ギフト・プレゼント引き出物

引き出物におすすめ!おすすめのおしゃれ雑貨15選

結婚式に出席していただいた方にお礼と感謝の気持ちを込めて贈る引き出物。引菓子やカタログギフトと記念品を合わせて贈るのが基本ですが、特に記念品に迷う方は多いのではないでしょうか。 そんな時におすすめのおしゃれ雑貨をご紹介します。

【女性へのプレゼント殿堂入り記事】
彼女が絶対喜ぶ誕生日プレゼントはこれ!女性1700人に聞いた本当に欲しいものランキングTOP100

そもそも引き出物とは?

image by iStockphoto

引き出物とは結婚式や披露宴の際にゲストからのご祝儀に対するお礼として配られる品々のことを指します。

かつて引き出物は披露宴で用意された料理の一部をゲストが家族の手土産として持ち帰ることを指しましたが、現在ではゲストへの「記念品」の意味合いが強くなっています。

地域や家の風習によって差が大きいため、引き出物を選ぶときは年長者のアドバイスを聞いておくと安全です。

引き出物の基本

image by iStockphoto

引き出物の基本は「引出物」と「引き菓子」、「ギフトカタログ」の3点セットにすることが多いようです。

しかし地域によっては「引出物と引き菓子、しきたり品で計3つ」として、しきたり品で「紅白まんじゅう」や「縁起物の和菓子」、「赤飯」、「鰹節」を贈ったりすることもあります。

引き出物は実は地域差が大きいのが特長。

引き出物の準備をする前にご両親や結婚式を挙げた先輩に確認しておきましょう。

引き出物の金額の相場は?

image by iStockphoto

引き出物の相場は披露宴の飲食費の三分の一が目安と言われています。

例えばゲスト一人あたり15000円の披露宴を用意する場合は引き出物は5000円が目安となります。

ゲストによって贈り分けをする場合をする場合は、次のような予算にすることが多いようです。

・親族:10,000円強

・上司:7,000-10,000円

・友人:3,000-5,000円

記念品を選ぶときのポイントは?

image by iStockphoto

ここで気になるのが記念品としてはどんなものを選べばいいのかということ。

おすすめは軽めの実用品を選ぶことです。
軽めのお皿やカップ、タンブラーなどが家で日常的に使い、かつ持ち帰るのも簡単なものを選ぶのがポイント。

実際にショップで見るのがおすすめですが、忙しい場合もあるのでオンライインストアやサイトで確認し、テイストやイメージを確認するようにしましょう。

もし記念品が重くなりそうな場合は、配送サービスがあれば利用してみましょう。

その際には送料や出荷日、お届け日、メッセージカードはつけられるか、納品のお知らせがあるかどうか、ラッピングや式場への持ち込みはどうなっているかなども確認しておきましょう。

根強い人気「食器」

image by iStockphoto

食器類はかつては「割れる」ということでお祝いごとには避けられた品ですが、現在ではおしゃれなブランドやデザインの引き出物として人気。

ゲストのことを考えて、軽めで持ち運びやすいものを選ぶようにしましょう。

おすすめ食器その1「縁 -yukari- 五様小皿揃 AM-KM059」

Amazon|縁 -yukari- 五様小皿揃 AM-KM059|小皿 オンライン通販

Amazon|縁 -yukari- 五様小皿揃 AM-KM059|小皿 オンライン通販

Amazonで見る
鶴や亀、富士山など日本の伝統的な縁起物の柄の小皿のセット。

小皿なので重さもありませんし、場所も取らないので、「何かお皿のギフトを加えたい」という場合には、ぜひおすすめしたい食器セットです。

おすすめ食器その2「ワイングラス セット」

Amazon.co.jp : ワイングラス ペネディーレ ペアワインセット ギフトBOX入り ティアラ柄 260ml×2個 G088-S86 : ホーム&キッチン

Amazon.co.jp : ワイングラス ペネディーレ ペアワインセット ギフトBOX入り ティアラ柄 260ml×2個 G088-S86 : ホーム&キッチン

Amazonで見る
お酒が好きなゲストにはぜひ贈りたいワイングラスのセットです。

デザインも素敵で、高級感があるので、引き出物としてはうってつけの品。

ご夫婦できてくださったゲストに贈りたいですね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: