ギフト・プレゼント卒業祝い

卒業祝いに贈るならこれ!喜ばれるプレゼント50選

卒業祝いのプレゼント、何を贈ろうかな?とお悩みではありませんか。年代などによっても好みは異なりますし、悩んでしまうのも無理はありません。でも、せっかくの卒業祝いなのですから、お相手が喜んでくれるようなプレゼントを選びたいですよね?!そこでギフト関連のリサーチを得意とする筆者が様々な角度から卒業祝いに最適なアイテムをセレクトして参りましたので、ぜひ、あなたのプレゼント選びにお役立てください。

プレゼントのプロが監修!

この記事は、ギフト業界の勤務経験があるスタッフ複数人が在籍するDear編集部が監修しました。

年代別・関係性別 「卒業祝い」に喜ばれるプレゼントをご紹介!

image by iStockphoto

一口に“卒業祝い”といっても、お相手の年代によって、贈って喜ばれるプレゼントというのは異なります。
そこでこの記事では小学生~大学生まで、それぞれの年代ごとに喜ばれるプレゼントをご紹介していきます。
さらに、全世代で共通して喜ばれるアイテムや、「後輩から先輩へ」「卒業生から先生へ」贈るプレゼントのアイディアもシェアさせて頂きますので、プレゼント選びのヒントにご活用ください。

また、気になる予算のことや選ぶ際の注意点なども伝授いたしますので、こちらも一緒にチェックしていきましょう!

渡すタイミングはいつ? 「卒業祝い」を贈るときの注意点とは

「卒業祝い」のプレゼントを贈るタイミングとして最も理想的なのは、“卒業式の直後”です。
あまりのんびりしていると、すぐに入学式や入社式が来てしまいますので、どんなに遅くても3月中には確実にお相手の手に渡るようにしたいところ。
尚、卒業式の日程は地域や学校により違いがありますので、予め調べておくことをおすすめ致します。

また、なかにはお正月など親戚一同が集まるシーンで前倒ししてプレゼントを渡そうと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、この場合お相手の進路や就職先等が決定していないケースもありますので避けたほうが無難です。
例え郵送などの手段になるとしても、お相手の進路が確定してからプレゼントを贈るようにしましょう。

今さら人に聞けない! 「卒業祝い」と「入学祝い」「就職祝い」は両方贈らないといけないの?!

卒業後は進学したり就職したりしますので、お祝いを渡す側としては「卒業祝い」を贈った直後に「入学祝い」や「就職祝い」を贈らなければならないのかと思ってしまいますよね。
しかし、一般的なマナーとしては「卒業祝い」を贈ったあとに、「入学祝い」や「就職祝い」を“贈る必要はない”とされています。
なお、すぐに入学や卒業が控えている場合は、「入学祝い」及び「就職祝い」としてプレゼントを贈る方が多いともいわれていますが、その辺は個人の判断に任せることとなります。

いずれにしても大切なのはお祝いを渡す名目ではなく、相手の卒業や入学、就職をお祝いするという“気持ち”です。
心のこもったプレゼントを選び、お祝いの気持ちを伝えていきましょう!

予算はいくら? 気になる卒業祝いの「相場」とは

プレゼントを選ぶときに気になるポイントの1つが「予算」ですよね。
「卒業祝い」の平均予算はいくらなのでしょうか。
各学年・年代ごとの相場については改めてそれぞれの項目で詳しくご紹介しますが、こちらでは関係性ごとの平均予算をご紹介します。

まず、プレゼントを渡すあたなが、ご両親や祖父母である場合。
平均予算は「5,000円~1万円」程度とされており、これはあなたがご親戚である場合も同様の金額となります。
そして、友人や知人のお子さんへは「5,000円」程度が相場といわれています。
もちろんこれは平均予算なので、お相手の年齢やお付き合いの長さや深さによって、もっと大きな金額になることもありますし、反対に少なくなることもあります。
あくまで“目安”として、参考にして下さいね。
Next:その1 「小学校」の卒業祝いに喜ばれるプレゼント
次のページを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
Share: