メイクメイクテクニック

美人顔を手に入れろ!ハイライトメイクの効果とコツまとめ

皆さんはメイクにハイライトを取り入れていますか?「使い方が分からない」と敬遠されがちなアイテムなようですが、上手く使えばアイテムひとつで理想の顔立ちが手に入れられます♡ハイライトは入れる場所によって色々な効果を発揮します。そんなお役立ちアイテム「ハイライト」の魅力に今回は迫っていきましょう。

そもそもハイライトメイクってなに?

image by iStockphoto

出っ張っているところは光が反射し明るく見えますよね?それを利用したのがハイライトメイク。
部分的に明るい色をのせてあげることで「出っ張っているように見える」。
そうすると顔に自然な凹凸を作り出すことが可能になるのです。
また、入れる場所によっては肌にツヤをプラスすることも出来ちゃいます♡

ハイライトの種類と特徴

image by iStockphoto

パウダータイプ…ブラシか指でのせていきます。
おでこや頬など広範囲の部分に使うことがおすすめ。
分量調整もしやすく、初心者でも失敗しにくいので、まずはパウダーからチャレンジするのが良いでしょう。

クリームタイプ…筆や指でのせていきます。
パウダータイプより発色がよく、密着度も高いのでよれにくいクリームタイプ。
とてもツヤが出るので入れすぎには注意が必要です。
ハイライトを駆使したい人向け。

スティックタイプ…直塗りができるので、加減を見ながら入れたいところに入れられます。
発色や密着度はクリームタイプと同様なので、使いやすいほうを選びましょう。

リキッドタイプ…パフか指でのせていきます。
液体状なので伸びがとても良いため、BBクリームやリキッドファンデーションに混ぜてつかえば自然なツヤ肌を演出することができます。
くすみが気になる方におすすめ。

ハイライトの色と効果

image by iStockphoto

白…スタンダードなカラー。
光をたくさん集めてくれるので、立体的に見せる効果が絶大です。
一つはポーチに忍ばせておくべき王道ハイライト。

ピンク…血色を良く見せることができるピンク。
色白さんにおすすめです。
チークに重ねればパール感がアップして、女の子らしくて可愛い肌に♡

ゴールド…より華やかな印象を作ってくれるゴールドはパーティや特別なシーンにおすすめ♡ラメの多いものを選べば夜でもうっとりするようなツヤ肌に。

イエロー…ニキビなどの赤みを抑える効果があるイエロー。
カラーコントロール下地と合わせて使えば、赤みのないキレイな肌を作ることができます。

ベージュ…肌色に近いためなじみやすいベージュは気軽に取り入れられるため、普段使いにマスト。
ナチュラルな仕上がりになるため年齢も選びません。

パープル…あまり知られていないのがパープルのハイライト。
くすみをとばす効果があるので、気になるところにのせてあげればくすみをオフし透明感のある肌を演出することができます。

ハイライトで注意すること

image by iStockphoto

せっかくのお役立ちアイテム「ハイライト」も使い方によっては全く効果を発揮しなくなってしまいます。
自然な立体感を作るためには、いかに肌になじませるがポイントとなってきます。
もっとも重要なのが量。
入れすぎると不自然に目立ってしまい、ツヤ肌どころかヤマンバメイクのようになってしまいます。
ハイライトは少量でも十分に効果が発揮できるのでつけすぎは厳禁です。
少しずつとり、薄くいれてあげるのが良いでしょう。
つけすぎかどうか、携帯のインカメラで確認するのもおすすめ。
鏡よりも光を集めてくれるため入れすぎかどうか客観的に見ることが出来て分かりやすくなります。
ハイライトを入れたところが自然に明るくなっていればベスト。

入れる順番も大切です。
基本的にはハイライトと同じテクスチャーのものの最後に使用すると、よれることもなく綺麗にハイライトを入れることができます。
たとえばパウダータイプであれば、おしろいの後に入れてあげるのが良いでしょう。
各テクスチャーの仕上げと考えていただければ分かりやすいかと思います。
Next:入れる場所がカギ!【目的別】ハイライト使用方法
次のページを読む
1 2 3
Share: