かわいくなるダイエット

どうしても痩せたい!好きな人ができた時のハードル低めダイエット

好きな人ができると「どうしても痩せたい」「少しでもキレイになって、私を見てほしい」という気持ちになりますよね。彼への恋心を追い風に、楽しくダイエットをして素敵な女性を目指しましょう。確実に、キレイに痩せるためには、目標体重のハードルを低くして達成することが大切。学生時代にあらゆるダイエットにトライした私が、恋に悩める女性のお手伝いをいたします。

どうしても痩せたいときこそハードルは低めに

image by iStockphoto

ダイエットにつきものなのが、ストレスとリバウンド。
せっかくダイエットをしたのに、「ストレスがたまって肌が荒れてしまった」「リバウンドで余計に太ってしまった」なんてよくある話ですよね。
どうしても痩せたいからといって、無理な目標体重を掲げては危険です。

ここは確実にキレイになるためにも、「期間1か月・マイナス2kg」を目標に、ハードルを低くしたダイエットにトライしてみましょう。
リバウンドしにくいといわれているのは、1か月間で体重の5%ほどの減量だと言われています。
例えば、身長160cm・体重50kgの女性だと、1か月間で2.5kgまでトライしても良いということになります。

ですが、1か月で3kg近い減量はちょっと無理がかかってしまいがち。
ハードルを低めに設定して、まずはマイナス2kgで頑張ってみましょう。
これぐらいの目標体重なら、無理をしなくても生活習慣を改めるだけで充分効果的ですよ。

どうしても痩せたいときのハードル低めダイエット9つの方法

image by iStockphoto

ではこれから、好きな人に振り向いてもらうためにも「ハードル低めダイエット」を開始していきましょう。
つらくなったら、好きな人の笑顔を想い浮かべて頑張りましょうね。

1 おやつ断ちをする

image by iStockphoto

簡単なようで、難しいのが午後3時の甘い誘惑…。
どうしても痩せたいけれど、ここがクリアできずに挫折してしまうという女子も多いのではないでしょうか。
甘いものって、とっても美味しいですよね。
でも、ついカロリーオーバーしてしまうのもこのおやつ枠。
キレイに確実に痩せるためにも、まずは毎日のおやつ習慣を見直すようにしましょう。

とくに、毎日のようにシュークリームやクッキーなど甘いスイーツを口にすることが習慣になってしまっているという方は危険です。
強い覚悟を持って、キッパリと「毎日甘いものを食べる習慣」にサヨナラしましょう。

どうしても空腹に我慢できないという時は、スーパーモデルのミランダ・カーのように、無塩アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類を食べることをおすすめします。
ナッツ類は抗酸化作用があるので美容にも効果的ですよ。

2 3度の食事に野菜を増やす

image by iStockphoto

男女混合でダイエット合宿する「ダイエットヴィレッジ」というテレビ番組を知っていますか?番組の冒頭で放送される参加者の紹介VTRでは、驚愕の食生活がセキララに公開されてかなり驚いてしまいますよね。
ご飯はお茶碗ではなくて炊飯器のまま食したり、練乳やバターをそのまま食べたり。
日々の食生活は本当に重要だと痛感するのではないでしょうか。

何もかも、日々の積み重ねであると言っても過言ではないということですね。
だからといって、食欲を無理に封じ込めると身体に多大なストレスを与えてしまいます。
食べるカサを増やして満腹感を感じられるように、とくに夕食は毎食サラダをつけるようにしましょう。
季節に合わせて旬の野菜をたくさん盛り付ければ、身体にも心にもプラスになりますよ。

野菜が苦手な女子は慣れるまで、ドレッシングに助けてもらってくださいね。

3 よく噛んで食べるようにする

image by iStockphoto

家族全員が同じ食事を摂っているのに、我が家の長男10歳は、なぜかモデルさんのようにスリム。
男の子ですから、子供といっても食べる量は大人とそんなに差はありません。
それなのに、長男がとてもプロポーションが良い理由は、ズバリ「よく噛んで食べているから」。
ちなみに、典型的男子である次男は早食いのせいかプニプニしています。

長男は、親の私も驚くくらいよく噛んで食べています。
持って生まれた体質にも影響される部分はありますが、私の周囲のスリムな女性もやっぱりよく噛んで食べていますね。
そして、みんな揃って小顔です。
どうしても痩せたいなら、今日からでも「良く噛んで食べる」ということを意識してみてはどうでしょうか。

よく噛んで、小顔も目標体重もGETしちゃいましょう!

4 糖質・糖分を見直す

image by iStockphoto

野菜を増やし、よく噛んで食べるように気をつけるとともに、糖質や糖分の見直しも始めましょう。
ご飯やパン、パスタなどの炭水化物は美味しいこともあって、ついつい食べ過ぎてしまうもののひとつです。
これらの量を少し減らして、その分野菜で代用するようにしましょう。

また、料理をするときに煮物に入れる砂糖の量にも注意です。
砂糖は精製された白いお砂糖ではなく、身体に良いてんさい糖などに変えて、量も気持ちだけ減らす感じで仕上げるようにしましょう。
また、毎日のコーヒーや紅茶に砂糖をドバドバ入れてしまうのも太る原因。
甘さはハチミツで代用するなどして、糖分に依存しない食生活を目指していきましょう。

糖質や糖分を減らした生活に慣れてくると、意外と身体が欲しなくなりますよ。

5 便秘に気をつける

image by iStockphoto

どうしても痩せたいなら、意識しておきたいのが便秘です。
便秘は老廃物を身体のなかに溜め込んでしまっていることと同じなので、太る原因になるだけでなく、肌荒れの元にもなってしまいます。
また、重症化すると体臭の原因にもなってしまうのだとか。

起床したら朝イチでミネラルウォーターを飲んで腸を刺激する、ヨーグルトで腸活してお腹の調子を良くする、ゴボウなど繊維質のあるものを食べるなどして、毎日のスッキリを目指していきましょう。
次のページを読む
1 2 3
Share:
hayakyo