ギフト・プレゼント

紅茶といえばイギリス産で決まり!本格派英国紅茶ブランドおすすめ15選+気をつけたいこと3選

#12 エドワード王朝の香り「Taylors Of Harrogate Decaf Breakfast Tea」

Taylors Of Harrogate BG18896 Taylors Of Harrogate Decaf Breakfast Tea - 6x20BAG

photo license by Amazon.co.jp

1世紀以上の歴史をもつ老舗高級紅茶ブランド「Taylors Of Harrogate(テイラーズ オブ ハロゲイト)」。
英国紅茶協会の「トップ・オブ・ティー・プレイス・オブ・ザ・イヤー」にも何度も輝いた栄誉あるブランドです。
「ヨークシャーティー」の元ブランドでもあります。
こちらの紅茶は特殊な二酸化炭素工法でカフェインを自然に取り除いたデカフェ紅茶。
さわやかで軽い口当たりの飲みやすい味わいです。
歴史ある紅茶は高級な贈り物としてもぴったりですよ。
IMAGE

Taylors Of Harrogate BG18896 Taylors Of Harrogate Decaf Breakfast Tea – 6x20BAG

Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-07-22Amazonで詳しく見る

#13 どんなお菓子にも合う「ハロッズ アールグレー」

ハロッズ アールグレールースリーフティー(125g)[海外直送品]

photo license by Amazon.co.jp

老舗百貨店ブランドの一つである「Harrods(ハロッズ)」は高級紅茶にも数えられる一品がそろっています。
茶葉のブレンドタイプを番号で管理しているのでわかりやすく、選びやすさも考えられていますよ。
創業当初はまだ紅茶が一般市民に広がり始めたころ。
当時の人々は「魔法のようにおいしい」と喜んだそうです。
多くの人においしいと感じられるようにブレンドされており、どんなお菓子にも合うと言われている紅茶。
プレゼントにもしやすく高級感もばっちりです。
IMAGE

ハロッズ アールグレールースリーフティー(125g)[海外直送品]

Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-07-22Amazonで詳しく見る

#14 英国王室御用達「フォートナム&メイソン フェイマスティー 6缶」

6種類の香りと風味 フォートナム&メイソン フェイマスティー 6缶 セット(各25g缶入り×6缶) Fortnum & Mason [並行輸入品]

photo license by Amazon.co.jp

イギリスのブランド紅茶の中でも最もよく知られている高級ブランドではないでしょうか。
「Fortnum&Mason(フォートナム&メイソン)」は300年の歴史をもつ百貨店ブランドの一つです。
日本でもなじみ深く、イギリス紅茶であることをしっかり主張したいときにおススメ。
お手頃価格のセットもありますが、せっかくなら高級感とバリエーションたっぷりのセットをプレゼントしてみましょう。
ミニサイズの缶に入った本格派の紅茶をお楽しみいただけますよ。
IMAGE

6種類の香りと風味 フォートナム&メイソン フェイマスティー 6缶 セット(各25g缶入り×6缶) Fortnum & Mason [並行輸入品]

Amazonで見る
価格・情報の取得:2018-05-09Amazonで詳しく見る

#15 王族が生み出した「ハイグロブ・プリンス・オブ・ウェールズ・ブレンド・ティー・キャディー」

英国 Highgrove ハイグローヴハイグロブ・プリンス・オブ・ウェールズ・ブレンド・ティー・キャディー[海外直送品]

photo license by Amazon.co.jp

英国王族の一人である「チャールズ皇太子」がご自身でプロデュースされた紅茶ブランド「Highgrove(ハイグローヴ)」。
後の英国王エドワード8世である「ウェールズ皇太子」の為に作られたブレンドティーです。
濃厚な「アッサム」と芳醇な香りの「セイロン」をブレンドした伝統的なブレックファーストスタイルの紅茶。
ミルクを入れてもおいしくいただけますよ。
皇太子の紋章由来のブランドロゴを冠したオシャレな缶が素敵ですね。
IMAGE

英国 Highgrove ハイグローヴハイグロブ・プリンス・オブ・ウェールズ・ブレンド・ティー・キャディー[海外直送品]

Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-07-22Amazonで詳しく見る

英国貴族気分でティータイムを

image by iStockphoto

かつてはイギリス人にとってステータスでもあった紅茶。
もともとは貴族の者だったかもしれませんが、今では庶民までも幅広くいただける「国民飲料」のような存在です。
国中から愛されて発展した紅茶は、アジアからイギリスに入った後、今度はイギリスから世界へと広がっていきました。
オシャレでハイカラな印象の紅茶は様々な国で生み出されています。
しかし最も紅茶を愛する「イギリス」の紅茶で本場の味をプレゼントするのも素敵ですね。
1 2 3 4
Share: