恋愛社内恋愛

社内恋愛の嫉妬で疲れた時の処方箋~こんなときどうしたらいいの?~

社内恋愛ではどうしても嫉妬心が出てしまうことがあります。パートナーのことは好きだけどどうしても他の異性が気になる…そんなときにどしたらいいのか分からないという時もありますよね。そんなとき嫉妬心を溜めない方法はなにか、相手を信じるためにはどうしたらいいのかを徹底解説します。これで嫉妬心と卒業ですよ。

社内恋愛で嫉妬するタイミング

image by iStockphoto

1.自分の知らないところで楽しく話していることが分かったとき

自分と一緒にいるときはもちろん楽しそうにしているので特に不満もない。
けれど他の異性と楽しく話しているところを発見してしまったときは、心の底からふつふつとぶつけ先の分からない怒りがこみ上げてきます。
もちろん彼もわざと楽しそうに話しているわけではないのはもちろんわかっているだけに、自分の気持ちの中でもやもやしてしまいます。

もしも異性と話す時が社内であるとしたら、あくまで仕事の一線上で話していることをしっかりと表にだすように心がけてみてください。
どの異性とも楽しく話してしまうと、自分のパートナーに勘違いされてしまって、喧嘩の原因になるときもあります。
お互いの気持ちが一緒なのに喧嘩になるのはとっても嫌ですよね。
パートナー以外の異性とは一線を引くようにしましょう。

2.他の異性の面倒をよく見ているから

image by iStockphoto

仕事をしているうえで、部下の面倒を見たり、メンバーで行うものであれば、お互いをフォローしなければいけないこともあります。
プロジェクトなどではどうしてもチームのメンバーと親密に話さなければいけないこともあって、その姿を見ているだけで嫌になってくるときもあります。
ですが、ここは仕事。
よく考えてみましょう。

他の異性の面倒を見ているからといって、その異性のことを特別な存在として扱っているのかという部分をしっかり思い返してみましょう。
あなたのことを優先してくれていることの方が多くありませんか?どうしてもパートナーに対しては期待をしてしまうので、「自分の事を見て」と思ってしまいますが、あなたは特別な存在なのですから、ここはどーんと構えていた方がより魅力的に見えてきますよ。

3.相手のタイプの異性と仲良くしている

誰にでも理想のタイプなどイメージしていることがあります。
ですが今お付き合いしている相手はその理想通りなのでしょうか?なかなか当てはまる人はいないですよね。
相手の人間性や性格に惚れて付き合ったというパターンが多いのではないでしょうか?ですが、パートナーのタイプの異性と仲良くしている現場を見てしまったら、心中穏やかではないですよね。

そんなときは、後で冷静にパートナーに自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。
「あの人は魅力的な人だから、とられないか不安なの」とあくまで自分の気持ちを主にして話しましょう。
「あなたが話しているから私が不安になった」と相手を責めるような話し方をしないようにしましょう。
相手を責めないことであなたの気持ちにしっかりと向き合ってくれるチャンスが出てきます。

4.食事のお誘いをされているのを聞いたとき

社会人にもなれば、お食事の誘いを受けることも増えてきます。
それが異性と1対1で食事のお誘いをされたということが分かったときは、「行かないで欲しい」という気持ちになるのは当然のこと。
もちろんその日のうちに帰ってくることは大前提ですが、どこに行くのかをしれーっと聞いてみるのもポイントの1つ。

相手に聞かないでいろいろ考えていると悪いことばかり考えてしまいます。
よからぬ方向に勝手に考えてしまって喧嘩になることもあります。
そうなってしまっては、喧嘩だけでとどまらずに、関係の悪化にもつながってしまいます。
なんで誘われたのか理由を聞いて教えてもらうことも大切なコミュニケーションの1つですよ。

社内恋愛でモヤモヤしないコツ

image by iStockphoto

1.異性と仲良くされることが嫌と伝えてみる

仕事だから他の異性と話すことが仕方がないと諦めていたり無理していたりしていませんか?もちろん、相手の仕事に支障をきたすようなことをしたくないというあなたの気持ちはとっても素敵な心遣いでいいのですが、我慢をしているとどこかで心が悲鳴をあげてしまいます。
そんなときは、我慢しないで相手に「異性と仲良くされることが嫌」と伝えてみましょう。

もしかしたら、パートナーはあなたが我慢していることに気が付いていなくて、「理解のある人」と前向きなイメージをもっているのかもしれません。
理解のあることと、我慢は違います。
理解しているのは自分も相手も納得していることが前提ですが、我慢は納得はできないけどどうにかして耐えている状態。

それでは相手との関係が悪くなってしまいます。
相手にしっかり素直な気持ちを伝えて、お互いを理解するように心がけましょう。
次のページを読む
1 2 3
Share: