ギフト・プレゼント退職祝い

【お疲れさま】異動や退職祝いのプレゼントに!女性が喜ぶギフト特集50選+避けたい商品4選

お世話になった上司や苦楽を共にした同僚が異動したり退職したりする時にはぜひ送別品をプレゼントして、笑顔で送り出したいものですね。感謝を伝えたい、そんな時にふさわしいプレゼントをご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

これまでの感謝を伝える

image by iStockphoto

退職祝いは、いままでの感謝を伝えるものとなります。
そしてこれからの新生活の門出を祝うものになりますね。

ですので、ぜひ喜んでもらえるプレゼントを選びたいものです。
個人でプレゼントを贈ることもできますが、数人でお金を出しあって少し豪華なプレゼントを贈るのもおすすめですよ。

退職祝いの相場はどれぐらい?

ひとくちに相場と言っても、相手がどういう関係の方か、年齢がどれぐらいの方なのかで、多少金額が上下します。

親しい同僚や同期の方が退職される場合、3,000円~5,000円が相場です。
年齢が40代以降の方であれば、5,000円~1万円程度で用意することができるでしょう。

プレゼントはいつ渡すことができる?

かさばるような大きな品物は、持ち帰るのにも大変ですので、退職される1週間前ぐらい前には渡せるといいですね。

退職が決まった直後に渡すとそれを喜んでいるような印象を与えるので、お勧めできません。

また退職日直前ですと、慌ただしい中でのプレゼントになるので、困らせてしまうかもしれませんね。

退職祝いを贈る時に気を付けたいことと避けたい商品

image by iStockphoto

退職祝いとして渡す際に「のし」をつけたいと思われるかもしれません。
しかし、退職祝いと書くのは避けたいですね。
退職されるのを喜んでいるような印象を与える可能性があるからです。
「御礼」や「謹呈」などの言葉で、今までの感謝を伝えたいですね。
またのしではなく、メッセージカードを使って、簡単な言葉を添えることもできますよ。

さらに退職祝いを贈る際に、避けた方が良い商品もこの記事で紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

避けたい商品その1 縁起が悪い品物

プレゼントを贈る際に、一番大切なポイントは相手が喜んで受け取って貰えるかどうか。
当然のことながら、悪い印象を与える品物は避ける必要があります。
例えば、女性なら毎日使っているであろう櫛も読み方から「く=苦しみ」「し=死」をイメージさせかねない商品として贈り物には不向きです。
また贈り物でよく用いられているハンカチも、漢字に直すと「手巾(てぎれ)」であることから縁を切る「手切れ」を連想させるため、縁起が悪く避けた方が良いでしょう。

避けたい商品その2 スリッパや靴下は目上の人に贈るプレゼントには×

寒い冬場になると足元の防寒対策に、家で温かいスリッパや靴下を履いて過ごす人も多いはず。
特に冷え性の女性にとっては、足元の冷えは大敵です!とは言え、職場の上司や先輩への贈り物にはスリッパや靴下はNG。
なぜなら、足で踏んで使うスリッパなどは、相手を「踏みつける」という悪い印象を抱かせかねません。
さらに「下」という漢字が付くことから、相手を「下に見ている」と誤解されることも。
ボールペンも「勤勉であるように」という意味合いが含まれているので、目上の人へのプレゼントには×

避けたい商品その3 結婚祝いには「縁を切る」刃物類はNG

お料理でお肉や野菜を切る時には必ず使う包丁。
良く切れる包丁であれば、それだけ調理もしやすくて大変便利ですね!でも、だからと言って結婚祝いに包丁の贈り物はストップ。
包丁やハサミなど、物を切って使う刃物類は「縁を切る」にも繋がるとされ、特に縁を重んじる結婚式には相応しくありません。
そのため、贈り物によく用いられるカトラリーを贈る際も、出来ればナイフは避けてスプーンやフォークのプレゼントがオススメです。

また、以前までは2で割り切れる偶数の物は「別れ」を連想させ、縁起が悪いと言われていましたが、最近ではペアの食器なども結婚祝いに人気が高く、あまり気にされない傾向にあります。

避けたい商品その4 妊婦さんにはカフェインを含むものはNG

華やかな紅茶やコーヒーのプレゼントは、女性への贈り物としても大人気!家事の合間にちょっと休憩がしたい時にも、そうした飲み物があると嬉しいですね♪しかし一方で、妊娠されている女性への贈り物にコーヒーや紅茶のプレゼントはNG。
妊娠中の女性は、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶を飲まないよう気をつけている人が多いからです。
もしもお茶をプレゼントしたい場合は、カフェインレスのお茶を選んで贈るようにしましょう。
Next:プレゼントには寄せ書きやアルバムも添えよう
次のページを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
Share: