもできます。
それだけで相手が安心できてセックスレスにならないのであれば、とってもいいことですよね。

「今日は無理だから」と言われるよりも「今日は難しいけど、明日はどうかな?」と言われた方が気持ちも楽ですし、相手の意見も聞いてみようという気持ちになりやすいです。
言葉は時に武器になります。
心がけ次第で関係も変わりますので、ぜひ実践してみましょう。

2.相手が嫌がることを強要しない

セックスは相手がいてこそ成り立つ愛情表現です。
つまり、自分よがりのセックスをしないことがセックスレスにならないために必要なことといえます。
ですので、どんなに興味があることでも相手の許可なしに勝手にすることのないようにしましょう。

それでもどうしても興味があって試してみたい、一緒にしてみたいと思うことがあってどうしようもない!そんなときは、そのことをしっかり彼女に話しましょう。

最もいいのはそのシーンを一緒に見ること。
そのシーンを見て相手がどう思うのかを聞いてみて、もし嫌であれば無理に強要しないこと。
これだけで大切にされている感がでますので、もしかしたら「この間のしてみようか」という話になりやすくなるかもしれません。
とにかく無理やりはだめですよ。
次のページを読む
1 2 3
Share: