夫婦結婚

離婚する男の心理とは?聞きたいけど聞けない気持ち…

離婚と聞いて、みなさんはどんなイメージがありますか?今では離婚する夫婦が多くなってきているので、そんなに驚かないという方もいますよね。ですが、自分の旦那さんが離婚を考えていたらどう思いますか?悲しかったり、なんとなくすっきりしたり、さまざまな思いがあると思います。離婚を決意する男性の心理を知って、離婚を回避できるようにしていきましょう。

離婚したくなるのは突然ではない?

image by iStockphoto

今までの積み重ねが原因

好きで結婚したわけなので、離婚をするなんてことは考えていません。
ですが、ふとしたことが原因で離婚に発展することがあります。
それは何かというと、「普段の積み重ね」。
これからどんなことが原因になるのかを一緒に見ていきますが、知らないうちにやってしまったり、実は今その状況に陥っている可能性があることばかり。

離婚の理由は1つでないことをしっかり肝に銘じて、軌道修正できるように改善して行けるところは改善していきましょう。

離婚を考えてしまう原因とは?

image by iStockphoto

お金遣いが荒い

奥さんのお金遣いが荒いことが離婚の原因にもなっています。
自分が働いているお金で遊びに行っているならまだしも、旦那さんが頑張って稼いできたお金を使って、好き勝手遊んでいませんか?男性にとって仕事場は戦場です。
上司から怒られ、仕事の失敗を責められ、辛い思いをしてまでも頑張れるのは家族のため。

そう思って稼いできたお金を、奥さんがどんどん使っていたら、「俺はあいつの遊びのお金を稼いでいるのか」と思ってしまいます。
そうなると、「自分が頑張って稼いだお金が消えていくなら離婚したい」と思われてしまいます。

そう思われてしまうと、仕事に対する力もなくなってしまいますし、活力もなくなってしまいます。
思い当たる方は今から改善しても遅くありません。

家事をしない

「え?私掃除も洗濯もしっかりやってますよ」と言う方、旦那さんの分もしっかりやっていますか?離婚の決断に至るまでの中に、「旦那さんの分だけおざなりになっている」ケースがとっても多いんです。
例えばどんなことが多いのかを考えてみましょう。
実は自分もやっている!というパターンがあるかもしれません。

・旦那さんの洗濯物だけたたまない

・旦那さんのご飯は手抜き

・旦那さんの好きなものを作らない

さて、この状況を見てどう思いましたか?子供っぽいと思う事柄もありますが、意外とやってしまいがちなのが1番目と2番目。
先ほどの話にもどりますが、仕事を頑張っている中で、自分をいたわってくれる女性を知らず知らずのうちに好んでいる男性もいます。
「俺はこんなに頑張っているのに」と拗ねて離婚に発展する可能性もあります。

短気な奥さんに嫌気がさした

夫婦であれば喧嘩をすることもたくさんありますし、そのたびに「離婚してやる」と思うこともあります。
ですが、些細なことでも怒るならやっていけない…と感じる男性は多いです。
怒る内容も「なんでそんなに怒ってるか分からない」と理解に苦しむようなことが続くと、このまま一緒に生活していけないと思うようになります。

一緒に生活をしているのですから、夫婦で協力して家事や育児をやっていくのが理想。
ですが、いつもイライラしている奥さんに接することが嫌になって、「出来る限りこの人と離れていたい」このように思われてしまっては、離婚までのカウントダウンは始まっています。
短気な方は要注意です。

子供が産まれて態度が変わったとき

子供が産まれると女性は強くなるとも言われています。
ですが、旦那さんのことを「子供を育ててくれるATM」のように扱ってしまうのが子供ができてからというパターンが多いです。
はじめのうちは、離婚したいと思っても、子供の事を考えると離婚にまでは踏み切れませんが、我慢に限界がくると、スパっと離婚を切り出される可能性が高くなります。

付き合っている時は、「まさかこんな風に変わるなんて」思っていませんので、凶変したときのショックは計り知れないんです。
妊娠中は身体が大変で、機嫌が悪いこともありますが、旦那さんに当たりつくのはやめましょう。
子供を産んで育てることは大変なことなのですが、旦那さんにあからさまに冷たくするのは今すぐにやめましょう。
次のページを読む
1 2 3
Share: