メイクメイクテクニック

自分に似合う色を見つけて美人度アップ!自分の色を見つける方法

私達の身の回りには、たくさんの色があふれていますね。180万~750万色もあるともいわれています。たくさんの色の中に、あなたにとって、身に着けることで気分がウキウキする色、顔色が悪く見えてしまう苦手な色があったりしませんか?好きな色や嫌いな色はあっても、似合う色をわかっている人はそう多くないのではないでしょうか?そこで今回は、たくさんの色の中で、ご自分に似合う色を見つけて味方に付ける方法をお教えします。鏡の用意をお忘れなく。

似合う色って何?

image by iStockphoto

色には、自分をキレイに見せてくれ、自信を持たせてくれる色もあれば、自分の魅力をけしてしまい老けて見えてしまう色もあります。
自分に似合う色とは、いったいどんな色でしょうか?一言でいえば、自分の魅力を最大限に引き出す色、つまり美人度アップしてくれる色ということになります。
似合う色を知ると、安心して色選びができ、自信を持ってふるまえます。
また、新しい色との出会いになり、おしゃれの幅が広がりますよ。

出会いは6秒できまる!色の印象が最重要

人は、視覚からの情報で第一印象を決めてしまいます。
つまり、見た目がとても大切になります。
それも、たったの6秒です。
6秒間を計ってみてください。
アッというまですね。
人は、ほんの一瞬のうちに相手の様子を総合的にチェックしていて、あなたは、好印象かそうでないか判断されていることになります。

 第一印象のうち55%は、外見(服装・しぐさ)、38%は、話し方(声の大小・トーン)、7%は話の内容で決まります。
この過半数の%を占める外見のうち60%は、色による印象で決まっているのです。

 人はだれでも、初対面のひとに好印象を持たれたいと思うもの。
生き生きと輝いた印象づければ、自分にとって有利ですよね。
そこで、最も効果があり、簡単に、好印象を持たれる方法が、自分に似合う色を使って、メイク・ファッションに生かすことになります。

肌タイプ「イエローベース」「ブルーベース」とは

色の世界は、黄味を多く含んだ温かみ優しさを感じる色と青味を多く含んで、冷たさやクリアを感じる色の2つのグループに分類することができます。
鍵となる色は、「イエロー」と「ブルー」です。

それは、肌の色でも同じこと。
黄味が多く含んだタイプと青味を多く含んだタイプに分かれます。
肌に黄味を多く含んだタイプを「イエローベース」、青味を多く含んだタイプを「ブルーベース」とタイプ分けています。

例えば、一口に、「ピンク」と言っても、様々なピンクがありますが、イエローベースに似合うのは「コーラルピンク」になりますし、ブルーベースに似合うのは、「ローズピンク」になります。
全く違うタイプのピンクですね。
ですので、自分の肌タイプがイエローベースなのか、ブルーベースなのか知っておくことは、とても大事です。

「パーソナルカラー」とは

パーソナルカラーという言葉はご存知ですか?人は、生まれつき持っている色があります。
自分の肌、瞳、髪の色といった生まれつき持つ色素の特徴に合った色が、その人のパーソナルカラーになります。

自分の特徴にあった色は、お肌に透明感を与え、あなたを生き生きと健康的に見せてくれます。
ただ、残念ながら、あなたの好きな色と、あなたの似合う色が違う場合があります。
そのような食い違いを無くすために、あなたのパーソナルカラーを探してみましょう。

自分と同じ特徴を持っている色のグループがナチュラルで調和のとれたパーソナルカラーになります。
一生、パーソナルカラーは変わりません。

自分のパーソナルカラーを知ることは、美人度アップの近道になります。
Next:セルフ診断をしてみよう!自分の肌タイプの見つけ方
次のページを読む
1 2 3 4
Share: