恋の悩み恋心恋愛

恋人が好きすぎて辛い時の対処法8選

好きな人と交際できるのは、とても幸せなこと。好きな人に同じように好意をもってもらえるというのは、奇跡のようなことです。しかし、交際がスタートした途端、幸せではありながらも、自分の気持ちが大きすぎて「辛い」と感じる人も少なくありません。そんな時は、上手に気持ちを切り替えることがおすすめ。では、好きすぎて辛い時の対処法をご紹介しましょう。

好きすぎると思えるのは、幸せなこと

image by iStockphoto

恋人ができ、交際すればするほど相手のことが好きになる人もいるでしょう。
一緒にいる時間が増えれば増えるほど、相手の良さに気づき、惚れ直す人もいるのではないでしょうか。
そんな相手と巡り合えたというのは、本当に幸せなこと。

しかし、中にはどんどん自分の気持ちが大きくなることで、「好きすぎて辛い」と感じる人も少なくありません。
好きという感情自体は、辛さを感じるものではありませんが、思いが大きくなればなるほど、戸惑う人もいるのではないでしょうか。
相手のことが好きになればなるほど、「自分が恋人で良いのだろうか」「本当は、相手は自分のことが好きなんだろうか」といった不安も出てくるでしょうから、辛さも増してくるのでしょう。

しかし、そんなに好きな人に出会えること、その人と交際できていることは本当に幸せなことですから、不安になる前にまずはその幸せを噛みしめましょう。

#1 恋人以外の趣味をつくろう

image by iStockphoto

恋人のことが好きすぎると、「自分でも、この思いがどこまで大きくなるのか分からない」と不安に感じる人も少なくありません。
そして、どんどん好きになっていくことを辛いと感じるのではないでしょうか。

そんな人の多くは、恋人に依存してしまう傾向にあります。
生活全てが、恋人中心の生活になっているからこそ、辛い、不安と感じてしまうだけ。
ということは、その依存する様な行動をやめれば、自然と楽に恋愛を楽しめるようになるということ。

依存しやすい人は、恋人のことばかり考えてしまう環境から抜け出すために、趣味を見つけると良いでしょう。
趣味を見つけ、何かに没頭する時間ができれば、知らず知らずのうちに恋人のことを考える時間が減り、気持ちが楽になるはずです。
そして、趣味に没頭し、楽しめるようになることで、自分に自信を持つきっかけにもなるでしょう。

#2 あえて友達との時間をつくる

image by iStockphoto

恋人のことが好きすぎる人は、「空いた時間は、全て恋人に会いたい」と思っている人も多いでしょう。
不安故に、「とにかく、一緒にいたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、これでは相手が重荷に感じてしまう可能性がありますし、交際スタート時だけの情熱で終わってしまう可能性があります。

そうならないためには、どんなに好きな恋人ができても、今まで通り友達との時間もなくさないこと。
友達との時間は、あなたの不安を埋めてくれる時間でもありますし、恋人のことを考えずに済む時間でもあります。
どうしても辛い時には、その気持ちを友達に相談するのも良いでしょう。

恋人ばかりと過ごしてしまえば、恋人への依存部分がかなり強くなり、さらに辛い状況へと陥ってしまいますから、あえて友達との時間を作り、恋人以外の時間も楽しむ余裕を持つことが必要です。

#3 仕事に没頭しよう

image by iStockphoto

恋人のことが好きすぎると感じている人の多くは、常に恋人のことが頭から離れないのではないでしょうか。
何をしている時も、どこにいる時でも、恋人のことを思っているでしょう。

こういった状況は、決して悪い訳ではありませんが、これではあなた自身の生活に支障を来してしまうことになります。
そうならないためには、何かに没頭する時間を作ることが必要。
仕事をしている人であれば、簡単。
仕事に没頭すれば、改めて没頭する物を見つける必要はありません。
どんな仕事であっても、やはり仕事に打ち込むことができれば、他のことを考える余裕がなくなりますし、何よりも仕事を楽しむことができるはずです。
そうなれば、仕事中は恋人のことを忘れ、仕事とプライベートをきっちりと使い分けることができるようになるでしょう。

#4 相手にその気持ちを伝える

image by iStockphoto

好きすぎて、「辛い」と感じている人の中には、今の状態に耐えられなくなっている人もいるでしょう。
「このままでは、好きだからこそ、交際を続けることが難しい」とまで考えてしまう人もいます。

そんな人は、素直にその気持ちを相手に告白してみてはいかがでしょうか。
好きすぎて辛いと感じるということは、自分の思いに戸惑っている、相手が重荷になるのではといった不安があるはずですから、それらも全て相手に打ち明けることができれば、気持ちがすっきりするでしょう。
相手が、「そんなことで悩んでいるの?」「何も、辛いことなんてないよ」と言ってくれれば、今までの不安も自然と消えるのではないでしょうか。

それだけ思われていることを知れば、相手は重荷に思うどころか、きっと喜ぶはずです。

#5 何が辛いと感じるのか客観的に考えてみる

image by iStockphoto

辛いと感じている人は、なぜ自分が辛いと感じているのか、そのわけに気づいているでしょうか。
中には、漠然とした不安を感じている人も多いはず。

そんな時は、客観的に自分の気持ちと向き合い、何に不安を感じているのか、見つめ直してみると良いでしょう。
自分の気持ちの大きさに戸惑っているだけなのか、好きだからこそ浮気されるのが怖いのか、相手の重荷になるのが嫌と感じているのか、さまざまな思いに気づくことができれば、意外と「なんだ、こんなことで不安を感じていたんだ」と思えるのではないでしょうか。

#6 好きなことを楽しむ

image by iStockphoto

常に恋人のことを考えてしまう人は、相手からの連絡を待っている間も、何も手につかなくなっているのではないでしょうか。
これでは、あなたの精神状態も良くありませんし、せっかく幸せな恋愛をしているはずなのに、辛い恋愛をしているような状況に陥ってしまいます。

辛いと感じている人は、そんな時こそ何か楽しい時間を作りましょう。
それぞれ、「これをしている時が幸せ」「この時間が楽しい」と感じる時間があるはずです。
例えば、好きなアーティストの音楽をかけて、家で雑誌などを見るのも良いですし、映画を観るのも良いでしょう。

時間を上手に使えるようになれば、恋人に縛られ過ぎている時間から解放されるはずです。
まずは、自分にとって何をしている時が一番楽しいのか考え、その時間を増やすようにしましょう。
次のページを読む
1 2
Share: