ギフト・プレゼント

女性への送別の品ならこれ!新たな門出を祝う贈り物50選

女性の上司や同僚、部下や後輩などの送別会。お世話になったお礼の気持ちや新たなスタートをお祝いするようなプレゼントをしたいけれど、何を贈ればいいか悩んでしまいますよね?そこでギフト系のリサーチを得意とする筆者が、女性の送別会で贈るのにぴったりなアイテムをピックアップしてきましたので、こちらを参考に贈り物を決めていきましょう。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

ジャンルで選ぶ!女性が喜ぶ送別の贈り物

image by iStockphoto

女性が退職や転職などで職場を離れる際の送別会では、どのような贈り物をすればいいのでしょうか。
これはその女性の年齢や退職理由などによっても、選び方が変わってきますね。
例えば転職する方に贈るのであれば職場を移ったあとも使えるようなオフィスグッズが喜ばれますし、定年退職される場合は今後の人生をより豊かにしてくれるようなアイテムを選ぶとよいでしょう。
そして、この記事では様々なジャンルごとにプレゼントを紹介していきますので、参考にして下さい。

また、気になる予算やマナーに関するアドバイスもさせて頂きますので、こちらも要チェックです!

職場で渡す?個人で贈る? それぞれの場合の“予算”について

女性に贈る送別の品にはどの程度の予算が必要なのでしょうか。
まずは「職場」で贈る場合ですが、これは職場の規模や働いている方の人数によって異なります。
しかし基本的には1人あたり500円~2,000円前後、合計で5,000円~2万円程度が相場。
あまりにも高価な贈り物は相手の負担になりますので、高くても3万円までに留めておきましょう。

また、「個人」で贈られる方は、3,000円~5,000円程度が相場です。
こちらもお値段が高すぎるものは避け、1万円程度を上限に選んでみてください。

【マナー その1】送別会でNGの贈り物ってなに?!

日本における贈り物のマナーとして、送別の品には相応しくないとされるものがあります。
例えば一般的には喜ばれそうな「日本茶」は、弔事を彷彿とさせるため避けたほうがベター。
さらに「手巾れ(てぎれ)」=“縁を切る”という意味合いがある「ハンカチ」や「刃物」もNG。
また、“苦(く)”や“死(し)”を連想させる「櫛(くし)」、“踏みつける”という意味がある靴下やスリッパ等の履き物も避けたいところです。

ただし最近ではこうしたことを気にしない方も増えており、とくに「ハンカチ」については送別会の贈り物として定番化しているのが現状。
その辺は相手の考えに合わせて選ぶことをおすすめします。

【マナー その2】上司や目上の人にはNGな贈り物

贈る相手が同期や部下、後輩の場合はOKでも、上司や目上の人に贈るのはNGというアイテムもあります。
まずは“勤勉になりましょう”という意味を持つ、「文房具・鞄・腕時計」がこれに該当。
さらに“下に見ている”という意味合いの「下着」や、“どうぞ足しにしてください”という風に受け取れる「現金」なども避けた方がいいでしょう。
もしどうしても贈り物が決まらない場合は直接現金を渡すのではなく、カタログギフトなどを贈るようにしてみてはいかがでしょうか?

その1 送別会の定番!「花」のプレゼント

image by iStockphoto

まず始めにご紹介させて頂くのは、送別会の定番アイテムともいえる「花」のプレゼントです。
しかし一般的な生花は枯れてしまう上に管理が面倒なため、もらっても嬉しくないという女性も少なくありません。
そこでこちらではプリザーブドフラワーなど、枯れないお花のプレゼントをご紹介します。
ただしプリザーブドフラワーであっても大きいサイズのものは持ち帰るのが大変なので、小さめサイズをセレクトするか、フォトフレームなどのように予め埋め込まれてるものを選ぶようにしましょう。

#1 定番の花ギフト・花束

定番プレゼント「花束」は、贈る相手の好きな色や花、雰囲気を考えながら相手に合わせて選ぶのが醍醐味。
だからこそ、大人数で選ぶ場合には意見が分かれてしまうことも。
そこでおすすめなのが明るいオレンジ×イエローの組み合わせの花束です。
元気が出そうなビタミンカラーの組み合わせは好みが別れにくく、送別会という特別な場面にもぴったり。
生花ならではのフレッシュなお花の香りとともに、みんなの温かな想いを届けましょう。

#2 お花とメッセージの贈り物「レインボーローズボックス」

お花とメッセージの贈り物「レインボーローズボックス」

image by Dear編集部

ドナルドとデイジーが可愛く彩りを添えるレインボーローズ。
「願い事が叶う」お花としても知られており、花言葉は奇跡・無限の可能性という意味があります。
これなら、職場を離れて行く方への気持ちがより一層伝わりそうですね。
また、ボックスタイプなので持ち運びしやすく、飾るのも簡単。
貰う側としても嬉しいことづくめなアイテムです。

#3 プリザーブドフラワーのオルゴール

プリザーブドフラワーとオルゴールが一体となったギフトアイテムです。
柔らかなオルゴールの音色と彩り豊かなお花たちは、新たな環境や職場で頑張る大切な人に、たくさんの励ましと勇気を与えてくれるはず。
みんなからの思いをメッセージに刻めば、より特別なプレゼントになることでしょう。

#4 石鹸でできた、真っ赤なバラのブーケ

誰もが憧れる「赤いバラの花束」は、大切な職場の仲間からもらってももちろん嬉しいもの。
インパクト溢れる赤いバラは、受け取った瞬間に思わず笑顔がこぼれてしまいそうですね。
石鹸でできているので、枯れる心配もなくお手入れも不要。
ほのかに香る爽やかな石鹸の香りにも注目です。

#5 記念の写真を入れて贈りたい「プリザーブドフラワーのフォトフレーム」

送別会は、共に汗した仲間ともお別れですから色々な感情がこみ上げてきますね。
それらを1枚の写真とプリザーブドフラワーが美しく輝くフォトアルバムに収めてみませんか?こちらは、ボックスを開けると中に美しく飾られたお花とフォトフレームが登場する、サプライズ感あるアイテム。
大輪のグラデーションローズやアジサイなど華やかで思わず笑顔がこぼれそうですね。

花束とは異なり大きなものではありませんので、持ち帰りの負担が少ないのも嬉しいポイントです。

#6 インテリアに飾りたい!フラワーリース

ちょっと珍しいフラワーギフトをお探しなら、フラワーリースがおすすめ。
華やかな見た目で送別会に彩りをプラスしてくれるとともに、もらった後もお部屋の中で長く楽しめるので、特別な送別会ギフトにもぴったりです。
ナチュラルな雰囲気とホワイトの色合いはどんなインテリアにも合わせやすく、相手のお部屋のデザインを問わないのもポイント。

#7 アンティークなフラワークロック

時計をお花でアレンジしたフラワークロックは、送別ギフトとして人気のアイテム。
生活のマストアイテムだからこそ、暮らしの中でふとした瞬間に、みんなからの温かな想いを届けてくれるはず。
アンティークで上品なデザインの色合いなので、贈る相手の年齢も問いません。

#8 新しいお花の楽しみかた「ハーバリウム」

近頃人気のハーバリウム(植物標本)をご存知ですか?ハーバリウムとは、本物の花を特殊な液と共にガラス瓶の中に閉じ込めたもの。
特許技術により、生花よりも長時間お花を楽しむことができます。
ボトルを揺らす度に、花たちが優しく揺れ動く姿はとても幻想的。
これならすぐに枯れてしまうという心配もありませんし、花瓶などを用意することなく手軽に飾って頂けます。
お部屋の彩にいかがですか?

#9 幻想的なデザインのボタニカルキャンドル

スクエアガラスのボタニカル ゼリー キャンドル【4色から選べます】 クリアBOX入り (ラベンダー・ガーデン)

photo license by Amazon.co.jp

ゼリーの中に草花を閉じ込めた、幻想的なデザインのボタニカルキャンドルです。
本物の植物を使用しているため、1つ1つデザインが微妙に異なるのも素敵ですね。
植物ならではのナチュラルな雰囲気とともに、キャンドルの揺らぎを見つめれば、心からリラックスした癒しの時間が楽しめそう。
IMAGE

スクエアガラスのボタニカル ゼリー キャンドル【4色から選べます】 クリアBOX入り (ラベンダー・ガーデン)

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-08-29Amazonで詳しく見る

#10 「カメヤマキャンドルハウス」のフラワーキャンドル

カメヤマキャンドルハウス 水に浮かぶキャンドル 季節のお花 花づくしギフトセット 植物原料使用

photo license by Amazon.co.jp

月ごとの誕生花をモチーフにして作られた「カメヤマキャンドルハウス」のフラワーキャンドルです。
色や形が異なる12種類の花々は、見ているだけでもうっとり癒される、可愛らしくも繊細なデザイン。
水に浮くタイプのキャンドルなので、贅沢に12種類全てをお風呂に浮かべるのも楽しそうですね。
もらって困ることのないセンス溢れるフラワーギフトです。
IMAGE

カメヤマキャンドルハウス 水に浮かぶキャンドル 季節のお花 花づくしギフトセット 植物原料使用

Amazonで見る
価格・情報の取得:2019-08-29Amazonで詳しく見る

#11 ワインボトル型ハーバリウム

生花を枯れないように加工しオイルで漬け込んだハーバリウムは、インテリアとして人気のアイテム。
お世話をしなくても綺麗な状態のお花を何年も楽しむことができるので、贈る方も贈られる方も気を遣わないフラワーギフトとしてもおすすめです。
約60種類のボトルデザインとオリジナルのメッセージで、仲間達からのかけがえのない想いを込めてプレゼントしましょう。
Next:その2 大人の女性には「お酒」をプレゼントしよう
次のページを読む
1 2 3 4
Share: