恋愛社内恋愛

社内恋愛の嫉妬で疲れた時の処方箋~こんなときどうしたらいいの?~

2.二人でルールを決める

2.二人でルールを決める

image by iStockphoto

社内恋愛をするうえで二人でルールを決めることで張り合いが出て安心することもできます。
いったいルールとはどんなことなのでしょうか?例えば他の社員と食事に行くときは正直に話す、デートの時は愛情表現をしっかりするなど、彼女や彼氏第一を態度で示すルールがあると、どんなに社内で異性と仲良くしていても安心できます。

ルールと聞くとなんだか窮屈な気がしますが、行動を縛るものではなく、二人の関係をよりよいものにしていくための方法なのです。
相手を不安にさせないため、自分の行動を相手に疑われないためにしっかりとルールを決めておくと誤解を生まないどころか、素敵な関係を築くことができます。

3.会話を増やす

何で社内恋愛なのに会話が必要なの?と疑問に思うこともありますよね。
実は会社で会話を増やすわけではないんです。
プライベートでパートナーと一緒にいる時や連絡を取り合う時に、その内容や回数を密にするということがポイントになってきます。
お互いに不安や不満が溜まってしまう時は、だいたい相手とのコミュニケーション不足が原因でもあります。

もしも相手としっかり普段から会話をしているのであれば、相手が今どのような状況で何をしているのか、考えてるのかが分かります。
ですが、コミュニケーションをとっていないだけで、自分の想像で物事を考えてしまうので、悪い方向にすべて進んでしまいます。
それだけコミュニケーションは大切なことなのです。

4.プライベートで2人だけの時間を作る

実は社内恋愛で異性と話していて不満に思う時は、相手とのプライベートの時間が充実していないことが原因として考えられます。
プライベートの時間が充実していて、相手への信頼があれば、行きすぎた行動さえなえなければ社内恋愛で嫉妬することも少なくなります。
プライベートでの時間を充実させるように心がけてみましょう。

例えば少し時間が空いたら食事に行く時間を作ったり、連絡を少しでも取るように心がけるなど、相手に対しての思いやりを大切にすることで信頼がより密なものになっていきます。
もちろん無理に時間を作るのは大変ですので、メリハリをつけてほしいものですが、相手を大切にしているということを感じることができれば、嫉妬することも少なくなりますよ。

スキンシップを大切にすると嫉妬が減る!

スキンシップを大切にすると嫉妬が減る!

image by iStockphoto

1.キスをするようにしてみよう

普段一緒に出かける時や会う時に、ただ食事をして終わりになっていることありませんか?せっかく恋人なのですから、キスをするようにしてみましょう。
キスをするというのは「好き」という感情を相手に伝えることになりますので、カップルにとっては最高の愛情表現ともいえます。
そのキスがあるからこそ安心できるのです。

付き合っている時に不安は付きものですが、社内恋愛となると不安と隣り合わせと言っても過言ではありません。
その不安を払しょくするためには、カップルならではの感情表現であるキスを大切にしてみてはいかがでしょうか?愛されているな…と自信にもつながりますよ。

2.時間がないときは寄り添ってみる

仕事などで忙しい時に、どうにもならないときは、相手といるときにそばに寄り添ってみるようにしてみてください。
好きな相手でなければ寄り添うことも不快に感じます。
相手のことが好きだからこそ寄り添いたいと思えます。
普段寄り添わない方であればなおさら効果があります。
「どうしたんだろう」と思ってもらいやすくなります。

寄り添うことで肌と肌の触れ合いが多くなりますので、相手のぬくもりを感じることができます。
相手のぬくもりを感じることができるとなんだか安心したなんて経験がある方もいませんか?その感覚が多ければ多くなるほど嫉妬が少なくなってきやすくなるんです。
もし嫉妬に悩んでいるときには、相手のそばに寄り添ってみてはいかがですか?
次のページを読む
1 2 3
Share: