ギフト・プレゼント卒業祝い

【卒業祝いプレゼント】相場・年代別の人気ギフト50選総まとめ

その5 「後輩から先輩」に贈る!おすすめの卒業祝いプレゼント

image by iStockphoto

部活動やサークルなど、様々なシーンでお世話になった“先輩”に卒業祝いのプレゼントを贈りたい!という方もいらっしゃいますね。
この場合はフォトアルバムや寄せ書きなど、メッセージ性の強いアイテムが喜ばれます。
予算については小学生なら「数百円」、中高生で「1,000円~3,000円」、大学生が「3,000円~5,000円」程度が平均的といわれていますが、基本的にはお金ではなく気持ちが伝わるようなアイテムを選ぶようにしましょう。

#31 思い出の写真やメッセージを贈ろう!「フォトアルバム」

フォトアルバム 写真入れ DIY 手作り フォトフレーム リング バインダー式 思い出の集合 写真アルバム メモリレコードアルバム 30ページ 18.6*26.5cm (1#)

photo license by Amazon.co.jp

卒業する先輩との思い出の写真を貼り、メッセージを書き込んで贈れる「フォトアルバム」はプレゼントにぴったりなアイテムです。
予算的にも何人かでお金を出し合えば、一人あたりの負担は数百円で済みますので小学生や中学生でも贈ることが出来ますね。
また、普段はスマホに保存してある写真をプリントアウトすることで改めて思い出が蘇り、感動的な贈り物となることでしょう。

ただしアルバムを完成させるのは少し時間がかかりますので、出来るだけ早い段階で製作を開始して卒業式に間に合うようにして下さい。
IMAGE

フォトアルバム 写真入れ DIY 手作り フォトフレーム リング バインダー式 思い出の集合 写真アルバム メモリレコードアルバム 30ページ 18.6*26.5cm (1#)

Amazonで見る
価格・情報の取得:2018-03-12Amazonで詳しく見る

#32 記念になるような写真を入れてプレゼント「フォトフレーム」

ナカバヤシ 樹脂製 フォトフレーム ポストカード 4面 フ-TP-211-4W

photo license by Amazon.co.jp

フォトアルバムより製作時間がかからず、気軽に贈れるのが「フォトフレーム」です。
部活の先輩に贈るのであれば大会のときに写したものなど、記念になるような写真を入れてプレゼントしましょう。
オシャレなデザインのものを選べば、そのまま自宅に飾ってインテリアとしても映える素敵な贈り物となります。

先輩が新たな生活の中で疲れたときに、それを見るだけで少し元気が出るような、そんなプレゼントが出来れば最高ですね!ぜひ、先輩の笑顔が輝く1枚をセレクトしてみて下さい。
IMAGE

ナカバヤシ 樹脂製 フォトフレーム ポストカード 4面 フ-TP-211-4W

Amazonで見る
価格・情報の取得:2018-03-12Amazonで詳しく見る

#33 卒業式に贈るプレゼントの定番「寄せ書き」

ミドリ カラー色紙 両開き リボン クローバー柄

photo license by Amazon.co.jp

卒業式に贈るプレゼントの定番といえば「寄せ書き」ですね。
これは筆者自身も卒業などに合わせて何度か頂戴したことがありますが、後輩一人一人からのメッセージが心に響き、毎回感動していました。
そしてもちろん、自分が先輩に贈ったこともあります。
その当時は色紙というとシンプルなデザインのものばかりでしたが、最近では可愛いものやオシャレなものも数多く販売されていますね。

その中から、みんなで卒業する先輩のイメージに合うものを選んでください。
素敵なプレゼントに、先輩もきっと喜んでくれることでしょう。
IMAGE

ミドリ カラー色紙 両開き リボン クローバー柄

Amazonで見る
価格・情報の取得:2017-12-20Amazonで詳しく見る

#34 オフィスや自宅で気軽に使える「マグカップ」

卒業を控えた先輩が就職するのであれば、オフィスでも使える「マグカップ」をプレゼントしてみませんか。
マグカップは手頃なお値段でも可愛いものやカッコイイものがたくさん販売されていますので、学生さんでも贈りやすいのが嬉しいポイント。
またお店によっては名前や日付けなどを刻印してくれるサービスなどもありますので、オリジナル感を出したいときには利用してみて下さい。

マグカップはオフィスのみならず自宅でも使えますので、貰って困るということもありません。
先輩に似合うデザインを選んで、プレゼントしてみましょう!

#35 卒業生に花束を贈ろう「フラワーギフト」

お祝いのシーンにおける定番といえば“花束”ですよね。
とくに苦楽を共にした後輩たちから貰える花束というのは、実に感動的な気分になる贈り物です。
ただしお花は枯れてしまうというのが、少し残念に感じていました。
しかし最近では“プリザーブドフラワー”など枯れない「フラワーギフト」も数多く販売されていますので、これなら色褪せることのない感動を届けられることでしょう。

なお、花束を贈る際は持ち帰りのことも考えてサイズが大きすぎるものは避けるのが無難です。
また、家に帰ってそのまま飾れるフラワーボックスは持ち帰りも簡単なのでオススメですよ。
Next:その6 全世代に喜ばれる卒業祝いの定番「文房具」を贈ろう!
次のページを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
Share: