彼女のこと恋心恋愛

相手に彼女がいるとわかったら…諦める?略奪する?

自分に自信がある

image by iStockphoto

「彼女から、彼を奪ってやる」と思う女性の多くは、自分に自信を持ち、恋愛経験が豊富。
例え、彼女がどんなに素敵な人であっても、「自分なら、奪える」という自信を持っているでしょう。

だからこそ、相手に彼女がいようとお構いなしで自分をアピールすることが出来ます。
相手にどう思われるか、周りにどう思われるか、なんてことは一切気にしません。
自分に自信があるからこそ、堂々と行動出来るのでしょう。

「彼と交際したい」という思いだけで行動することになりますから、周りからは白い目で見られたり、同姓からは嫌われるタイプが多いでしょう。

独占欲が強い

image by iStockphoto

彼女がいる人を好きになった時、「略奪しよう」と思う女性は、独占欲が強い傾向にあります。
彼女がいるから、「友達として、付き合おう」なんて気持ちを割り切ることは出来ません。

「自分だけの彼にしたい」という思いが強いため、どんな手を使ってでも奪おうとするでしょう。
そして、略奪に成功した時には、彼を束縛し、他の女性を寄せ付けないようにします。
自分が他の女性から奪ったにも関わらず、近づいてくる女性は許せない人が多いですから、女性の敵が多いタイプとも言えるでしょう。

彼女がいるからこそ燃える

image by iStockphoto

恋愛を楽しんでいる女性の中には、簡単に手に入る男性よりも、手に入れるまでに苦労する男性の方が燃える人もいます。

こういったタイプの女性も、当然彼に彼女がいても諦めることはしません。
「どうやって、奪おう?」と闘争心をむき出しにするでしょう。
言葉巧みに近づいたり、アプローチすることになりますから、男性にとっては魅力的に映るのではないでしょうか。

ライバルがいるからこそ燃える女性は、彼が振り向いた途端に興味を失ってしまう人もいます。
交際がスタートした途端に愛情がなくなり、すぐに彼を振る人もいるでしょう。
こういった恋愛をしている女性は、後々苦労することになるので注意が必要です。

略奪愛に憧れている

image by iStockphoto

恋愛に憧れを抱いている人の中には、「燃えるような恋愛をしたい」と思っている人もいるでしょう。
こういったタイプの女性も、彼女がいると分かると燃えるタイプ。
略奪愛に目覚め、彼を奪う為に必死にアプローチすることになるでしょう。

略奪愛を目指すということは、誰かを傷つけるということ。
これを理解した上で、彼女から奪う気持ちがなければ、略奪愛に成功することは出来ません。
本気であるからこそ、略奪愛は燃える訳ですから、軽い気持ちで略奪を狙うと後悔することになるでしょう。

自分本位な女性

image by iStockphoto

恋は一人でも出来ますが、恋愛は一人ですることは出来ません。
一方的に誰かを思うことは自由ですが、交際し、恋愛関係になるためには、二人の気持ちが必要となります。

しかし、中には自分本位な気持ちで突っ走ってしまう女性もいます。
相手あっての恋愛にも関わらず、自分の「好き」「交際したい」という気持ちだけで行動してしまう女性もいるでしょう。
こういった女性も、相手に彼女がいても、相手の気持ちや状況を知ろうとせずに自分本位に行動することになります。
彼が迷惑がっていても、そのことに気づかずにアプローチがエスカレート。
時には、トラブルへと発展してしまうケースもあります。

これでは、恋愛ではなく、単なるストーカーとなってしまいますから注意が必要。
こうならないためには、何よりも相手の気持ちを考えて行動することを忘れてはいけません。

好きな人に振り向いてもらえないというのは悲しいことではありますが、彼には他に好きな人がいる訳ですから、「縁がない相手だったんだ」と諦めることも必要です。
あなたの思いだけでは、恋愛は成立しませんから、そのことに気づきましょう。

彼女がいると分かっても思い続けるのは自由

image by iStockphoto

恋焦がれている相手に、彼女がいると分かれば誰だってショックを受けるでしょう。
「彼女がいたんだ」と悲しい気持ちになるのではないでしょうか。

しかし、人を思う気持ちは誰だって、いつだって自由です。
ということは、片思いをするのは自由ということ。
好きな人をすぐに嫌いになることは出来ませんから、次に「素敵だな」と思える男性が現れるまで、思い続けるのは良いでしょう。
自分の気持ちを上手に割り切ることも大切。

彼女がいると知っても、「どうしても、諦められない」と思うのであれば、誰かを傷つける覚悟で行動することが必要です。
彼女から奪うということは、それなりの覚悟と気持ちがなければいけません。

ただし、忘れてはいけないのは、「どうしても彼と交際したい」と思い、彼にアプローチし、彼があなたに振り向いた時、喜ぶ前に自分も同じ目に合う可能性があるということ。
彼女がいるにも関わらず、他の女性に気持ちが動く人ということですから、あなたが奪われる立場になるということです。
人にやったことは、自分に返ってくるということを忘れてはいけません。

また、略奪ばかりをくり返していると、あなたの周りに友達はいなくなるでしょう。
人の物ばかり欲しがる人は、当然周りからも呆れられ、去られることになります。
1 2
Share: