彼氏のこと恋愛結婚

憧れのプロポーズを目指して♪彼氏に結婚したいと思わせる方法3選

付き合っている彼氏との結婚を考えているのに、中々彼から結婚の話が出ない。もう自分から言わなきゃダメなの?とお悩みの女性はいませんか。もしかしたら、彼氏に結婚したい!と思わせる何かが足りていないのかも知れません。それでは自分から結婚を切り出しても上手く行かないかも…。今回は、そんな煮え切らない彼氏にさり気なく結婚を意識させるために注意しておきたいポイント3つをご紹介します。

#1 家事はスマートにできる所を見せよう

image by iStockphoto

共働きが当たり前のようになり、男性専業主夫も増えてきている現代社会。
料理をはじめとした家事が得意&大好きイコール女性らしさという時代ではありませんが、それでもスマートに家事をこなせる女性は魅力的です。

また、最近は一人暮らしや料理を趣味とする男性も多く、女性の力を借りなくても家事が出来るという男性が増えているので、彼女が自分よりも家事が下手だと冷めてしまったり、「結婚したら全部俺がやらなきゃならないのかな…」と不安にさせてしまう恐れがあります。

家事が出来るというのは、必ずしも手間暇を掛けることではありません。
料理はダシから取って作って冷凍食品は使わない、掃除はお掃除ロボットなど使わず丁寧にほうきで…。
ということが出来なくても、適度に加工食品や便利家電も使って、スマートにチャチャっと家事を片付けられる能力も、女性の労働時間が増えている現代社会では十分に求められている家事スキルです。

いわゆる花嫁修業をする必要はありませんが、部屋が散らかっている、お風呂場に水垢…など清潔さが欠けていないか今一度確認してみましょう。

アピールはしなくて良い

image by iStockphoto

「家事をできる所を見せよう」と書きましたが、「こんなに料理している」「こんなに丁寧に暮らしている」と自分から彼にアピールしていくのはあまりオススメしません。
例えばおうちデートで手料理をふるまうのは喜ばれますが、驚かせるつもりで彼がいない間に料理を準備したり掃除をするなど、必要以上に家事を率先して行うことは、場合によっては「結婚を意識しているのかな?」「勝手にやるのはやめてほしい」と引かれてしまうことになるからです。

家事は自分の身の回りを整えるためと考え、ピクニックデートでお弁当を作る時などここぞ!という時に腕を振るった方が、サプライズ感があり彼も喜ぶはずです。

#2 「この人となら一生いられる」と思わせる

image by iStockphoto

結婚は基本的には一生続く関係です。
男性は結婚を考える時、「自分はこの女性とずっと一緒にいられるか」を無意識に判断しています。
それは外見的な部分よりも、性格が合うか、自分を支えてくれそうか、あまり喧嘩しないか、といった内面的な相性の部分です。
普段から喧嘩ばかりして、ヒステリックな態度ばかりを彼に見せていると、たとえ彼が結婚を考えたとしても、「でもすぐに怒るしな…」「結婚したらますます縛られるかも」とネガティブなことを思い出し、結婚する気持ちが削がれてしまいます。

結婚は勢いやタイミングの部分もありますが、どちらにせよベースとなるのは普段の二人の間にいかに信頼関係があるか、です。
長く付き合っているからといって信頼関係が深いとは限りません。
常日頃から「この人とずっと一緒にいる」ということを意識して、短絡的に怒ったり責めたりするのはやめましょう。

#3 結婚について夢を語り過ぎない

image by iStockphoto

彼との会話の中で、お互いの結婚観や将来の夢など、結婚に関する話が出てくることもあるかと思います。
そんな時、ここぞとばかりに結婚への憧れを語ってしまう女性が多いです。
「幸せな家庭を持ちたい」くらいの抽象的なことなら微笑ましく思ってもらえますが、「結婚式はハワイのチャペルで」「ずっと○○(ブランド名)の指輪に憧れていた」「新築の綺麗な家で輸入家具のインテリアにしたい」など、普段はわざわざ言わないようなことでも、彼から結婚に関する話題が出た途端、夢が膨らんで熱く語ってしまうことがあります。

男性は明確にプロポーズする前は具体的な結婚の意思を決めていないことが多いので、「そんなに具体的に考えているなんて重いな…」「全部叶えてあげるのは厳しいから結婚は無理かな」と反対に消極的にさせてしまう恐れがあります。

どんなに結婚したい気持ちが強くても、プロポーズ前の段階で具体的は話をするのは避けた方が良さそうです。

急がば回れ。彼の心のよりどころになろう

image by iStockphoto

女性が結婚について話せば話すほど、押せば押すほど引いてしまうのが男性です。
よく「ゼクシィが彼女の部屋に置いてあるとプレッシャーを感じる」と言いますよね。
引かれてしまうリスクを追って結婚をアピールしなくても、自然と「一生一緒にいたい」と思われるのが理想です。
そのためには、毎日穏やかに、あたたかく彼氏との日々を築くことを大切にしていってください。

男性は恋人には華やかさやセクシーさを求めることもありますが、最終的な結婚相手には気持ちの安定や穏やかさを重視します。
「彼は私とずっと過ごして安心を感じられるか?」を常に考えながら一緒に生活していけば、きっと結婚が見えてくるはずです。
Share:
reshui2017