恋愛片思い

恋愛の辛さがもたらす5つのことと乗り越える4つの方法

片思い、両思い、恋愛の形はさまざま。どんな形の恋愛であれ、幸せな瞬間とそうでない瞬間というのはあるものです。辛い恋愛をしているときというのは、とにかく辛い。自分でもどうしていいのかわからなくなってしまうと思います。その辛さを放っておくとどうなるのか…今回は恋愛の辛さがあなたにもたらすものについて記事にしていきたいと思います。

恋愛がもたらしてくれるもの

恋愛がもたらしてくれるもの

image by iStockphoto

幸せな瞬間というのは人それぞれ。
仕事であれプライベートであれ、とにかく自分が幸せと思える瞬間こそが幸せなのです。
そのひとつが、恋愛。
恋愛がうまくいっているときというのは、すべてがバラ色!なんて思いになりませんか?昨日までと変わらない景色、変わらない生活が一瞬にしてキラキラ輝いて見える。
なんともいえない高揚感ですよね。

恋愛がうまくいっているときはとにかくほかにうまくいかないことがあったってへっちゃらだし、立ち直りも早いのだけれど、そうでないときというのはちがう。
恋愛に対して辛い、苦しい、という気持ちが高まれば高まるほど、全てがうまくいかなくなる。
不安にさいなまれたり、物事を悪い方向へと考え込んでしまって一人で悶々としたり。
そしてその苦しさに押しつぶされてしまうのです。

女性にとって恋愛というのは、想像以上に感情を左右するからこそ、辛さに敏感に反応してしまうわけ。

恋愛の辛さがあなたにもたらす5つのこと

恋愛の辛さがあなたにもたらす5つのこと

image by iStockphoto

辛い恋愛をしていることによって、どんなことがもたらされるのでしょうか。
ここから先は辛さがもたらす●つのことについて書いていきたいと思います。

1. 自分を見失って自己判断ができなくなる

辛いということは恋愛がうまくいっていないということ。
どんなに相手を思っても、どんなに努力しても関係がうまくいかなかったり。
自分の思い通りにならないことはストレスとなり、それが日々の生活に大きな影響を及ぼします。

そしてその辛さをどこかに吐き出そうとする。
友人や知人、家族にその辛さを聞いてもらう。
そしてなんとかして今の辛さを抜け出そうと、その人たちに意見を求めるのです。
客観的な意見というのは、たいていその恋愛をやめることを勧められるか、もしくは何かほかの解決策をだされること。
でも、心の中ではわかっていてもその意見を受け入れることができなかったり、諦めたくなかったりで、葛藤するのです。
それを繰り返していくうちに、だんだん自分ではその問題を解決できなくなってしまう。
答えが出せないからそうなってしまうのです。

でも、これができる人はまだいいかもしれません。
誰かに話すことで多少のストレスは軽減されるから。
人に話すということは一方ではいいことなのですが、人を頼りにしてしまうとどんどん自分を見失ってしまうのです。

2. 我慢することが多くなる

2. 我慢することが多くなる

image by iStockphoto

辛さを抜け出したい、それは誰だって思うこと。
そのために、どうすればいいか人に相談したり、自分なりに考えてなんとか抜け出そうとするのです。
だけど、自分を見失いがちな時期というのは突拍子もない行動をすることだって多くなる。
例えば、どんなに考えてもあなたに非はないはずなのに、相手の理不尽な要求を飲み込もうとしたり、なんとか今の関係を続けようと本当の自分の気持ちを抑えてしまったり…

辛いと感じているのに、さらに我慢しようとする。
これが恋愛に執着してしまっているという状態。
どんな恋愛であれ、相手あってこそだからこそ自分の主張ばかり通すことはできないけれど我慢しっぱなしだってよくない。
我慢していると感じるときというのはほとんど自分が納得していないとき。
それがただのワガママのときもあるけれど、相手に物も言えずに進む恋愛なんて、幸せなのでしょうか?

3. 夜眠れなくなる

3. 夜眠れなくなる

image by iStockphoto

なにか心配ごとがあるとき、あなたはすんなり眠ることができますか?そう、辛い恋愛をしていれば必然と健康にも影響を及ぼす。
つまり、十分に体を休めることができなくなるということです。
だって、辛いときって誰だって不安だし、苦しいし、そんなときに何ごともなかったかのように眠ることなんてできないはず。
どうしたらいいのかと悩んでは答えがでない時間を何時間も繰り返し、落ち込む。
その考えは解決できるまで、自分が納得できるまで続くわけです。

当然、悩んでいるときは安眠できるはずもなく、おそらくほとんどの人が熟睡できていないはず。
そうなれば、女性にとって大事なお肌にだって影響を及ぼして、クマができて化粧ノリも悪くなる。
食欲だってわかないし、眠れないのに眠ってないせいで昼間の仕事中や休日の友人との楽しいひとときに眠くなってしまったり…いいことなんてひとつもないはず。

4. 何をしてもつまらない

本当であれば楽しい友人との飲み会、自分一人で楽しむ金曜夜のDVD鑑賞、ショッピング、趣味のスポーツ…辛いときというのは何をしてもつまらない。
何が楽しいのか、その楽しさを見出せなくなるのです。
だって、楽しいこと以上に辛いこと、悩ましいこと、不安なことが頭をよぎっていてそれに支配されてしまっているから。

だから、本来であれば友人と出かけたり、なにか趣味に没頭したりそんな集中力も途切れてしまうのです。
だんだん人と会うのも億劫になっていって、家に引きこもりがちになって、ただ家でじっとしているだけの時間を過ごす。
これがどれほどもったいないことか、そのときはきっとわからないでしょう。

5. 全てに対して無気力になる

とにかく無気力になる。
何をして楽しくない。
大好きな友達に誘われたって、何か理由をつけて断りたくなる。
なにもやる気がないから、仕事だってズル休み。
恋愛が原因で仕事を休むなんて…と、真面目な人ならきっと思うはず。
できない自分をせめては落ち込んで、その繰り返し。

頑張ろうと思っても、重い腰が上がらないのです。
それもそのはず、自分のやる気の源となっている恋愛がうまくいっていないわけだから、恋愛での辛さというのはそのほかのことすべてのモチベーションにもつながる。
また、そんな自分が情けないと思う責めの気持ちも徐々に増してきて、どんどん自信を喪失してしまうのです。

辛さを断ち切るためにはどうしたらいいのか

辛さを断ち切るためにはどうしたらいいのか

image by iStockphoto

今まさに辛い恋愛をしている人は、このままではいけないという思いもあるのでは?では、どうやったらその辛さを断ち切ればよいのでしょうか?

1. 一度距離を置く

まず最初にすべきなのが、距離を置くこと。
辛い最中にいるときは、きっと周りが見えなくなってしまっているはず。
だから、必要以上に不安になったり、自分らしくない行動や言動をしていることと思います。
ここから抜け出すためには、自分の意思で距離を置くこと。

いったん距離を置くことができれば、冷静に客観的な視点で自分の置かれている状況を見直すこともできますし、思い込みの不安から解放されることもできるのです。

2. これが望んでいた恋愛なのか考えてみる

2. これが望んでいた恋愛なのか考えてみる

image by iStockphoto

恋愛に対する理想というのは人それぞれあるはず。
こういう彼氏がいいとかこういう出会いがいいとか。
この場合の理想というのは相手に対する条件とかじゃなく、自分が恋愛をする上でどういう精神状態を望んでいるか、ということ。
今の状況があなたの理想に近いのかどうか、一度考えてみてください。
それが望んでいる状態でなければ、もう答えはおのずと出てしまうはず。

3. この先続いていく恋愛なのかどうか考えてみる

今の状態、なんとか抜け出すことができたとしてその先もその相手と恋愛をすることはできますか?好きでいることはできる?

将来的なことを考えたらば、その恋があなたに良いことをもたらすすのか、そうでないのかは判断できるはずです。
あなたに悪影響を及ぼすような恋愛をしていては、恋愛だけじゃなく仕事でも他のことでも良い影響なんてありそうにないはず。
次のページを読む
1 2