ギフト・プレゼント

高級感のあるプレゼントならこれ!女性に贈りたいおすすめブランド腕時計15選+気をつけたいこと3選

ちょっといいものをプレゼントしたいとき、相手が女性ならどんなアイテムを選びますか?高級感を感じさせたいのであれば「ブランド腕時計」を選んでみるのはいかがでしょう。腕時計は日頃から使えて、ブランドによっては知名度もありプレゼントにも最適です。ブランドアイテムに詳しいDear編集部が選んだ、女性に身につけてほしい腕時計15選をご紹介します。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

女性に「腕時計」を

image by iStockphoto

女性へのプレゼントで身に着けられる物といえば「アクセサリー」。
しかし高級感と機能性を考えるのであれば「腕時計」をプレゼントするのがおすすめです。
仕事に使える場合もありますし、アクセサリーとしてファッションの一部に活かす方法もあります。
少し奮発してプレゼントを選びたいときに「腕時計」はうってつけのアイテムです。
ブランドのアイテムであればなおのこと高級感があって、もらった方もきっと喜んでくれますよ。

「女性」と「腕時計」の歴史

「腕時計」はもともと男性に普及したアイテムでした。
戦争中に懐中時計ではとっさに正確な時間を判断することができないことから、ベルトを使って腕に巻き付ける形態を生み出したのが始まりです。
しかし、女性は直接戦争に参加することはなく、腕時計をする必要はありませんでした。
本格的に「女性の腕時計」が普及したのはやはりアクセサリーとして。
ブレスレットに時計のケースをつけたのが始まりでした。
機能面としてよりも美しく魅せるためのアイテムだったのです。

「腕時計」をプレゼントする意味

「腕時計」は常に時間を刻んでいます。
そんなアイテムををプレゼントすることは「同じ時間を過ごしましょう」「これからもずっと一緒にいたい」といった意味を持つことになるのです。
カップルさんや親友同士など親しい間柄でのプレゼントにおすすめですよ。

また、御祝いなどのアイテムにもオススメ。
「昇進祝い」や「進学祝い」などでは「これからも頑張ってほしい」「活躍を祈る」という意味を込めてプレゼントします。
そのため、目上の人から若手への贈り物に最適です。
慣習を気にしない方も増えていますが、逆の立場で贈るのは避けたほうが無難ですね。

「レディース腕時計」を選ぶときに気をつけたいこと

image by iStockphoto

女性に「腕時計」をプレゼントするにはどのようなことに気をつけて選べばいいでしょうか。
注意点をまとめましたので、選ぶときの参考にしてくださいね。

高価すぎるものは避ける

どんなプレゼントでもあまりに高価なものをもらってしまうと相手が引け目を感じてしまいます。
自分の金銭感覚では大したことはなくても、立場や年齢の違いで価値観のすれ違いが生まれてしまうことも。
特に腕時計は高価になると青天井に価格が高まってしまいます。
特別な贈り物であるならともかく、そうでない場合は「過ぎる」行為はやめましょう。
金銭感覚のすれ違いで関係が壊れてしまうことはよくあります。
これからも良好な関係を続けていくためにも、金額の設定は大切です。

相手の好きなデザインを把握しておく

プレゼントを選んで一番喜んでもらうには「相手の好みのアイテムを選ぶ」ことです。
好きなものをもらって喜ばない人はいないでしょう。
相手の好みといっても関係性によっては好みなんてわからない、ということもあるかもしれません。
そんな時には普段付けているアクセサリー、特にブレスレットなどが参考になるのではないでしょうか。
または、普段の服装に似合いそうな腕時計ならより相手にとっても使いやすいアイテムになるかもしれません。
サプライズでプレゼントをするわけではないのであれば、直接本人に確認をとるのが確実です。

素材に気をつける

腕時計に使われている素材はある程度限られています。
金属を使ったアイテムが多いので、アレルギーを持っている方へのプレゼントには避けたほうが良いです。
レザーベルトを使った腕時計や、金属アレルギーの出にくい素材を使うのも一つの方法ですよ。
「サージカルステンレス」や「チタン」などは医療用の器具にも使われている安全な素材。
せっかくのプレゼントでお肌を痛めてしまってはいけませんので、注意して選んでください。

その1 いつものオシャレに【10,000円以下】の腕時計

image by iStockphoto

お仕事に行くときや、いつものちょっとしたオシャレに使いたい腕時計。
リーズナブルなのに高級感のある見た目のアイテムもそろっていますよ。

#1 とろけるかたち「ICE WATCH アイスグラム 腕時計」

ベルギー発のカジュアルウォッチブランド「ICE WATCH(アイスウォッチ)」。
腕時計にはあまり使用しない素材である「シリコンラバー」を使っています。
とろりとした形は他にはない魅力がありますよ。
柔らかな形が今までの腕時計のイメージを払しょくしているようです。
カラーバリエーションも豊富で、ユニセックスなデザイン。
シンプルなフォルムと、メタリックな縁取りがアクセントになって、普段使いにもぴったりですよ。

#2 かわいさとレトロ「シチズン リリッシュ ソーラー」

日本の時計メーカーの中でも有名なのが「CITIZEN(シチズン)」。
男性の時計のイメージもありますが、レディース用もありますしお手頃価格のアイテムもたくさんありますよ。
「lilish(リリッシュ)」シリーズは、オーバルなフォルムの文字盤にレザーベルトを組み合わせた少しレトロなアイテム。
カジュアルにも合わせやすく、ビジネスシーンにも使える万能なデザインが良いですね。
かっちりしたイメージなのにどこかかわいい女性らしさを感じます。

#3 カットで魅せる「時計 SKAGEN レオノラ」

「SKAGEN(スカーゲン)」は男性に人気のある腕時計ブランドの一つです。
レディース用のアイテムも種類豊富に用意されています。
文字盤にロゴを刻印し、インデックスにはビジューを並べてジュエリーのような華やかさを添えました。
ベゼルの部分をクリスタルカットにすることで、さらにアクセサリー感をアップ。
かといってジュエリーに寄りすぎず、フォーマルシーンにも使えるようなシンプルさが印象的です。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: