結婚

【結婚したい男性必見】独身女性が結婚したいと思う瞬間5選

仕事でのキャリアを積みながらプライベートも充実させ、忙しい日々を送っている独身女性はたくさんいます。きっとそのような女性は何歳になってもどの世代からも憧れの的になる素敵女子なんだと思います。でも、そんな魅力的な独身女性が日常生活においてふっとした瞬間に「結婚したいなあ」と思うときもあるんですよ。そんなときが男性のみなさんチャンスです!結婚においてタイミングは非常に重要なポイントです。なかなか結婚に踏み切ってくれない女性をその気にさせるタイミング、一緒に勉強していきましょう。

女性だって独身人生を謳歌したい

image by iStockphoto

なんとしてでも結婚したい女性がいれば、結婚せずに独身人生を歩みたいと自らその道を選んでいる女性もたくさんいます。
ただ、様々な価値観があるこの世の中でいまだに、結婚してこそ一人前、さらに女性は子供を産んでこそ一人前なんていう世間の風潮も少なくありません。
結婚しないのは何か欠点があるからと、勝手に周りから思われてしまいがち。
彼女たちの多くは結婚できないのではなく、しないという選択をしているのですが、自分には関係ないと思っていても、独身女性にとったら耳の痛い話ではありますよね。

時間もお金も自由に使うことができ、毎日気ままな一人暮らしは独身の醍醐味。
たった一回しかない人生なので好きなように生きたいと誰もが思う理想ですよね。
しかし、家族のことや自分の老後の経済状態や健康のことなど考え始めてしまうと不安になってしまうことばかりなのも事実。
仕事もできてプライベートが充実し友達も多く、一人の時間も楽しむことができる女性は自立していてかっこいいという印象を持たれ隙がないように見えますが、当然不安がよぎることもあります。
男女平等社会とはいえ、女性にとってはどちらを選択するかは永遠に悩ましい問題なのかもしれませんね。

#1 職場や友達グループの中で誰かが結婚するとき

image by iStockphoto

大好きな人と結婚して、結婚式で純白のウェディングドレスを着ることに憧れている女性は多いはず。
友人や同僚の結婚式に呼ばれると、結婚願望がない女性でも幸せオーラの溢れた会場で参列者に祝福されキラキラ輝く花嫁を見て「結婚っていいかもしれない」と思うことがあるんですよ。
そんな女性の心を動かすほど結婚式には威力があるということですよね。

でも何よりも女性に影響を与えるのは、仕事をライバルとして一緒に頑張っている同僚が結婚するときなのではないでしょうか。
普段は仕事上で意識し合っていたライバルが、結婚という全く違うところから他の同僚たちに注目される。
仕事もバリバリこなしながら女性としての幸せも同時につかんでいく同僚が自分からは急に遠い存在になってしまったように感じてしまいます。
そんなときにふと、今まで頑張ってきた自分とこれからの自分のことを考えてしまいますよね。
でも、そんな時こそにアプローチされた男性とサクッと簡単に結婚してしまうということがあるかもしれません。
周りから強い女性だと思われている女性ほど、自分が何かに悩んでいるときに優しく手を差し伸べてくれる男性に素直に頼りたいと思っているんですよ。
女性はやはり男性に守られるべき存在なんです。
そんな女性の弱さを男性は見逃さないでくださいね。

#2 子どもが欲しいと思ったとき

image by iStockphoto

結婚しても子どもは持たないという選択をするカップルもいれば、相手は必要ないけど子どもだけほしいなんていう女性もいますよね。
ただ、結婚せずに子どもを産むということは海外などでは人生の一つの価値観として認められていますが、日本ではまだまだそのような考えが浸透していないので現実的でないのも事実です。
また、子どもが元々苦手だから結婚しなくてもいいという独身女性も多いですが、実際に親戚にかわいい子どもがいてなついてくれたら母性が目覚め、その考えはすぐに吹き飛んでしまうかもしれませんよ。

子育ては楽しいことばかりでなく、むしろ金銭的にも体力的にも大変なことばかりかもしれません。
でも、自分の子どもの成長を見守っていくことも人生の幸せの一つになるかもしれません。
ただ、自分の子どもが欲しいとなると女性には妊娠のタイムリミットがあります。
年齢が上がるにつれリミットが迫ってきて焦る思いも増してきます。
結婚して子どもが欲しいと思っている男性は女性に正直に子どものことについてどう考えているのか聞いてみるのもオススメですよ。
結婚の話をするのも難しいのに子どもの話までいくととても繊細な部分ではありますが、いずれは話さなくてはいけないことですよね。
その話し合いがきっかけで彼女の結婚への考え方が大きく代わり、結婚へと一歩進むことができるかもしれませんよ。

#3 部屋の更新手続きをするとき

image by iStockphoto

賃貸物件の更新はほとんどが2年ですよね。
一人暮らしの家の更新料を2年に一度支払うとき、この2年間の自分の歩みを振り返る人は多いのではないでしょうか。
仕事も順調にこなし、自分の時間も確保できていて独身生活を楽しんで満足してはいる。
部屋の更新は自分の今までの歩みを振り返るいい機会ではありますが、満足してるからこそさらなるステップに繋げたいと考える人も多くいるのかもしれません。

家は誰もが一番安らげて安心できる居心地のいい唯一の場所ですよね。
家は自分のお城だとよく言いますが、家選びは自分のライフスタイルに合わせて慎重に誰もが考えるところですよね。
いつまでも同じ更新料を払い続けるのではなく、自分の家を持ちたいと思う人がいれば、そのステップが結婚へと発展する女性も少なくないはずです。
自分のためだけの人生ではなく長く寄り添えるパートナーとの生活のために家のことをしっかり考えていきたいと思うようになります。
何より家は生活に一番密着しているので、先が見えない不安からこのことがきっかけで結婚したいなと考える女性が多くいるのかもしれません。

#4 仕事に行き詰ってしまったとき

image by iStockphoto

仕事を生きがいにしている独身女性は多いはず。
その生きがいである仕事がうまくいかないときに、結婚というワードが浮かんでくる女性も多いのではないでしょうか。
仕事がうまくいかないから結婚するなんて逃げのように感じてしまう人もいると思いますが、男女問わず誰しも一度は弱気になって逃げてしまいたいと考えたことがあると思います。
仕事を投げ出してしまうわけではありませんが、自分が不安になっているときにただ寄り添ってくれる人がいてくれたらいいなとは思いますよね。

逃げの結婚は失敗の元と言われますが、結婚していると仕事のストレスなどもパートナーが共有してくれます。
また、二人で家庭を支えているので、どちらかに何かあったときはどちらかが支えるということができ、仕事選びの幅が広がります。
今までは生活のためだけに働いていた仕事を自分の好きなことを仕事にすることや雇用形態にこだわる必要もなく趣味に重きをおくなど、自由に働き方を選ぶこともできるのです。
一人だけで頑張っていることにどうしても限界を感じてしまうときはきます。
そんなときに一人ではなく二人でいる安心感を得たいと思う女性は多くいるんですよ。

#5 将来が漠然と不安になってしまったとき

image by iStockphoto

安定した仕事をしていてもこのまま今の仕事を続けていくことができるのか不安になってしまう人は多いですよね。
これは男女、独身既婚関係なく将来の不安はあるのかもしれません。
自分の将来のことはもちろんのこと、年齢を重ねてくると自分の親のことも考えなくてはいけなくなるのです。
子供はなぜか何歳になっても親はいつまでも元気でいてくれるものだと思い込んでいます。
その親が病気になったり、日常生活での老いを感じたりすると安心させてあげなくてはと考えますよね。
結婚が必ずしも親孝行になるとは限りませんが、親は子供一人を残していくよりも支えてくれる人が側にいてくれると思うだけで安心します。
さらに、孫の顔を見せることができたなら、少し弱っていた親も逆に元気になってくれるかもしれません。

お金さえあればどうにか生きていける世の中ではありますが、自由に動けるうちはいいですが自分に老後がおとずれたとき周りには友人はいず、助けてくれる人もいないという状況で独りでいることのリスクは大きくなってきます。
一人では解決できない様々な問題を二人なら乗り越えることができるかもしれないと考えるのは当然のことです。

結婚へと導くには至難の業?!

image by iStockphoto

自分に身近な人の結婚や出産などのタイミングで結婚への思いを考え直す女性が多いように感じます。
加えて、寂しさや不安からパートナーが欲しいと思う大きなきっかけになることもわかりますよね。
ただ、独身生活を謳歌している女性を結婚へと導くには、結婚したいと思う瞬間がたくさんあるようで意外と限定的であるために至難の業のようです。
結婚したいと焦って婚活している女性もいれば独身生活を満喫している女性もいます。
一度結婚ということから離れた女性たちは気持ちの余裕が生まれ、焦りというものはなくなってしまうのかもしれません。
ただ逆に、ふっとした何気ない瞬間に結婚への思いを巡らせるということもわかりましたよね。
結婚や出産、親の介護や自分の老後のことなどみな共通の悩みを抱えていて、その悩みを少しでも解決するのは結婚することが一番いいことというのもわかっています。
一方で現在の自由がある充実した暮らしからなかなか離れられないのも事実です。
優先すべきことは今なのか将来なのかを常に考えています。
その揺れ動く気持ちをうまくくみ取り、ちょうどいいタイミングで手を差し伸べることができるかがあなたの勝負どころですよ。

先述しましたが、結婚はタイミングです。
どれだけ好きで愛し合い結婚の約束した仲でもどちらかが結婚のタイミングでなければ結婚することはできなんですよ。
結婚という枠に囚われず独身生活を楽しんでいる女性と結婚したいと考えている男性は、このタイミングを絶対に逃さないようにしてくださいね。
Share:
sachika0108