ギフト・プレゼント

親に喜ばれる手土産ならこれ!両親への結婚挨拶におすすめの品15選+気をつけたいこと3選

#3 一口サイズがうれしい「宇治茶と京の一口ようかんセット」

「羊羹」を手土産にするときは「末永い関係を」と「切り分けるので縁起が悪い」という二つの意味があると言われています。
しかし、お相手が羊羹がお好きであればぜひ手土産にお持ちしたいところ。
そんな時には「一口羊羹」を選びましょう。
縁起の面も気にせずお渡しできますし、切り分ける手間もなく食べやすいですよ。
「栗羊羹」「小倉羊羹」「抹茶羊羹」の3種類と、本場のお茶である「宇治茶」もセットになっています。
和のお茶席にぴったりのセットを選んでみませんか。

#4 贅沢をたっぷりと「贅沢栗最中」

「最中」は縁起の良い和菓子の代表ともいえる存在です。
パリッとした皮を楽しみたい場合には手作り最中もおすすめですが、そのまま食べられる物の方が手土産としては喜んでもらえます。
食べやすく刻まれた「栗」がアクセントになっており、滑らかな「こしあん」との相性もばっちりです。
形も繰りの形をしているのが可愛らしいですね。
「栗」といえば秋の和フルーツ。
季節感を大切にしたいときにもおすすめの一品です。

和スイーツもおすすめ

image by iStockphoto

ちょっと珍しいものを選びたいときにおすすめしたいのが「和スイーツ」です。
和菓子の要素もあり、甘さ控えめなのにオシャレなので人気があります。
定番の「抹茶味」はもちろんのこと、「アイスクリーム」を使った「どら焼き」や「最中」なども面白いですね。
「クリーム大福」や「生ドラ」といった生クリームと餡子を組み合わせた新たなおいしさも。
冷凍でお届けしないといけないものや、クリームなど溶けやすいものは保冷材などを使うなど持ち合運びには配慮しましょう。
場合によっては玄関先で渡して、早めに冷凍室へ入れていただくようお伝えするのがマナーになります。

その2 【3,000円~3,400円】定番がうれしい!洋菓子の詰め合わせ

image by iStockphoto

手土産の定番といえば「洋菓子」。
どんな場面にも持っていきやすいですし、見た目にも華やかなものもあるので印象にも残りやすいですよ。

#5 フルーツなら「銀座千疋屋 銀座ゼリー」

フレッシュなフルーツを使った手土産は涼しげで食べやすいです。
あっさりとした味わいで甘すぎず、歳を重ねたご両親や祖父母様もいらっしゃるならなおのこと喜んでもらえるかもしれません。
フルーツといえば欠かせない有名ブランドの「銀座千疋屋」。
選りすぐりのフルーツの魅力を最大限に引き出したゼリーに仕上げられています。
「マンゴー」「キウィフルーツ」「ブルーベリー」「ラ・フランス」「グレープフルーツ」「さくらんぼ」の9種類とバリエーションも豊富。
カラフルな見た目も魅力的ですよ。

#6 見た目もオシャレ「銀座フルーツクーヘン」

「銀座千疋屋」のスイーツはフレッシュなものだけではありません。
実は焼き菓子などの洋菓子も人気があるんです。
生のフルーツとはまた違った魅力を生み出しており、さすがフルーツに精通した老舗店だということが理解できます。
二重構造になった「バウムクーヘン」は扇形にカットされており食べやすいです。
「イチゴ&ミルク」「レモン&はちみつ」「メロン&ミルク」「バナナ&チョコ」の4種類がセットになっており優しいカラフルな見た目をしています。
個別包装で保存もしやすくたっぷり入っているのもうれしいですね。

#7 みんなで食べたい「KAMOGAWA BAUM バウムクーヘン」

洋菓子の中でも縁起が良いものとして人気があるのが「バウムクーヘン」です。
木の年輪のように共に歳を重ねていきたいという想いが込められているお菓子。
結婚式の引き出物などで選ばれることもしばしばあるようですよ。
切り分けるお菓子は手間もかかるし縁起が悪いとも考えられていますが、「バウムクーヘン」ならその形をそのままにお送りしたほうが良いかもしれませんね。
こだわり素材を使ったしっとり食感の大きなバウムクーヘンは手土産にもぴったり。
みんなで一緒にいただきたいですね。
次のページを読む
1 2 3 4
Share: